Monthly Archives: May 2016

世界鍼灸学会 - またも文句を言わざるを得ない・・・

ご存知の方も多いと思いますが、全世界の鍼灸学会 (WFAS 2016) は11月つくばで開催されます。「全世界」のものであるため開設された website は全部英語で書かれています。 さて、そこに問題あります。 恐らくこの英文は日本語の原稿を基にしてそれなり professional translation agency に依頼され、professional translator に作成させたと想定します(そう信じたい)。 残念ながらこの英文に「和製英語」の濃厚な気配が漂っています。 世界学会を開催するならば、出来れば世界のどこで誰を見ても恥ずかしくない文章を作る事は望ましいのではないでしょうか。 以下に2-3点を指摘してみたいです。   1.Technical Session … Details will be informed soon. → 和製英語で意味が通じません。 2.Head of Vice President → “Vice President” は非常に限局的(アメリカ)、そして分野=ビジネスであれば「何人のグループに使われますが、「普通」ならば一人の人物を指しています。妙な印象を和らげるの最低限は “Presidents” (複数形)にすべきでしょう。 3.If you are a member of JSAM, … Continue reading

Posted in opinion, oriental medicine, translation | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

「モデル」に成って下さる方

こんばんは 先日スウェデン人が研修のため来日する話したと思います。 その方は毎週土曜日私の治療院で「研修」する予定です。 問題:私は商売を全くしませんし、人気のない治療院を経営しているので、大体毎週土曜日午前中に受診受信する2人の患者以外だれもいません。従がって、「研修生」は残念ながら「研修」することが殆ありません。 もし6月中の土曜日(の午後)に「モデル」に成って下さる方がいれば大いに助かります。 通常の治療でも、それこそ「モデル志願」、それとも診察の流れが見られるように「新患」でも結構です。 もし興味ありましたらメールな電話で連絡下さい。 tom@einklang.com Tel: 046-876-3077 ありがとうございます。

Posted in foreign studies, oriental medicine | Tagged , , , , , , | Leave a comment