Monthly Archives: October 2011

CAT tools ….

先日新しい会社から連絡を頂いて、相手は新しい翻訳者を探していると言う件だった。 そのメールの中に: 「内容 は、医療装置のマニュアルです。 医療装 置の取り扱いは、人の生 命に関係するために正確な情報が求められていります。 ・・・ 正確な翻訳が求められております。弊社 は、トラドスを使って一貫性のある文脈での翻訳を行っております。」 と書いてあった。 ご希望通りこのメールに返事したが、その後あいてから何の連絡もない。それは私のCATツールに関する 意見の災いでしょうか。 次のような返事をした(部分的): 私は「トラドス」を使いません。memoQ を使っています。 「トラ ドスを使って一貫性のある文脈での翻訳を行って・・・」それは時代のながれでしょうが、私個人の意見としてこの一貫性こそ危険を孕んでいる可能性あります。 ずーと真っ直ぐの高速道路を一定の速度で走っていますと、余りにも変化がないため眠くなります。 文章は余りにも「一貫」していると読者がつまらないから真剣に読まなくなります。そうするとご指摘の通り「人の生命に関係するために正確な情報が求められて」いますが、読者はその文章を飽きてしまうからチャント読まないから誤解したりして、操作ミスを起こす可能性があります。 「一貫性のある文脈」を頼んでいる人たちはそのような事考慮しているのでしょうか・・・ 「一貫性」や「用語の統一」も大変結構ですが、そのような computer 世界から発生した思考パターンに余りにも囚われ過ぎてしまうと、どちらかと言うと生物の世界による fuzziness が失われてしまう可能性がある。人間はまだ完全にロボットになっていない内に左記のfuzziness=不正確さ=統一でない事が好む筈。 少なくとも私(個人的)変化に富んだ「生きている」文章の方が好き。 皆さんはどうでしょうか、矢張りロボットような文章の方がよいでしょうか・・・ xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx The chief virtue that language can have is clearness, and nothing detracts from … Continue reading

Posted in translation | Leave a comment

Hello world!

Welcome to WordPress.com. After you read this, you should delete and write your own post, with a new title above. Or hit Add New on the left (of the admin dashboard) to start a fresh post. Here are some suggestions … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment