Tag Archives: 国民

警察が国民を苛める

先日海外の友達が遊びに来た際、夫妻を箱根の何箇所に案内した。帰る時、芦ノ湖のプリンスホテル付近から出発し、2-300mの所にT-字路に差し掛かった。進行方向に真っ直ぐな道で、左からある程度幅はあったが、誰見ても所謂「脇道」が直進道路に直角にぶつかる所だった。 そこに直進方向に対して一時停止のサインがあったらしいが、私も妻も友達(2人)誰も見なかったし、常識に反する道路の造りでもあった印象が非常に強い。 警察はその脇道に潜んでいて、如何にも「獲物を待っていた」ようだった。数百メートル圏内で見渡す限りもう他の車も歩行者などがなかった。一時停止違反で7000円罰金と反則2点が課せられた。 厳密に言えば違反は違反かも知れないが、状況の道路状態を考慮するならば、そこでハゲタカのように待ち構えていた警察は国民(私は外人だと恐らく見えなかった)を苛めていると思う。海外の友達(長年世界中旅をし続けている人)に言わせると、通常の文明社会にはあり得ない苛めだ。“Welcome to Japan!” としか言いようがないですね。来日して二日目にきっととてもいい印象を受けたでしょう。 どうでもいいような所で金集めの為に暴政的行為が「交通安全」に貢献するとは到底考えられない。何の目的でそのような事をするのかを国民に「説明責任」もないようだ。 一方無作為に特に交通安全を脅かす事無くても人を罰しているのに、一方危険運転される事はそのままにする。多数な例を羅列出来るでしょうが、ここで2-3点のみ。例は葉山警察署の真ん前に毎晩数多くの自転車が通る。その中に大半!の人は後ろにライトを付けないで、黒ポイ服装でしたら、まるで忍者のようになる。大変な危険運転にあたる行為ですが、私はもう30年間ほぼ毎日そこ通っているが、警察はライト無しの自転車を止めたのは見た事ない。私はそういう自転車を追い越しながら「ライトを付けて下さい」を言うと何度も「バカ野郎」と言われた事ある。 上記の切符を貰っと翌日に目の前にパトカーが左折したが、運転した警察官は後ろに振り向て確認していない(自動車学校で習った筈!)。全ての二輪車を乗る人がこれは大変危険だと分かっているはず。私もその為怪我し、二回ほどの手術を受ける必要あった。 東名高速道(有名だ)で夜間、特に雨の時、帰宅途中でほぼ法定速度で走っている乗用車に後ろから20トンのトラックが50cmまで接近してしまう。多数の人は経験したことあると思う。しかし、夜間で雨の中で実際に車が動いている間にパトロールした警察は見た事ない!あの人達は穏やかなお天気で例の待ち伏せ作戦しかやらない。 つまり、本当の危険運転のケースの98%(以上)が見逃されながら、安全面で殆ど何の問題もない庶民と摘発する。矢張り苛めです。 意味があれば、警察がそれを国民に対して(納得できる形で)説明する義務があると私は確信している。                       Advertisements

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

品川区に「トランプ壁」

前にも類似した事を書き込んだ。 高級外車乗りまわしているいる品川区の「道路王」が国民の生活を危険に晒す。 * 因みに、そう思うのは私以外にも大勢いるようです。 写真1:見通しの悪い一車線ずつのカーブの間中に止まる高級のBenz. 自転車で通りながら見ている限りただ携帯を弄っていただけ。 そこの家にに住んでいる人ではない。(写真で見にくい場合→ナンバー:品川 365 ま・5 00) その人はきっと自分の行動を正当化する素敵な理由あるだろう。 写真2:当然上りも下り車に邪魔している。その他ジョギングする人にの障害物にもなる - 左側に通り抜けない。 そういう形で庶民の***皆さん***に迷惑をかけるのは品川ナンバーの高級車が***最悪***だ。 従って、品川区の回りに高さ10mの「トランプ型壁」を作り、そういう馬鹿どもを品川区から絶対出ないようにするのは国民の安全のため最優先策では・・・ 新しい都知事に嘆願書でもだすか・・・

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

外国人は対象外

決して初めてこのような事に遭遇しているわけではないが、「又か」と思わせる! オンラインの朝日新聞(他のメディアにも)「永住外国人は生活保護法の対象外」と言う記事あった: http://www.asahi.com/articles/ASG7L5QCFG7LUTIL049.html それによると: 「国内での永住権を持つ外国人が、日本人と同じように生活保護法の対象となるかどうかが争われた訴訟で、最高裁第二小法廷(千葉勝美裁判長)は18日、「外国人は生活保護法の対象ではなく、受給権もない」とする判断を示した。「保護法の対象となる」とした二審・福岡高裁判決を破棄し、原告側の訴えを退けた。4人の裁判官全員一致の意見。生活保護法は、保護の対象を「国民」と規定。外国人は対象に含まないが、実際には行政の裁量によって外国人も支給の対象としている。この日の判決で受給権は否定されたが、生活保護の実務には影響はないものとみられる。」 そうですね。外国人は「国民」ではない、飽くまでもよそもの。私は22年間ドイツにいたが、いま34年日本にすんでいる。当然税金も納めて、少子化が問題になっている時代に私は4人程の日本国籍を持っている納税者を作って、育てた。 何かのご褒美を貰っても可笑しくない所か、逆に再び差別の対象にされる。 私は「国民」ではないから、現在馬鹿真面目に払っている「国民年金」はどうなるだろう。 こちらも「受給権ない」と最高裁が決めてくださるのだろうか。

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , | Leave a comment

東洋医学の用語集

https://www.towatech.net/research/articles/show/583 用語集作成に関してトーワテックのコラムで助けを求めてきました。 これからどうなるでしょうか。 同僚宛てのメールに以下の生意気な文も書いた: 「急ぐ事は全く必要ありません」。 戦後に伝統的手当てと拷問の区別が出来なかった時点から日本人が幾分努力すれ ばよかったような気がします。 まともな資料があれば、勿論私は翻訳の仕事の際凄く助かりますが、この知的財産(=東洋医学)は「私の」ものでもないし、「私の為」でもありません。 日本人/日本国の為だと生意気な私は考えます。 引用文: ゲティスバーグ演説 “… that this nation, under God, shall have a new birth of freedom — and that government of the people, by the people, for the people, shall not perish … Continue reading

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , | Leave a comment

医療費抑制

先日この題名の新聞記事あった。現時点では医療費が高すぎて、国の社会福祉制度そのものが崩壊しかねない状況だと国民に良く知られている事だ。 ではどうしたらよいのか。 常識が少々ある人間には一目瞭然でしょう。 先ずは無闇に大病院、大学病院、○○超有名や極めて高度な専門技術のある医者に拘らないほうが良い。そのような事は既に20何年昔からずーと言っている。 一般庶民の大体の医療をになう(べき!)のは家庭医。そしてそのような家庭医=主治医だ。どうしても稀な病気に罹り、家庭医が分からないばいに限ってお偉いさんの医者に診てもらえばいいんだ。 家庭医は文字通り一家の人達の日曜生活を通してずーと診ている人。お爺ちゃん、お婆ちゃん、旦那、奥さん、その子供、又は孫まで全部見て、誰が何処で何をしている事を「見るだけ」で把握出来てしまう。高価な検査やハイテックは8割以上の場合には不容だよ! 新聞記事の他に年賀状の一部も添付する。その患者は多数の病院、複数の医者にかかっているが、それぞれの医者はその患者をちょん切った部分しか診ない:肝臓の専門医(内科)は肝臓病、別の内科医は血圧の事を診て、他の病院で更に別の内科医が糖尿病が得意技として診ている。その他精神科、眼科、などにもかかっている。しかしそれぞれの医者はこの患者を下水道パイプを通して除いているようだ。 こちら=鍼灸師として、10年以上付き合って、それぞれの治療は2時間ほどかかる。全ての病院や医者を合わせているより「付き合う時間」が長い!そして医者が行うべき説明=例えば肝臓病に関して血液検査の○○値は結局どういう意味かなどは90%以上私はやって(やらざるを得ない)いるようだ。 この人はちゃんとした家庭医にずーと診てもらえば、国民に掛かる医療費は大幅に節約出来たはず!!! それとも、鍼灸師の仕事は保険でカバーすれば ・・・ 結局私は医者がやるべき仕事の大部分をになったのは間違いないだ。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , | Leave a comment

国民の財産

本が二回目神奈川新聞に紹介された。 先日神奈川新聞の記者が取材に来てくれた。 ドイツ人鍼灸師が葉山町で開業してから既に18年経っている事はこの治療院をちょっとした「老舗」にしてしまうかもしれない。又、このドイツ人鍼灸師が最初から日本語で書いた本を出したのは「ニュース」にする価値があったようだ。 最初は3/19(火)「健康法楽しく指南」と言う題名で主に運動やダイエットの話を表に出された。新聞に出たのは感謝しますが、ダイエットなどは本の趣旨ではない。 そして今日(3/23(土):突然読売新聞(神奈川新聞を配達する)の人が来て、私の事が新聞に出ているから一部を差し上げると言った。取材の時二回も出る話は聞いていなかった。 今日の題名は「正しい姿勢で健康を」のも然程的中ではないが、取材中で本音の話→ 「東洋医学は国民の財産。本来無料であるべきだ」と文章にしてくれた事を心から感謝します。 東洋医学に関して「これは誰々法。誰にも触らせない」などのケチな事は許せないと思う。知的財産でありながら矢張り特許と異なる。そして今風の人間をだめにする格安部分修理=保険診療の泥沼にも引きずれてもらいたくない! 健康の為に使える財源が限られている中で、高齢化してしまう社会において出費が右肩上がりで増えること、国民にいつか気付いてもらえればいいなと希望している。「患者様」がどうしても例の格安(不適格の場合有り)保険診療を求めている内に打開策が恐らく見えてこないでしょう。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , | Leave a comment

消費税 - 医療費

今朝のニュースによると消費税の引き上げが生活の全く困らない人により決まった。 めでたし、めでたし。 増税による増える収入は医療/社会福祉に当てる筈だと聞いた。 元々年々右肩上がりに増える「医療費」=出費に根本的な問題があるように感じる。 医療費は一直線に増える事を裏返すと、国民の健康状態は一定の比率で悪化する事になる。あるいは、それを認めたくないならば、一回一回の「治療」に使うお金をどんどん多くなる。 いずれにしても大問題だろう。 この話題についてすでに複数回発言(つまり昔からのブログで***書いた***)した: http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/54973580.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/54518050.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/55296686.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/6719366.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/55719947.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/60598009.html 等。 どんどん増える医療費を賄うように増税するのも結構だが、国民は余り医者の世話にならないようにしたほうがずーと賢いだと思う。 「転ばぬ先の杖」 東洋医学は正にその精神を貫いているし、東洋医学の「知恵」は無料で配布すべき「国民の知的財産」だと思う。それに関してにも既に書いた: http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/63046030.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/61799185.html 政治家勿論だが、国民もこう言う当たり前の事 = 常識が分からないのは私はどうも理解出来ない・・・

Posted in opinion | Tagged , , , , , , , , , , | Leave a comment