Tag Archives: 問題

日本の企業の信用性はどうなっているだろうか

ミヤタサイクル 日本の企業の信用性はどうなっているだろうか 今年の三月(3/7)に地元の小さな自転車屋を通してミヤタサイクルのカタログやHPに販売していると記載されている”Miyata MS” の完成車を一台正式に注文しました。「暫くかかりそうです。9月頃になると言われました」。それ自体が可笑しいですが、一度決めたバイクが欲しかったから、幾分迷惑でありながら長期待つ事を承諾した。 しかし、10月後半になっても何の連絡もなく、電話した所耳を疑うような返答頂きました:納品の目処が立たないし、納品できるかどうか出さえ不明です。その同じ息で注文したようなフレームだけは在庫あると言われました。でしたら、そのフレームにスペックに書かれている部品をつければいいのではないだろうか!それぞれの部品は他社の汎用品で、調達する問題は何処にもないはずです。 宣伝している商品を最初から作る/納品する気がないならば、カタログやHPに「品切れ」や「製造中止」を記載すべきだろう。注文した品物を納品も連絡もせずはどの業界でも非常識であり、お客さんに対して無礼だと思う。 電話の後にミヤタサイクルに次の文章で終わる手紙も郵送した: 如何でしょうか:注文した品物を早急納品するか、適切な代用品を提案する事を要求します。 それを出来なければ、注文をキャンセルし、もう少しまともな会社に他の商品を注文します。 これに対しても何の返事もない!!! 去年アメリカ製の Trek で酷い目にあったから(* 下記のリンクはその時のブルグ記事)、今回信用性のあると思った伝統が長い日本の会社に希望を託した。 又裏切られた!!! 車屋さんで車を注文し、最初の納品予定が伸びてしまえば、ほぼ100%の確率で車屋さんからそれなりの連絡が来るだろう。 ミヤタサイクルの対応は何だろう? それが普通か? それとも私は外国人として何か重大の問題が理解出来ていないのか? Trek bike 関連のブログ記事。 https://nyuwa.wordpress.com/2016/08/30/trek-bikes-quality/ https://nyuwa.wordpress.com/2016/09/19/trek-bikes-quality-2/ https://nyuwa.wordpress.com/2016/10/28/trek-quality-3/ https://nyuwa.wordpress.com/2016/11/22/trek-%e5%93%81%e8%b3%aa%ef%bc%9f/ https://nyuwa.wordpress.com/2016/12/10/trek-bontrager-tlr-wheels-quality/ Advertisements

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

世界鍼灸学会 - またも文句を言わざるを得ない・・・

ご存知の方も多いと思いますが、全世界の鍼灸学会 (WFAS 2016) は11月つくばで開催されます。「全世界」のものであるため開設された website は全部英語で書かれています。 さて、そこに問題あります。 恐らくこの英文は日本語の原稿を基にしてそれなり professional translation agency に依頼され、professional translator に作成させたと想定します(そう信じたい)。 残念ながらこの英文に「和製英語」の濃厚な気配が漂っています。 世界学会を開催するならば、出来れば世界のどこで誰を見ても恥ずかしくない文章を作る事は望ましいのではないでしょうか。 以下に2-3点を指摘してみたいです。   1.Technical Session … Details will be informed soon. → 和製英語で意味が通じません。 2.Head of Vice President → “Vice President” は非常に限局的(アメリカ)、そして分野=ビジネスであれば「何人のグループに使われますが、「普通」ならば一人の人物を指しています。妙な印象を和らげるの最低限は “Presidents” (複数形)にすべきでしょう。 3.If you are a member of JSAM, … Continue reading

Posted in opinion, oriental medicine, translation | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

日本の鍼灸 – 秘密か

私は勉強した頃無論代田文誌の本を読んで勉強した。後に多摩川病院で文誌先生の息子代田文彦先生のお世話になった。 少なくともその当時代田文誌先生を知らない鍼灸師がいなかった。最近時々若い学生が見学来ますが、代田文誌先生を知らない人が増えているようです。残念です! それは兎も角ですが、代田文誌先生の評判は「日本の鍼」の事を僅かでも行われているところで間違いなく届いているが、文誌先生や彼の先生:澤田健先生(小さな一冊しか書いていないので、澤田先生の教えは代田文誌の作品を通してしか知り得ない)のどの作品も私の調べによると英訳(他の言語でも)されていない。 何年昔私の治療院を見学してきたアメリカ人(看護師でアメリカで鍼灸を営んでいる)から直接「お願い」がよせられて来た:「仕事の翻訳の合間に代田文誌の本を英訳して下さい!是非読んでみたいからです。」 それは大変嬉しいと思って、私は取り分け「鍼灸真髄」を提案した。 しかし・・・出版社に何度も声を掛けたが:「著作権の問題で翻訳する許可できない」と断られている。(私はこれで金儲けしようとしない。ボランティアでも結構。私の本の用に電子書籍として出せば、お金はかからない・・・) 代田文誌の優れている作品を是非とも世界に披露すべきだと私は思っている。その内容を何かの理由で「秘密」にする必要性はあるのでしょうか。 今年の春代田先生方の墓参りのさい文彦先生の奥さんが「門下生が代田先生の教えを世の中に広めるべき / してくださるとありがたい。」とも言った。 世の中に日本の鍼灸の良さを見せるために何かの署名運動が必要なのでしょうか・・・・・

Posted in opinion, oriental medicine, translation | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment