Monthly Archives: March 2013

落ち着いてよ!

先日私の本を出してくれた出版社に頼まれて、社員のためちょっとした「お灸教室兼講演会」をやって来た。その際出版社の営業部の人が私にVOLT(ヴォルト))と言う雑誌にこちらの本の広告を載せたと教えてくれて、雑誌一部くれた。感謝します。 しかし・・・ 講演会は3月26日にやった。なのに雑誌は 5月号(vol.7)だ。(2013年03月22日発売)。 まだ4月も始まっていないのに5月号を出すのはちょっと頭可笑しいじゃないか??? 昔時々ASCII と言う雑誌を買った。発売は毎月18日。よって、3月18日に4月号がでる。それも可笑しいと思った。4月1日で良いじゃないか。 でも3月中既に5月号を出す・・・・・・??? 何をそんなに急いでいるのか。自分は実際の年齢より年上に見られるのは普段嫌われるのではないか。 日本人よ ・・・ 落ち着いて!

Posted in opinion | Leave a comment

国民の財産

本が二回目神奈川新聞に紹介された。 先日神奈川新聞の記者が取材に来てくれた。 ドイツ人鍼灸師が葉山町で開業してから既に18年経っている事はこの治療院をちょっとした「老舗」にしてしまうかもしれない。又、このドイツ人鍼灸師が最初から日本語で書いた本を出したのは「ニュース」にする価値があったようだ。 最初は3/19(火)「健康法楽しく指南」と言う題名で主に運動やダイエットの話を表に出された。新聞に出たのは感謝しますが、ダイエットなどは本の趣旨ではない。 そして今日(3/23(土):突然読売新聞(神奈川新聞を配達する)の人が来て、私の事が新聞に出ているから一部を差し上げると言った。取材の時二回も出る話は聞いていなかった。 今日の題名は「正しい姿勢で健康を」のも然程的中ではないが、取材中で本音の話→ 「東洋医学は国民の財産。本来無料であるべきだ」と文章にしてくれた事を心から感謝します。 東洋医学に関して「これは誰々法。誰にも触らせない」などのケチな事は許せないと思う。知的財産でありながら矢張り特許と異なる。そして今風の人間をだめにする格安部分修理=保険診療の泥沼にも引きずれてもらいたくない! 健康の為に使える財源が限られている中で、高齢化してしまう社会において出費が右肩上がりで増えること、国民にいつか気付いてもらえればいいなと希望している。「患者様」がどうしても例の格安(不適格の場合有り)保険診療を求めている内に打開策が恐らく見えてこないでしょう。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , | Leave a comment

A sharp difference: Study of sham vs real acupuncture appear good or bad depending on how you view it

See on Scoop.it – Japanese acupuncture One research paper, two rather significantly different media reports. What’s the deal with acupuncture? The Guardian puts it this way: Data indicates treatm (http://t.co/8rpOE32kxK Great news! See on doubtfulnews.com

Posted in oriental medicine, reposts | Leave a comment

出版に続いて「自伝」(更新)

「どうしてドイツ人が30年ずーと日本で鍼をやっているのか。」とよく聞かれる質問だ。生まれてから今日まで極普通の平凡な道のりだったと思うが、時々治療中患者に「昔は○○あって、だから・・・」と言った具合の話しが出ると、「それを本にまとめたら?」と薦められる。 今までつまらない話だろうと思って躊躇したが、興味を持つ人を喜ばせたら嬉しい(治療の延長線?)。 決して学術論文ではないので、資料集めや下調べと言った手間を殆ど省いて、「お話」として纏めたので、そのつもりで読んでいただきたい。 大体出来ているが、AmazonのKindle版(電子書籍、凡そ500円と予定している)として出したけれども、現時点でまだ技術的な問題のため上手くいかない。近日中に出ると望んでいる。 自分自信もKindleの機械を持っていないため、興味を持つ人がいれば、少量のお金(Amazonより少なく400円ぐらいはどうでしょう)でファイルを「売る」。現在PDFファイルとODFファイルを個人のオンライン保存スペースにアップロードしてある。代金を頂いた時点でダウンロードするリンクを送信する。ファイルサイズは30・40MB程度(60枚ほどの写真が入っているため)。 代金はPayPalやりそな銀行(或いは郵便振り替え)宛の振込みを考えている。 よろしくお願いします。 問い合わせは: トーマス鍼灸院 〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内815 Tel/Fax: 046-876-3077 tom@einklang.com http://www.einklang.com

Posted in opinion | Tagged , , , , , , | Leave a comment

Effects of acupuncture on rates of pregnancy and live birth among women undergoing in vitro fertilisation: systematic review and meta-analysis | BMJ

See on Scoop.it – Japanese acupuncture AbstractObjective To evaluate whether acupuncture improves rates of pregnancy and live birth when used as an adjuvant treatment to embryo transfer in women undergoing in vitro fertilisation.Design Systematic review and meta-analysis.Data sources… See on … Continue reading

Posted in oriental medicine | Leave a comment

A Word to the Wise: Choose the Right Translator – Sharon Reier

See on Scoop.it – my translation work from the New York Times/International Herald Tribune By Sharon Reier Published: Friday, November 24, 2006 _______________________________________ When Alain Thienot, a professor of business adminis… Thomas Blasejewicz‘s insight: I could not agree more! See … Continue reading

Posted in translation | Leave a comment

言葉はどうでものか

先日町自転車でを走っていた時道路沿いに整骨院があった。整骨院がそこにあった事自体は別に何の問題もない。 しかし、・・・ 玄関上に日本語の名所以外「英語名」も書いてあった。そこに問題! 英語では: “Surgical Operation Place” となっている。 “Surgical Operation” - 無論これは「外科手術」の事だ。 それでは “Surgical Operation Place” - 「外科手術所」なのか??? お蕎麦屋さんみたい。 それでは: 「外科手術!格安だよ!一きり380円。らっしゃい、らっしゃいませ。らっっしゃい!」 柔道整復師は外科手術出来る訳ない事は言うまでもないだろう。 横文字さえあればいい。言葉の意味何てどうでもいいようだ。

Posted in oriental medicine | Tagged , , , , , , | Leave a comment