Tag Archives: 手当て

手当て - 再び

下記の文を読売新聞の投書した: (念のために関係する文章を最後にコピーした) 拝啓 私はドイツ人鍼灸師、Thomas Blasejewicz と申します。 http://www.einklang.com/ 免許は日本で取得し、約30年間臨床家として働いています。今日は貴社のサイトで 「http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=68166&from=ym 言葉を奪われた青年(3) 「誤診」明かし消えた主治医」 を読ませていただきました。 さて、ここでは鍼治療ならなんでも治せるなどの横柄で馬鹿な事は言いませんが、記事に説明された症例において「手当て」は恐らく患者を幾分救えたに違いありません。以下の文は私のfacebookページからコピーします: 「手当て 最近格好良く「医療」や「医学」と呼ばれているものは一昔前まで「手当て」と言ったものであった。 脈を診て、胸はお腹をぽんぽんと叩いたり、聴診器を当てて、手足を治療者の手で触って診察された。治療もそれこそ手を使って「施された」事が多い。職人技の出番。 今は診察、例えば血圧測定、が機械任せられ、先生はPC画面を睨んで患者を見もしない、そして「治療」は理学療法、鍼灸を含めて、何かの機械をあてる事に限ることが多くなった。 手当てより電気当てへ。 私は昔風の手当ての方がいい!」 まともに仕事するなら世界中の看護婦に聞いても答えは統一:手当ては有益。 そのような「手当て」を受けた患者、世界中何処でも恐らく同じ意見を持ちます。 私は25年ほど前に大病院で働きました。特にがん患者を沢山診ました。 末期がんで苦しんでいる患者、例外なく当時まだいた「お付き添いさん」で撫でられると「楽になる」と訴えました。 間もなく死ぬ人は格好付ける必要もないし、嘘を言っているとも思えません。 当時外科の部長に「手当ての効果」に関して聞きました: 「そんな馬鹿な話あるもんか」と答えました。 それから大分時間が経ち、今風のEBM妄想に惑わされている人達でさえが少々目覚める兆しが見えますが、 貴社のサイトで記載されているストーリは多くの患者が相変わらず医者や医療に苦しめられているのは否定しがたい事実のようです。 よろしくお願いします トーマス鍼灸院 Tel/Fax: 046-876-3077 tom@einklang.com http://www.einklang.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////// Cure sometimes, treat often, comfort always. … Continue reading

Posted in opinion | Tagged , , , , , , | Leave a comment