Tag Archives: 安全

品川区に「トランプ壁」

前にも類似した事を書き込んだ。 高級外車乗りまわしているいる品川区の「道路王」が国民の生活を危険に晒す。 * 因みに、そう思うのは私以外にも大勢いるようです。 写真1:見通しの悪い一車線ずつのカーブの間中に止まる高級のBenz. 自転車で通りながら見ている限りただ携帯を弄っていただけ。 そこの家にに住んでいる人ではない。(写真で見にくい場合→ナンバー:品川 365 ま・5 00) その人はきっと自分の行動を正当化する素敵な理由あるだろう。 写真2:当然上りも下り車に邪魔している。その他ジョギングする人にの障害物にもなる - 左側に通り抜けない。 そういう形で庶民の***皆さん***に迷惑をかけるのは品川ナンバーの高級車が***最悪***だ。 従って、品川区の回りに高さ10mの「トランプ型壁」を作り、そういう馬鹿どもを品川区から絶対出ないようにするのは国民の安全のため最優先策では・・・ 新しい都知事に嘆願書でもだすか・・・ Advertisements

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

鍵

最近特に目立って来ました: どこでも何でも鍵掛けてしまう事。 泥棒が入る、何か盗まれるなどの不安のため鍵を掛ける。新築のマンションでしたら暗証番号やパスワードなどがないと建物に入れない。 もしかして何でも鍵を掛けるから泥棒が発生させるのではないかと私は思う。 昔、友達の所に訪れ、彼はいなかったら開いているドアから中に入って、お茶を作って彼の帰宅を待っていた。暫くして帰って来たらよし、帰って来ないならノート残して又今度。 そのような気楽な、人に信頼できる生活はどこへ行ってしまったでしょう。 私はそう思わせるのは青春時代に見つけた森の小さなチャペルだった。そのチャペルが本当は消防車の車庫だった。畑に囲まれている森の真中、6軒の農家で構 成されていた部落の物。まん丸で陽気な神父さんはその車庫を「教会」に変身させた。木株は祭壇、鐘は車庫の前の木からぶら下がって、オルガンはどう見ても 粗大ゴミで拾ったような物だった。だが、その中に入る、20-25人しか入らないスペース、と不思議ほどに癒される気がした。 神父の信念に基づいて「神の家」は常に誰にでも開けておくべきだ、と言った。私も何度真夜の2時のような時間そこ訪れ、そこに味わえる心の平和を感じた。神父さんによると残念ながら「教会」からでさえ物が盗まれる事はあったが,それでも鍵を掛ける気にはなれない。 この森のチャペルの影響で現在でも鍵をかける事余り好きではない(はっきり言って嫌い)。数年前に家を買う前の借家や車にも旅行に出掛ける以外に鍵をかけた事がない。矛盾しているように聞こえるかもしれないが、日頃に**鍵を掛けない事**によって世界はもっと安全な場所になるのではないかと言う気がす る。 どうでしょうか。

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment