Category Archives: foreign studies

views, news, opinions etc. pertaining in one way or other to my subject “foreign studies”

日本の鍼灸 (の良さ!)

先ほど現時点準備中の外国人見学(研修)希望者に関連する2回目のお話しで***「今回」***と言う言葉は使いました。 今回は決して初めてでもないし、これからも依頼が続くと予想します。 既に 過去15-20年に亘って日本で見学/研修したい外国人のため見学出来る所探して、見学希望者を応援しています。 中々難しくて苦労します。 海外の人々は日本人が予想する以上に「日本の鍼灸」に興味ありますが、太古昔から鎖国時代の影響は続いて幾分「邪魔」しています。 私のHP (http://www.einklang.com/Library/Foreign%20study.htm) の下(最近はアップデートしていません)で見えるように様々の国の色々な教育拝啓のある人から連絡が来ます。 数日前インドネシアから12人が同時に来日し、ここで2週間研修したいです。当然私はそれに対応出来ません。今、色々な策を考えています。どこかの学校でセミナー/コースがあれば/設立出来たらいいですが・・・ 私はそう言う面倒な依頼で皆さまに厄介になる理由の一つは: 私のHPに幾分横文字ありますから検索に「引っかかる」。世界から見れば、日本は(日本語の読み書き出来ない限り)いつまでも一つのブラックボックスです。 もっと多くの日本の先生方は自分の事/日本の事を横文字で世界に見せて下されば、日本の鍼灸は完全中国のプロパガンダ作戦で押しつぶされない事に繋がると私は個人的希望します。 ですから:これからも色々とお世話になりたい - 助けて欲しい・・・ 私の***個人的***意見: 日本の鍼灸は世界の殆どの民族に中国の鍼より遥かに適しています。もっと広めるべきです。 どうでもよいですが、この「意見書」は英文として世界に出しています https://www.smashwords.com/books/view/420707 売れないからHPに無料でも提供している: http://www.einklang.com/Books.htm Advertisements

Posted in foreign studies, oriental medicine | Tagged , , , , , , | Leave a comment

研修生 - 具体化

研修生 - 具体化 先日信じられないほどの反響があって、有難うございました。 予定とその他の事が多少分かったので、一応ご報告します。 予定:およそ6月10から7月10. 横浜近辺でホテルで泊まるそうですので金銭的然程余裕がなく、今回遠方に出かける事を遠慮する事になりました。 ご協力の意思表明して下さった遠方の先生方に大変申し訳ありませんが、「今回」は残念ながらお世話になれません。 (個別にまた連絡します) 本人の希望として横浜中心として「近辺」何人の先生方で数回にわたる見学が出来たら嬉しいそうです。 そうすれば、その先生の「スタイル」は半日/一回」より良く分かると予想しています。 本人も何人の先生方に連絡取っているようですが、後数名がいれば助かります。 度々でこのような「面倒」な事で騒がせてしまうのは大変申し訳ありませんが、どなたが「日本の良さ」を伝授する事に ご協力出来る先生がいましたら是非ともご連絡下さい。 治療院のメールアドレス: tom@einklang.com よろしくお願いします

Posted in foreign studies, oriental medicine | Tagged , , , , , | Leave a comment

少々助けて頂きたい!

先日スウェデン人からこちらの治療院で研修できるかどうかとの問い合わせが来ています。 相手は Stockholm 日本と似たような専門学校で勉強をし、卒業をしようとしています。 その教育課程で150時間の「実習/研修」が要求されているようです。 その人は恐らく6月以降私の所に来ます。 問題:150時間(全体予定している滞在期間は1っか月前後)は毎日8時間に相当します。 但し、私は「日本の鍼灸」の代表人物でもないし、無知無能なよそ者ですから、こちらの治療院は一日1-2人しきません。 一応大部分こちらで何とかしますが、・・・自分の治療院で見学させて下さる先生方がいらっしゃれば大いに助かります。 この際日本の良さを外国人に見せ、それを相手の本国で広がる「チャンス」でもあると思います。 相手は49歳の男性です。日本語は出来ないそうですが、英語はそれなりに出来ます。 但し、専門性ですので、先生方の手の動きを見れば、説明なしでもそれなりに分かると思います。 ですから日本の先生方は英語出来なくても何とかなるでしょう。 是非力を貸して下さい。 この話を知り合いにも知らせて下さればありがたいです。 治療院のメール:tom@einklang.com

Posted in foreign studies, oriental medicine | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

外国人見学者 - 同僚の職人にお願いあります

例の「治療家マガジン」に常に方々発言している事に関する「記事」が掲載されてきた: http://www.chiryouka-shigoto.com/report/?p=3201 又特にタイトル類が編集されているので、元のテキストここにも載せます。 私が撮った写真も少し切れたから「大事なモデル」=私は殆どみえない・・・ Picture: 私がモデルになっています。二人のオーストラリア人を病院内の東洋医学科に連れた際。見学者二人と病院の先生二人、合計4人同時に私を「治療」した所です。 * 病院はお灸の煙を外に出すような換気設備を備えて下さるのは珍しい。 外国人見学者 - 同僚の職人にお願いあります もう15-18年前年前から時々英語やドイツ語の部分がある私のHPを見た外国の方から『既に中国の鍼を「知っている」か「 勉強した」のですが、出来れば「日本の鍼」について勉強したい。』という問い合わせが来ます。 私自身は大変未熟ですので、あと200年修行をしないと一人前の鍼灸師になれません。ましてや「日本の代表」として「日本の鍼」は語れません。 誇り高き「職人気質」の職人が海外(日本以外全世界!)の方に日本の職人技を披露して頂きたい - つまり外国の方(取り分け欧米系)を自分の治療院で見学させても良いと協力して下さる先生方を探しています。 しかし、長年個人的複数の先生方をお願いし、団体(私は会員である全日本鍼灸師会、全日本鍼灸学会)や専門学校などに声を掛け続けているが、殆どの場合門前払いされました。学校などは「内はそのような体制整っていない」とか、団体の重役を直接あっても「へー、そうかい」と断れました。全日本鍼灸学会に何年を亘ってあまり煩い事を言い続けた事が多少影響もあったかもしれないが、2009年6月で”2nd JSAM International Symposium on Evidence-Based Acupuncture” と平行に行われた全日本鍼灸学会の総会において「これから外国人見学希望者を積極的受け入れる」事は正式採択された議案でありました。それから6年が経って今でも学会のHPにある見学者を受け入れるリストが相変わらず極めて短いです。(私個人持っているリストのほうが長い) それ以前も医道の日本誌(2007年9月号に掲載)にこの話題を触れさせて頂きました:「見学 - 個人的な意見」 個人的色々な先生方をお願いした際、「英語が出来ない、恥ずかしい、自分の技が盗まれる、外国人が怖い」などの少々不可解な理由で殆ど100%で断れました。私の経験で言えば:英語出来なくても何とかなります。臨床経験のある職人は自分の技は恥ずかしくないはずです。自分の技が「盗まれる」・・・30年の間苦労して作り上げられているものは短時間で盗まれるはずはありません!自分の治療院であれば、そこにいる先生は院長先生で、見学者が相応しくない態度をとれば、追い出せば結構と言った権限をもっているので、怖がる必要性が全くありません。 技が盗まれる・・・ ここに一理あるが、それはどちらかと言えば嬉しい一理です。 つまり、治療者が例え30年をかけて作り上げている独自の「技」があれば、見学者はそれを半日で習得するはずはありませんが、大変刺激になるヒントは得るかもしれません。そのヒントに従って、見学者が後にその技を自分なりに改良したりして完成させているかもしれません。もしかしてもとの技より良いものが出来上がるかもしれません。だが、そこに師匠の使命もあるのではないでしょうか。師匠は弟子に技を伝授し、弟子は時期に師匠を超えるのは自然の成り行き、「発展」の基盤でしょう。どんな偉大な先生はいつか初心者であって、複数の先輩からそのような教え(種)を受けてお世話になりました。立派な臨床経験のある方はいつか恩返しとして自分の知恵次世代、又は「別世界」に伝えて下さると嬉しい。 見学者に与える「ヒント」、見せる「模範」は種だと考えて下さい。良い種を蒔いて、そのうちによい実にになります。私個人的は日本の良い種=優れている技術を出来るだけ多く世の中に蒔いていただきたいです。現在中国が蒔いている「一色、無変かな発展を妨げられる生殖力のない種」で世界が支配されかねません。まるでモンサント社の遺伝子工学的変更されている種類で世界の農業があの会社の依存性作り出されるようです。 日本の事は全て「優れている/素晴らしい」とはとても言えません。(福島原発事故後の政治家の発言:”We have everything under control!” は余りにも愚かであったため、あの事故以来日本で鍼灸を見学したい人の問い合わせは激減しました!)しかし、職人気質のある職人の力を是非借りたいです!!!私は鍼灸師ですので海外から問い合わせが来るのは殆ど鍼灸関連です。ですから「日本の鍼灸」を何かの形で見せて下さる先生方がいれば助かります。その他の業種に関して今まで問い合わせを頂いたことありません。 全日本鍼灸学会の会員ならば、そこのHPにでも登録してください。会員でなければ私に連絡下されば、こちらでリストを作って、あるいは私は既に持っているリストを加えて、先生方の依存がなければだれでも閲覧出来る所に公表するのが望ましいと私は信じています。(この「技」に関して私はほぼ無知ですので、どなたが下されば・・・) 雑談) 先日他の物を探して偶然次の記事を見つけた: (日本語版にない英語版の最初の説明文は面白い!) https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_oldest_companies https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%81%E8%88%97%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7 それによると非常に長い歴史を持っている会社の数は日本で一番多い!リストを見ると中国は殆ど出番がない。 鍼灸に関してもそうかもしれない: 本来の「伝統的な鍼灸」=世界でよく「本物」と称しているものは中国より日本にある可能性が高いように思います・・・ ヨーロッパで最大の東洋医学関連学会 … Continue reading

Posted in foreign studies, opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

お褒めの言葉

手前味噌で大変恐縮です! 今日は探し物をして、もう特に昔忘れたものが思わず所から出てきた。 日産多摩川病院で勉強出来たのは代田文彦先生(代田文誌先生の息子)のお蔭です。多摩川病院で辞めた5-6年後の事、 医道の日本に鍼が効かなくて良かった一例 効かないことの意味する危険信号―と言った拙文を出していただいてから次の葉書を頂いた。 褒めて頂いて照れてしまうが、幾分も誇りに思う・・・ http://www.idononippon.com/magazine/bookserch/2000/02/200002.html

Posted in foreign studies, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

Only STANDARD patients need apply …

According to the following article: http://news.xinhuanet.com/english/china/2014-07/25/c_133511336.htm?__scoop_post=582bc7a0-1479-11e4-d3d7-842b2b775358&__scoop_topic=1035125#__scoop_post=582bc7a0-1479-11e4-d3d7-842b2b775358&__scoop_topic=1035125 China has issued “acupuncture treatment protocols” for so-called standard treatments: “The National Technical Committee on Acupuncture and Moxibustion Standardization Administration of China and China Association of Acupuncture-Moxibustion (CAAM) issued the protocols.” Well, everybody watch … Continue reading

Posted in foreign studies, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

海外から・・・

先日読売新聞に又記事があった。 私はもう長年外国人が「日本で」鍼灸を見学や勉強したいが、それはどこで出来るかのような問い合わせが来る際、相手に勉強・見学出来る場所を探すのを手伝っている。 http://www.einklang.com/wanted.htm そのような見学希望者を受け入れる事は日本全体、具体的日本の鍼灸界にとって大変意義のある、日本国に有益なものであることを既に十数年前から言い続けているが、なかなか聞く耳もたれないようです。 添付した記事は鍼灸には関係ないが、同様の動き→ 外国人芸術家を日本へ招待(まで!)し、その方々が後に日本の素晴らしさを世界に広め=宣伝してくれる「作戦」だ。 些かな「下心」が見えて少々不快な感じはした。 いいものを伝えるにはやすぽい宣伝は要らないと私は信じたい。 日本の鍼灸は「いいもの」! 日本人の誇りである。 よって、日本の先生方に出来ればもっと積極的海外の訪問者を受け入れ、自ら自分の技術/知恵を世界に披露して欲しい・・・

Posted in foreign studies, opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , | Leave a comment