Monthly Archives: July 2013

Why acupuncture is giving sceptics the needle

See on Scoop.it – Japanese acupuncture Acupuncture has been prescribed by half of Britain’s doctors, but after 3,000 clinical trials its efficacy remains unproven. So is the NHS making a grave error in supporting this ancient treatment? See on http://www.theguardian.comContinue reading

Posted in oriental medicine, reposts | Leave a comment

Overcoming Limitations and Exploiting Opportunities of Crowdsourcing – CloudTimes (blog)

See on Scoop.it – my translation work CloudTimes (blog) Overcoming Limitations and Exploiting Opportunities of Crowdsourcing CloudTimes (blog) This means that the freelance matchmaking platform is best suited to small and medium size businesses, both of which have the ability … Continue reading

Posted in reposts, translation | Leave a comment

Japanese commuters push 32-ton train to free woman

See on Scoop.it – my translation work Rush-hour passengers join in successful effort to rescue woman who fell through gap between train and platform at station north of Tokyo See on http://www.cbsnews.com

Posted in reposts | Leave a comment

マイクロソフトの奴隷

翻訳関連の仕事は殆ど例外なくマイクロソフトの○○ソフトで仕上げろと要求されれる。 パソコンを買う時も最初からマイクロソフト製品で埋められている。その会社が自社の製品で世界征服を目指しているのは秘密ではないだろう。 その製品は他の製品より遥かに優れている訳でもない。 例えばマイクロソフト本社内の多数のPCをイントラネットに繋いでいるサーバーにはマイクロソフトのOSではなく Linux がインストールされている。 そちらの方がセキュリティーがマイクロソフト製品より上だ。なのにマイクロソフトは世界の人々に自分の製品を容赦なく押し付けている・・・ マイクロソフトの「商品」を使うにはマイクロソフトの奴隷にならざるを得ない上、奴隷でいたければ定期的大金支払わなければならない→「バージョンアップ」等と名乗って。 私はそれが気に入らないから出来る限りLibreOffice はフリーソフトを使っている。本来 “OpenOffice” であったが、Oracle と言う会社に買収されてから開発者の半分ほど反発し、LibreOffice の分岐を造った。Libre = Liberty = Freedom = 自由の意味。単なる「無料」ではない。自由を確保しようとしているものだ。 私はは奴隷より自由でありたい。よって、「自由」を強調するソフトを使う。

Posted in opinion | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

Crowdsourcing = reintroduction of slavery

or: craft dumping Most likely I just don’t get it. Crowdsourcing. The new business model everybody is fretting about. From what I have seen or been offered, I think there is no other way of calling this but slavery. Unless, … Continue reading

Posted in opinion, translation | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

クラウドソーシング

先日仕事探しに東京まで言って “Job Fair” と言ったエベントに参加した。幾つかの会社、大半外資系、が人材を探していることだった。 先ず目をつけたのは「翻訳業務をサポート」する人を探していた会社。どのような仕事かと聞いてみてとても信じられない話を聞かされた: 目指しているのは品質ではなく、何より安さ、とその次速さだけだ。通常の翻訳(和英訳、私の場合技術論文など、では単価が原文の一文字当たり9円前後)より遥かに安い:720文字分には2USD=一文字当たり0.2円 → 通常のレートの50分の一! なのに貰ったパンフレットに(表に): “Would you like to earn money?” そして裏面に: Make Money Get paid for your work via PayPal account. Start translating and earn money now! しかし、どんなに簡単な文章であっても、720文字分=凡そ2ページの翻訳は2-3分で出来ない。早くできたとしても40分を考えて見ましょう。真面目に翻訳するなら1時間の方が妥当な数字。でもとりあえず40分で考えて見ましょう。時給に直してしまえば凡そ330円。神奈川県便りによると神奈川県の正式の「最低賃金」は840円となっている。一日8時間働いて、週五 日、で月給が5万円・・・ これは “earn money” とは言えるだろうか。月に5万円でどうやって生活すればいいのだろうか。 私は翻訳者としてそのような「奴隷制度」をサポートするのは道徳にもとるとしか思わざるを得ない。 そして「翻訳者」は一種の職人だ。まともな翻訳者はそれなりの「職人気質」があるはず。それはこのような制度=ビジネスで踏み潰されてしまう印象だ。 だがお客さんが喜んでいるのなら、日本や他の先進カ国で真剣に仕事をしている職人が全員失業させられ、残ってしまうのは格安=品質の悪い=意味不明な「翻訳???」それでいいのでしょうか。

Posted in translation | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

医療の意味を問う

先日読売新聞に面白い記事があった「精神科治療で薬剤依存症」 それによると精神科の専門外来に受診される患者の84%が処方されている薬に対して依存症になるか、薬を乱用する。本当ならば、なる程ね。本来患者は自分の病気を「治して貰う」ため病院に行く神話が「正式に」怪しくなる。 私の治療院に受診する患者の内精神科にかかる者もそれなりにいる。どのような治療を受けているかを聞くと:100%、例外なく → 薬を処方して貰った。では、私は精神科を専門的勉強していないが、個人的今まで読んだ本の中で精神科領域で使われる「治療法」の数とバライエティに驚かされた。それらの治療法は実際使われていないのか?日本だけ?それとも、手間と時間を掛ける治療法では十分儲からないから、兎に角儲かる方法=処方を何より優先にしたいのか。(医-ビジネスとしてちゃんと筋が通る) 似た事は整形外科領域にも言えるでしょう。 且つで自分が医者であったから、病院では病気を「治して貰う」所ではない事良く知っていた代田文彦先生の本:”もう「大病院」には頼らない - 東洋医学であっけないほど「痛み」を癒す”にもそのような事を大分前に書いてあった。その一冊は主に比較的対象しやすい痛みの事と取り上げているが、その他の病気も公で認められているより東洋医学的の治療(狭義では鍼灸、漢方)で時間を掛けて治ると私も思う。 この「時間」は要だ。 古き良き職人技を落ち着いた状態で発揮できる力は流れ作業で数十秒で処方される薬を勝ると私は個人的信じたい。 欠点は ・・・ 金儲けにならない。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , | Leave a comment