国民の財産

本が二回目神奈川新聞に紹介された。

Kanagawa-bookbox

先日神奈川新聞の記者が取材に来てくれた。
ドイツ人鍼灸師が葉山町で開業してから既に18年経っている事はこの治療院をちょっとした「老舗」にしてしまうかもしれない。又、このドイツ人鍼灸師が最初から日本語で書いた本を出したのは「ニュース」にする価値があったようだ。
最初は3/19(火)「健康法楽しく指南」と言う題名で主に運動やダイエットの話を表に出された。新聞に出たのは感謝しますが、ダイエットなどは本の趣旨ではない。

そして今日(3/23(土):突然読売新聞(神奈川新聞を配達する)の人が来て、私の事が新聞に出ているから一部を差し上げると言った。取材の時二回も出る話は聞いていなかった。
今日の題名は「正しい姿勢で健康を」のも然程的中ではないが、取材中で本音の話→
「東洋医学は国民の財産。本来無料であるべきだ」と文章にしてくれた事を心から感謝します。

東洋医学に関して「これは誰々法。誰にも触らせない」などのケチな事は許せないと思う。知的財産でありながら矢張り特許と異なる。そして今風の人間をだめにする格安部分修理=保険診療の泥沼にも引きずれてもらいたくない!

健康の為に使える財源が限られている中で、高齢化してしまう社会において出費が右肩上がりで増えること、国民にいつか気付いてもらえればいいなと希望している。「患者様」がどうしても例の格安(不適格の場合有り)保険診療を求めている内に打開策が恐らく見えてこないでしょう。

Advertisements

About nyuwa

German acupuncturist living in Japan for 32 years. My ideas about "common sense" may not necessarily be common sense to others.
This entry was posted in opinion, oriental medicine and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s