Monthly Archives: June 2012

鍼灸師 - 伝統技術の売り出し

鍼灸治療は本国で1500年間絶え間なく使われ続けた事がこの治療法の臨床効果を立証していると思う。今更に最近代替医療がブームになっているから町中に散見する「宣伝」する必要がないはず。 しかし、私の個人的の印象(意見)ですが、町中に散見する「宣伝」が兎に角「商売っ!!!」と色濃くでているのは品がない。 最近本業(翻訳)の収入が減り続けているため試しに鍼灸師として「アルバイト」を探し始めた。 先日初めて何処かの治療院(殆ど整骨院しか求人案内出さない・・・)応募し、電話では先ず私は「営業」も出来るかと聞かれた。 営業 = 患者を来させる。具体的その治療院の付近で路上でビラを配る事。「らっしゃい、らっしゃいませ・・・」スタイルで。 それは私個人の信念 (http://www.einklang.com/Kanpo2003.htm) に反して、治療者がやるべきではないと信じている。その報酬は最初の3ヶ月で時給840円、後に凡そ1000円、もしかして1500円まで上げられる。雑誌やオンラインで色々と探していたので、それはやはり「相場」らしい:時給900-1000円程度。 ある人材派遣会社に言われた:それは需要と供給のバランスによるものだ。 そうかもしれないが、看護婦の時給は約2000円にもなり、大工さんもそれぐらいかそれ以上だ。私の場合、過去28年余り勉強し続けて、ある程度の専門職を手にして、常に治療に関して理想論を追い求めた。自分は決して優れた学者でもないし、他に類の無い職人でもなく、まともな技術を身につけるまで後200年の修業が必要だと思う。 但し何の修行や勉強もしないでコンベニのアルバイトで同じ時給頂けるのも事実だ。そうであれば長年追い求めた理想論や信念を全て放棄する必要があるような仕事をしないほうがいい。コンベニで働けば同じ時給で信念や技術の問題/心配なにもないから。 日本に優れている伝統技術がある事の認識が不十分のため、「各種保険取り扱う」と言う決まり文句=保険診療=鍼灸治療には「許されない」ものや最新○○療法(正体不明なものも多い)に目が奪われる事が残念ながら多いように見受けます。どちらかと言うと現在東洋医学の良さに注目され、国民に比較的頻繁に使われるになったのは欧米の方です。 日本は伝統的な宝物の宝庫である事が忘れられてしまい、それなり特殊の技術であるためやはり一定の値段も付くのは自然でしょうy。 今風何処見ても「治療」=ビジネスと言う概念にどうも賛同できない。 治療するのは治療者にとって召命であって、営利目的の活動ではない。 そう言う意見を公で言いと「異端者」として取り扱われる。 治療者は営業をして、商売上手で大儲けする事は私の感覚で何となく聖書に書かれている金持ちの話に聞こえる。営利目的で治療すると治療の目的と治療者の本来の姿が見えなくなるのではないかと心配する: 「金持ちが天国に入るのは駱駝が針の穴を通るより難しい。」 新約聖書(マタイ19章16-26節)に書かれている。 (一人の男がイエスに近寄って来て言った。「先生、永遠の命を得るには、どんな善いことをすればよいのでしょうか。」イエスは言われた。「なぜ、善いことについて、わたしに尋ねるのか。善い方はおひとりである。もし命を得たいのなら、掟を守りなさい。」 男が「どの掟ですか」と尋ねると、イエスは言われた。「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、父母を敬え、また、隣人を自分のように愛しなさい。』」 そこで、この青年は言った。「そういうことはみな守ってきました。まだ何か欠けているでしょうか。」 イエスは言われた。「もし完全になりたいのなら、行って持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」 青年はこの言葉を聞き、悲しみながら立ち去った。たくさんの財産を持っていたからである。) そして、患者は患っている者!お客様のような「患者様」ではない。患っているから此方の能力にある限り助けるべきだ。 患者を助ける「方法」や「概念」も又沢山ある。東洋医学において本来患者をとりあえず丸ごと=全身+精神を診るべきだ。上記の保険診療では「普通」身体の「一部位」=幾らのは2千年以上の伝統を踏み躙るような行為だと思う。 先日面接しに行った所(当然)もそう言うスタイルの治療であった。その上、時間や治療内容に関して極めて細かい「メニュー」があった:時間は30-45-60分等分単位で区切られ、それに相当する治療費が5円単位で設定されている。時間は必ず厳守する事。概念:患者が「30分」分のサービスを購入するから、治療側は正確30分のサービスを提供する事。その30分の治療は問診、着替え等を含む。この患者(様)はそれ以上の治療が必要としても関係ない。 更に、患者が来院すると手が空いている先生に「治療」される。治療者は沢山の症例を経験出来ると勉強になるそうだ。 しかし、東洋医学において治療者-患者の間に親密な人間関係が築くのは基本で、ちゃんとした治療にも不可欠だ。ここで言うまでもないが、五行説によって五臓六腑=身体の要素は必ず精神的の要素と連携しているし、「治療」は必ず身体+精神を含む包括的で行うべき。来院する患者が毎回別の治療者に診て貰うならば、先ずその患者自分の精神的な要素を公表しないだろう。まして、カーテンでさえの区切りのない大部屋では・・・ よって、又東洋医学の大事な特徴を放棄する事。 患者様はそれ満足するらしい。来院する大勢はそれを示唆する。 ならば、「患者様」も東洋医学の良さを破壊/放棄に関して責任あるように思う。 私は馬鹿だから仕方ないだろうが、「治療」とは来院した患者に必要なものを全部施す事だと思う。身体+精神を含む包括的で行うべきで、患者が購入する時間ではなく、必要な時間だけで実施すべき。単純の症例では比較的短い時間 - 私の感覚では最低40-60分の事 - 難しい症例はより長い治療時間が必要。終わるまで何分は設定しない。特に精神的の問題があれば「治療」より「お話」がどうしても長くなる。私はお話は治療の不可欠の一部と思う。 治療は常に一つ。つまり、一回の治療は幾ら(私の場合4000円)。時間と関係ない。 患者を治療するのはこちらの使命だから、一つの治療完成させなければならない。これに関してよく同業者に怒られる! 同じく同業者に怒られる行為は:患者に何か(鍼、艾等)を販売→どちらかと言うと「分けてあげる」する際、私は品物を原価の引き換えで渡す。儲けようと思っていない。 それは自分が悪い。明らかに。 でも、今風の東洋医学(の良さ)の叩き売り / 売り出し には賛同出来ない。 何十年を掛けて培われている専門職の技術を全く評価されない(時給900円)のはそう言った専門職を馬鹿にする事を意味する。私の事ではなく、真面目に東洋医学を営もうとする者。 職人を馬鹿にしているのは当然先ず行政→鍼灸には保険が使えない。(お言葉ですが、私は柔道整復師は鍼灸師の百倍の知識/技術を持っているとは信じられない。 … Continue reading

Gallery | Tagged , , | Leave a comment

The “smart phone vision”

I am sure Steve Jobs (Apple co-founder) had his particular “vision” when he contributed to the design / production of the smart phone. And one thing seems to be sure: his vision has changed the “vision” of the world as … Continue reading

Posted in opinion | Tagged , | Leave a comment

Outdated politeness …

The other day I quoted upon request on a certain translation work, but did not receive any response. That is probably “normal”, since this happens in more than 90% of the cases, yet I decided to express my unhappiness about … Continue reading

Posted in opinion | Tagged , , , , , , | Leave a comment