Tag Archives: 品質

Trek 品質?

先日 Trek のHPに書き込んだが、「当然」自社の製品に批判的な意見は公表しないようだ。 自己満足でしょうが、その書き込みのコピーは以下のようでした。 Trek 品質? 下記のような経験したのは私一人だけなのかをお聞きしたい。 今年の7月子供たちが私の還暦祝いとして新しい自転車を買ってくれました。Trek FX 7.7. どうやら20万円もしたようです。 しかし、4週間も経たない内殆どの金属部品が錆びて来ました。ヘッドセットのリングもその部品の一つ。ハンドルの下から赤い粉が出てきた事で気づきました。トレックジャパンのHP経由で問い合わせた際「小売店に言え」と言われました。納得出来なく、アメリカのトレックHP経由でも問い合わせました。大分時間経ってからお返事頂いて、錆びた部品(金属性部品全部!)交換して貰いました。トレックの見解ではそんなに早く錆びるのは可笑しいと言われました。 但し、僅か3週間で再び金属性部品に錆びを発生しました。会社はこれが潮風のせいだと言っているが、前の自転車(Giant Escape、8万円ほど)で10年間毎日潮風、雨、雪、嵐で走っていたが、まだオリジナルパーツの前輪(スポークなど)には錆びていません!何しろ、日本にいる限り海から遠く離れられません。 二回続けて新品の部品が僅か3週間で錆び始めるのはトレックが極めて品質の悪い部品を使っていることを示唆=証明していると思います。恐らく中国製でしょう。ならば同じような部品を多数のバイクに使われ、複数の大変珍しい偶然の重ねで私一人で品質の悪い部品が非常に早く錆び始めている事を経験しているとはとても考えにくいです。 如何でしょうか。私は一人で何かの妄想を抱いているでしょうか。 因みに、品質が余りにも悪いからバイクを返品/払い戻しして貰いました。もうトレックのバイクは使いません。 Advertisements

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , | 2 Comments

兆円・・・

私は知っている限り次の話に関しては「研究」も行われていないし、「データ」もない。 現時点日本では保険診療に使うお金は年間40兆円ほど。そしてその額は毎年1兆円分ほど増え続けている。 東西問わず過去2000年の間複数の「賢い人」は「健康に秘結 = 常識」と言った発送を披露して来た。日本で言えば例の有名な貝原益軒の「養生訓」はその代表作だろう。又は自己の健康管理に民間療法であるお灸を日頃すれば、毎年医療費の節約出来ると私は信じている。 現在微々たる症状でも医者に行くし、医療側からも「健康管理」のために定期的に来院することを薦めている。お蔭様で病院の待合室はどちらかと言えば社交現場に近い状態となっている。 病院の帰り私の治療院にくる患者の多くは「病院に行ったが、余り役に立たない」とか、「薬は貰ったが、この薬は飲みたくない(信用できない)」といっている。無駄に貰った薬はゴミ箱行き。 このスタイルで特に必要ないのに受信したり、処方された薬を捨てられたりすることを全国レベルで一年間に換算すると膨大の額になる筈。左記のとおり公式の「データ」は無いが、私の予想なら現在の保険診療費用の四分の一ほど。 「四分の一」 ・・・ それは迫力ないね。 じゃー:10兆円と言いましょう。それも一般庶民の世界と縁のない数字だ。 では: 10兆円は → 10万 億円にある。 つまり: →  10,000,000,000,000 円 医療の品質そのものは一切損なわないで上記の額がもう少し有意義な目的に使われる筈! だが・・・ 当然!!! ・・・ 誰がそれだけ儲かるチャンスがあるから、政府も、医療機関、保険会社などそのような「節約プラン」に興味がない。 興味ないどころか、「医療産業」、「医療消費者(=患者)」、医療ツーリズム、医療機器の輸出・・・人をなるべく病気であること、又病気を恐れる状況を維持するのはBIG!!! ビジネスだ。 可愛そうのは今の子供やこれから現れる子供・・孫・・ あの子達はその負担を担うことにあるから。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

クラウドソーシング

先日仕事探しに東京まで言って “Job Fair” と言ったエベントに参加した。幾つかの会社、大半外資系、が人材を探していることだった。 先ず目をつけたのは「翻訳業務をサポート」する人を探していた会社。どのような仕事かと聞いてみてとても信じられない話を聞かされた: 目指しているのは品質ではなく、何より安さ、とその次速さだけだ。通常の翻訳(和英訳、私の場合技術論文など、では単価が原文の一文字当たり9円前後)より遥かに安い:720文字分には2USD=一文字当たり0.2円 → 通常のレートの50分の一! なのに貰ったパンフレットに(表に): “Would you like to earn money?” そして裏面に: Make Money Get paid for your work via PayPal account. Start translating and earn money now! しかし、どんなに簡単な文章であっても、720文字分=凡そ2ページの翻訳は2-3分で出来ない。早くできたとしても40分を考えて見ましょう。真面目に翻訳するなら1時間の方が妥当な数字。でもとりあえず40分で考えて見ましょう。時給に直してしまえば凡そ330円。神奈川県便りによると神奈川県の正式の「最低賃金」は840円となっている。一日8時間働いて、週五 日、で月給が5万円・・・ これは “earn money” とは言えるだろうか。月に5万円でどうやって生活すればいいのだろうか。 私は翻訳者としてそのような「奴隷制度」をサポートするのは道徳にもとるとしか思わざるを得ない。 そして「翻訳者」は一種の職人だ。まともな翻訳者はそれなりの「職人気質」があるはず。それはこのような制度=ビジネスで踏み潰されてしまう印象だ。 だがお客さんが喜んでいるのなら、日本や他の先進カ国で真剣に仕事をしている職人が全員失業させられ、残ってしまうのは格安=品質の悪い=意味不明な「翻訳???」それでいいのでしょうか。

Posted in translation | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment