Category Archives: oriental medicine

鍼灸職人育成場

(上:義理の母さんの家、写真2点) タイトルは兎も角ですが(その辺はまだ考え中)、そのような事をやりたくなった。 その訳は手短に説明する。 数年前当院で治療を受けている人はその治療(雰囲気)の影響で今までの堅い就職を止め、鍼灸師を目指して専門学校へ行くようになった。来年の春に国家試験ある。先日「その後はどうしたら良いかと悩んでいる」と相談に来た。 相談の際何気なく仲間何人を集めて、共同で余りお金の掛からない形で「練習用な治療院」でもやればいいのではないかと言った。現実問題としてどこかの整形外科や接骨院で勤めて「経験を積み重ねる」のは至難の業でしょう。指示通りで動いて、何かの機械のタイマーをセットしたりして・・・そのままでは「鍼灸治療」いつまでも経験しないでしょう。 大先生の弟子になってもいいですが、その場合その先生のスタイル/教えに限定される可能性が高い。 出来れば新米の鍼灸師本人の思うままで治療を試みて欲しい。思う通りには行かなければ、ある程度臨床経験のある人に意見を求められる環境が望ましいと私は思う。言ってみれば昔のドイツの「マイスター制度」のように。どちらかと言えば私は昔多摩川病院で勉強させて貰った時そのような環境だった。 そこで「提案」ある。 2年ほど前に義理のお母さんがなくなった。その家で妻現在週に2-3回程度一人ずつのピアノの生徒を教えている。それ以外あの家は開いている。具体策はまだ練っていないが、本格的な治療院ではないにしても、上記のような「鍼灸職人育成場」は作れるのではないかと思う。 もしそのような所で鍼灸学校卒業直後で自分なり多少の経験(どんな偉い先生も何時か初心者だった!)を積み重ねるチャンスを求める者がいれば、一度話し合いましょう。   家を貸して金儲ける事は考えていない!でもその家の維持するために掛かる経費(家を使っても使わなくても掛かる!)の足しになると嬉しい。 連絡先:私のHP: http://www.einklang.com にメールアドレスや電話番号書いてあります。 (家の写真は後で探す)   Advertisements

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Japanese products first — 棒灸:かびてよかった・・・

通常の棒灸=中国製は過去20数年間を使って、今まで一度も疑問を持たなかった。中国製の物はその間一度もかびた事がない。しかし、考えてみればそれは非常に可笑しいことだと昨年メーカーに問い合わせた際で頂いた説明で悟った。家(治療院)では夏になると壁、ゆか、衣服、本、(食材勿論)全てかびる。中国製の棒灸***だけ!***がかびない。その妙な現象が現れるために、艾の中に何か極めて毒性の強いものを入れてある事を疑わざるを得ない。日本製の商品は防腐剤など混入されていないから、***ちゃんと***かびる。変な話ですが、帰ってありがたい事だ(った)。 今まで気づかなくて恥ずかしいで、私は如何にも未熟である事を証明しています。 お蔭様で今後 “Japan first” ではないが、”Japanese products first” の治療方針を取りたいと思う。得体の知りえない中国製商品は責任をもって患者に仕えないでしょう。 日本のメーカーにお願いです:是非とも品質の良い、誇りを持てる “Japanese quality” 作って下さい。お灸を施す鍼灸師が段々と少なくなる中でそのような商品は大変貴重な存在です。カビの対策として商品に防腐剤など混入させないで、注意書き位箱に入れてください。  

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

山が死んでしまう

半年ほど前に一応葉山町の「まちづくり協会」の理事になった。 しかし、殆ど小回りの個人的な団体活動(趣味の部分が多いようです)しか見られません。 写真を一枚ある。葉山町で至る処で似た光景が見られます: 山の裾はもう20-30メートルの高さまで木がありません!つるに覆われて死んでしまいました。(下向きの矢印) その上に多数の木の死骸が見られます。(上向きの矢印) 山のふもと=家で言えば土台が腐食されてしまいますと上の物が崩れ落ちて来るのは時間の問題です。 (もしこのような事が人体に起きますと、その患者が救急車で病院に搬送されるでしょう・・・) 因みに、手前は「国有地」となっている。 参考までです。

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , | Leave a comment

Made in Japan - 棒灸

私は30年余り鍼灸師として働いて、臨床でそれなりに棒灸を使って来た。 個人的(昔と違って)中国の物が嫌いは多数のブログ記事で十分はっきりしている。 この私は棒灸を使ったが、全て中国製だと思い、嘆いていた。 トワテックが最近販売し始めて「新型」棒灸が開発中の試作品の評価にも頼まれた。 例の新型棒灸は従来の物より良いところあるが、箱に “Made in China” と書いた事を発見してがっかりした。 昨年の WFAS2016 に於いて業者のブースで小林老舗が “Made in Japan” の棒灸を作っている事を初めて知った。 今年の春にその商品を初めて買って、自分も使い、患者にも薦め/譲った。 夏が当然湿気が多く、私が使っていた棒灸がカビタ。中国産の棒灸がカビタ事はまだ見たことない。 その件で小林老舗に連絡を取り、中国品と日本品の違い→日本産のヨモギは中国産の物よりも「粘り」あるとの説明と受けました。 そこからカビの発生を押させる為乾燥剤を棒灸に混入する話題になりましたが、日本産のヨモギはそのような特徴がある事を知っていれば、 又は治療者が患者に教えることで「問題解決」されるでしょう。正確に言えば問題は「解決」されないかもしれませんが、ウールのセーターとポリエステルのセーターの手入れが異なると同様の対応すれば良いでしょう。 不要な物質を加えるより、その「手入れ方」を品物と一緒に教える(栞などで)の方が得策だと個人的に思う。折角の「東洋医学的良さ」を不要なもので汚してしまうのは勿体無いです。私は個人的に矢張り日本の伝統と良さを継続することを望んでいます。 5 pictures moxa box → 中国品と日本品の違い、蓋をしたまま moxa box 2 → 中国品と日本品の違い、蓋を開けた状態 moxa box 3 → 中国品と日本品の違い、印象 moxa end … Continue reading

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

Translation / Interpretation service

Apart from being an acupuncturist I have been working for over 30 years as a freelance translator. Translation used to be the basis of my families livelihood, whereas I consider acupuncture my “calling”. Since I could make our living on … Continue reading

Posted in oriental medicine, translation, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

翻訳 - 通訳サービス

私は鍼灸の仕事の他にもう30年以上翻訳家として働いている。翻訳は今まで生活の基盤であり、所謂「本業」であった。それに対して鍼灸は「本職=天職」だと認識している。過去に翻訳業で生活が出来たため、今まで鍼灸治療を私が思う「理想」な方針で施せた。 しかし、インターネットのお蔭で翻訳の仕事は今格安料金で行える国に流出するから、私の理想的な鍼治療が危機に遭遇している。 * 今から翻訳/通訳サービスを直接提供する 上記の30年余りで営んだ翻訳業の殆どが翻訳会社を通して行った。当然翻訳会社がそれなりのマージンも取るし、時々大変妙な考え方を示す。 その為、今から翻訳/通訳サービスを直接お客さんに提供する事を決めた。 従って: * 医薬関連文章 * 技術関連文章 ** 東洋医学関連文章 (・・・ この分野翻訳できる人材は然程多くない) などの - 日独 / 日英 / 英独 - 翻訳、あるいは通訳が必要な方是非ご連絡下さい。 翻訳は通常自宅で行う。 通訳に関して - 時間/場所/内容/交通(泊り) - などの条件次第でご相談下さい。 宜しくお願いします Thomas Blasejewicz 090-4846-6985  

Posted in foreign studies, oriental medicine, translation | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

知的財産?

先日歯磨きで有名な企業「サンスター」の研究員が治療院に来た。 どうやらネット検索でドイツの先生 (Gleditsch 先生、元々歯医者/耳鼻科の先生ですが、大分昔から鍼もしている。面識はないが、昔幾分の文通あったと思う)が耳は足の裏に全身の臓器/機能が反映され、それらしくの「ツボ」あると発見/発表した。それを見てサンスターの人は私に「ツボってなんでしょうか、そのようなものは所謂「オラルケーア」に使えるでしょうか」のような質問をした。 お茶を入れて一時間半程お喋り→知的財産を披露した。 子供たちや患者に「何かお金などのお礼でも貰ったか」と聞かれた。 私の頭にそのような発想は最初かれ全く(!)なかった。和菓子のお饅頭6個一箱頂いた。 それも又私は如何にも馬鹿だと証明しているようだ。 その発想の延長線に:もしサンスターが(画期的な)新製品を出し、大儲けするならば、先生(私の事)何か貰えるかと患者に聞かれた。 それも又考えもしなかった。 アドバイスを受け、そのような出来事を公開する形で記録するためここで私の戯言を書き込む。 例のオラルケーアに口腔ないにある歯と歯茎に向かうのみならず、口腔の粘膜に刺激をしたり、歯茎を擦ったり、歯間ブラシを使ったりのほか、温めたり、擦るより、ロールする形の刺激をつかう、粘膜に動脈や神経が入るような、解剖学的な特異的な所に刺激をする…などを提案した。無論鍼灸師の立場から、顔面の外側からの刺激を忘れずも触れた。 そのような関連でn新商品が出ましたら、「私の知的財産」は幾分関与していると思いたい。 それで少々お小遣い稼げたら嬉しいが・・・

Posted in oriental medicine, Scoop.it, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment