Monthly Archives: February 2015

翻訳者のただ働き ・・ 例えばPPTファイル

日頃「翻訳の仕事」と言う名目でそれなりの頻度でパワポイントファイルなどを頂いて「上書き」が頼まれる。お客さんや翻訳会社にとって翻訳者はそのファイルで作業を進めてくれると便利でしょう。 しかし、翻訳者がすべき仕事は「翻訳」であって、レイアウトやその他のファイル操作ではない。翻訳作業は取り分け「言葉」を弄る。ある言語の言葉をできるだけエレガントで忠実他の言語に移す事だ。 PPTファイルの場合大体多数のテキストボックスがあって、その中の文字を「上書き」すると元の文字と今記入した文字が同時に表示され、重なってしまうことがよくある。そして日本語の入っているボックスに横文字を入れてしまうと、ボックスの横幅や縦幅が足りなくて、入力している文字を見たいならば、そのボックスをサイズを一々変えないといけない。 上書きしながら文字を削除したり、ボックスの置くさや配置を換えたりするのは***全て***手間=労力+時間がかかる。 労力と時間のかかる作業は普通「支払う対象」となっているはずだ。通常PPTファイル場合その仕事はDTP作業員を行うべきで、その人はそれなりの給料をもらうのも常識でしょう。 しかし、翻訳者にはそのような作業を「ついで」にやってもらうし、「翻訳料」として支払う対象になったこと少なくとも私は経験したことない。つまり、他者がちゃんと給料貰う仕事をただでやれ依頼です。 それと別にレイアウトなどの作業で気がとられてしまうと「翻訳作業」に悪影響及ぼされることも想像しやすいでしょう。 今の世界では翻訳者として必死に仕事しなければならないだろうから、文句を言わず・言えずでそのような仕事をするか、せざるを得ないかもしれないが、本末転倒だと私は思う。言葉に集中して、翻訳作業が終わってからそういう余計な作業を行うべきだ。 それが嫌だったら、最低翻訳作業以外の作業に対してそれなりの支払いは行うべきでしょう。そうやってただ働きさせられている作業員はさほどいないでしょう。 Advertisements

Posted in opinion, translation | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

Science mania may endanger medical care

Through a special form of blog, called “scoop-it” and timed, automatic Google searches, I frequently get links to articles written by “scientists”considered by those sources as possibly of interest to me. Most of those consider themselves “skeptics” and are proud … Continue reading

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , | 1 Comment

防災対策 - 3 → 実例

  度々申し訳ない。この話題について読んでいる人は飽きたでしょう。 あと一つだけ。近所の素敵な実例をお見せしましょう。 1) 前回の記述や写真に写されている場所から150mほど(しか!)離れた所。数年前斜面が既に崩れてきた。広範囲ではないにしても、そのまま放置されているので、今安定していて何の心配もないのも考えにくい。 町(パイロンに書いてある)の「対策」: 「落石注意」の看板を立てた。それで安心でしょう。 2) 同じ道路沿いではないが、矢張り直ぐ近所。 そちらも矢張り斜面が既に崩れてきた。ここは何方が「対策」を施したか知りませんが、一端崩れた斜面にブルーシートを掛けて、時間に連れて更にぼろぼろと崩れ続けている土砂埋ったり、敗れたりした。これも凄く効果的な対策で、町民を安心させるでしょう。

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

防災対策 - 2

先日一度葉山町の「防災対策」について書いた。ブログでお話しを公開したことをを葉山町の防災課、町長と近藤だいすけと言う議員に知らせた。後者は具体的な住所はどこかと返信してくれた以外に何の反応もない。矢張り災害が起きてしまえば全国のニュースになり、宣伝効果はでると思われているかもしれない。 私はあのところ凡そ14年間住んでいる。今まで「何となく山が段々=非常にゆっくりですが、確実押し寄せてくる」印象あった。 しかし最近問題の町道の端に毎日のように新しく落ちてきた砂が体積し、車のタイヤーで押しつぶされている。毎日の変化=以前と比べて(山の感覚!)物凄い勢いになってきた。それで大雨が降れば、もしかして丁度その時にちょっとした地震があれば・・・ その結果がもう見えている。 それでも町が何もしない? 町の回答は「該当する箇所で町道と隣接の山は正確に「測量」されていないため、何もできない。測量(大金が掛かるそうです)は付近の住民を依頼し、負担しなければならない。」 それは可笑しいでしょう。住民が負傷/死亡する危険に晒されているのに、その危険を起こす者(山の持ち主)の代わりに負担する???どういう世界でしょう。 町は要らない下水道に何百億円にも使う一方で危険場所で測量でさえ出来ない? 今日は朝日新聞と神奈川新聞にもそのような内容のメールを送った。 そのような事は「(ローカル)ニュース」の価値あるでしょう。 それとも矢張り災害が起きてからニュースの価値が高いでしょうか。 添付した写真: #3 / #2 「斜面」が抉られもう穴が開いている。 #1 #3,2 から落ち続けて、下に堆積している砂/泥 + タイヤー痕 #4 ついでに、道の舗装にも穴が開いている。全ての車は底に嵌り、雨水恐らくその下で空洞を作っているだろう。

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

翻訳者撲滅運動

ちょっと前に15年以上前に仕事したことのある翻訳会社(WIPジャパン株式会社)から連絡があって、その会社が今度新しいYAQSと名乗っている「オンラインシステム」を作ったから、是非とも登録して欲しいとの事。 過去に何度も今風「クラウドソーシング = cloud sourcing」などの取り組みを見て、何種類に登録したが、どれも - 例外なく! - 奴隷市場だ。 奴隷市場とは: 自分している仕事に対する「報酬」は失礼ほど低い。 失礼→ レートも例外なく1文字/1-1.5円程度。ページ当り5百円程度。神奈川県で法律によって定められた「最低賃金」を下回るだろう。 インドからネット上で掲載されている案件より安い。私は知っている世界中の翻訳者誰人もこのレートで仕事しません。奴隷市場を運営している “Proz.com” でさえ、このようなレートは非常識だと判断しています。そのような「報酬」だと一日36時間働いても生活出来ない状態! 翻訳会社としてよくもそのようなものを提案する。 労働者 = 職人 = 翻訳者(翻訳で生計を立てようとする人はどう言う者だと考えているでしょうか。 このレートで実際「仕事」(Google translate を通して、2-3単語を変えて仕上げる?)をする者がいれば、この取り組みは意図的翻訳職人を撲滅させようとするものにしか解釈しようがない。 ちゃんとした他の翻訳会社と「反社会的勢力排除に関する誓約」を結んで、賛同していますので、私は上記の翻訳会社は反社会的行為を行っていると判断し、登録を抹消するように依頼した。 真面目に仕事をしようとしている翻訳者に告げる:上記の会社と「システム」は危険で避けるべきでしょう。報酬がなくても趣味として翻訳するならばどうぞ。

Posted in opinion, translation | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment

ISIS — “Islamic State”

Well, I DO NOT understand politics with all its paranoid conspiracies and secrecy. I AM NOT a follower of ANY religion. So I am not entering a discussion pertaining to religion. BUT … as long as I have the right … Continue reading

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Workers? New Robot Overlords Will Probably Not Be Welcome – Daily Beast

In the run-up to the 2016 election, no leading candidates are talking about one of the most important issues facing the country: the risk of large-scale technological unemployment. Source: http://www.thedailybeast.com Yes, that is precisely what is happening in the "translation … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment