Monthly Archives: August 2015

ゴミ - Garbage

(a little English text follows below the Japanese) 葉山町に「御用邸」があるのはほぼ全ての日本人が知っている。それは天皇の「別荘」に過ぎないにしても、一応天皇の家の一つとして見なされる。 勘違いしてはならないが、私個人は特別の天皇の「ファン」でも「サポーター」でもない。今の若い日本人の過半数(?)もそうと想像できる。 それにして、一応世界に向けて大々的天皇は半分の神様であって、崇拝の対象となっていると日本人自身が「情報発信」している。 それでは御用邸の真ん前にあるバス停のベンチの下/周りにゴミを残してしまう「よそ(葉山出身以外の日本人、「外国人」ではない)の馬鹿ども」はどう言う根拠でその事をするのだろうか。「俺(たち)は世の中で最も偉いだから、天皇が俺のごみを片付けるのは当たり前だろう」。 そう言う考え方? やった本人(たち)はここで名乗って町民/国民が納得できる形で自分の行為を正当化してみろ。チャンス挙げる。 だが、そのような度胸はおそらくないだろう。 私は日本人の代わりに恥を感じる・・・ ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ The Tenno – Japan’s Emperor – has apart from his palace a few secondary residences in the countryside. The “Goyotei” here in Hayama … Continue reading

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

金持ち - The Rich

(a little English text follows below the Japanese) 「お前はただ羨ましいじゃないのか」と言われても仕方ないでしょう。 しかし、金持ちの身勝手の振る舞いは頭にくるのは間違いない。(どうやらそれは私一人でもないようだ) 手短に例をあげましょう。 写真は最近住まいの近くに出来た金持ちの「家 → 要塞の方が相応しい」、恐らく「別荘」。目れば分かるだが、家の周りに窓(裏にでっかい1-2個ある)がない。灰色のコンクリートのみ。玄関は刑務所波の鉄格子。その辺全自動の殺人レーザー「防犯」システム(近寄るの容赦なく撃ち殺される)が設置してあっても驚かないだろう。 以下に「我々はお前たち(=町民)と違うから、お前らと交際しないぞ!」と言っているみたい。 人影はまだあまり見えないが、2-3回超高級の外車(当然品川ナンバー → https://nyuwa.wordpress.com/2015/07/20/%E5%93%81%E5%B7%9D%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC/ 参照) こう言う人たちは大人しく「品川金持ち動物園」にいて、お互いに威張りあって、一般庶民のに迷惑を掛けるのはいい加減にやめて欲しい! zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz If somebody comes to the conclusion that I am just jealous … I probably could not return anything. But … You can almost hear … Continue reading

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , | Leave a comment

常識はどうしたでしょうか。

(読売新聞に以下の「意見」を送信しました) 拝啓 私は神奈川県葉山町で小さな鍼灸院を経営しているドイツ人鍼灸師です。時々貴社の「医療ルネサンス」欄を見ています。 今回「高齢者の薬2/6」を読んで特に唖然としました。 複数の医療機関にかかる患者が重複する薬が処方される。つまり、それぞれの医療機関の医者は目の当りの患者は他の病院に行くかどうか、そこで処方された薬があるかどうかは確認を怠るだけではなく、全く興味を示さない事は決して稀ではありません。薬による問題があると疑われる必要性がある場合、主治医に問い合わせたりすることありますから、左記の発言は経験によるものです。又は鍼灸師は医者に患者の事を問い合わせること自体が迷惑行為とされているらしい。 しかし・・・ 貴社の記事を読んでもともとその大量の薬を処方した医者は常識が全くないと判断せざるを得ません! 一般常識:高齢者は「当然」他の医者にもかかる/薬を飲むはずです。なのに確認しません。 科学的常識:臨床試験に於いて「相互作用」が調べられるのはせいぜい2、最高の場合3種類の薬程度です。 そこで10種類やそれ以上の薬を患者に飲まして、何の副作用が起きないだろうと考える医師が考えられないほど無知と言いようしかない。 そのような危険行為を繰り返す者を本当に放し飼いしてもいいのでしょうか。 国民を必要ない危険に晒す気がして仕方ありません。 無論、立派に使命を果たす医者も数多くいますが、記事から窺える常識なし=危険な医者の数は多すぎます! 言うまでもないでしょうが、そのような「薬の出し方」年間何兆円単位の無駄遣いでもあります。 もうそろそろ「医者様」(悪)夢から目を覚ました方が「身のため」ではないでしょうか。 だがま、私はただの鍼灸師しかありません。 「鍼灸師なんか何が分かるか」と常に(←常識!)言われます。 Thomas Blasejewicz

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

Doctor’s wisdom

Among my Japanese relatives is a dentist. I do meet him on a more or less regular basis and naturally he knows, that my clinic = my “business” is VERY far from booming. Apparently he told me wife (not me!) … Continue reading

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , | 1 Comment