Tag Archives: 接骨院

鍼灸職人育成場

(上:義理の母さんの家、写真2点) タイトルは兎も角ですが(その辺はまだ考え中)、そのような事をやりたくなった。 その訳は手短に説明する。 数年前当院で治療を受けている人はその治療(雰囲気)の影響で今までの堅い就職を止め、鍼灸師を目指して専門学校へ行くようになった。来年の春に国家試験ある。先日「その後はどうしたら良いかと悩んでいる」と相談に来た。 相談の際何気なく仲間何人を集めて、共同で余りお金の掛からない形で「練習用な治療院」でもやればいいのではないかと言った。現実問題としてどこかの整形外科や接骨院で勤めて「経験を積み重ねる」のは至難の業でしょう。指示通りで動いて、何かの機械のタイマーをセットしたりして・・・そのままでは「鍼灸治療」いつまでも経験しないでしょう。 大先生の弟子になってもいいですが、その場合その先生のスタイル/教えに限定される可能性が高い。 出来れば新米の鍼灸師本人の思うままで治療を試みて欲しい。思う通りには行かなければ、ある程度臨床経験のある人に意見を求められる環境が望ましいと私は思う。言ってみれば昔のドイツの「マイスター制度」のように。どちらかと言えば私は昔多摩川病院で勉強させて貰った時そのような環境だった。 そこで「提案」ある。 2年ほど前に義理のお母さんがなくなった。その家で妻現在週に2-3回程度一人ずつのピアノの生徒を教えている。それ以外あの家は開いている。具体策はまだ練っていないが、本格的な治療院ではないにしても、上記のような「鍼灸職人育成場」は作れるのではないかと思う。 もしそのような所で鍼灸学校卒業直後で自分なり多少の経験(どんな偉い先生も何時か初心者だった!)を積み重ねるチャンスを求める者がいれば、一度話し合いましょう。   家を貸して金儲ける事は考えていない!でもその家の維持するために掛かる経費(家を使っても使わなくても掛かる!)の足しになると嬉しい。 連絡先:私のHP: http://www.einklang.com にメールアドレスや電話番号書いてあります。 (家の写真は後で探す)   Advertisements

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

挨拶 - 日本の伝統・・・

以前にもこれについて書いた: 日本は「挨拶の大国」だと来日する前に呼んで、来日してからこちらで色々な所で「聞かされ/仕込まれた」。しかし、その伝統は過去30年の間凄く薄れたような気がする。 別に私は個人的に「挨拶されたい」という訳ではないが、現在葉山町にある治療院類の店の中で私の治療院が尤古いものの一つ。私は昔の同僚に「お前開業する際、周りの同業者の挨拶周りしろ!」と指導された。これは日本のやりかたー日本の伝統的な仕来り。 開業の際、当然当時葉山町にあった治療院を全部回り(1ヵ所で来るなと言われた!)、ついでに整形外科などの医院にも挨拶してきた。 それ以来葉山町に鍼灸院、接骨院などの店は多数出来たが、私は開業してからの20年に一度も「同業者のご挨拶」なかった。 現在の自宅に引越しした際にも(当然)近所のご挨拶に回りました。「引越しそば」ではないが、粗品を持っていった。その後家の直ぐ近くに奥さんが日本人、旦那さんが外国の人が引越ししてきた。ちゃんと近所のご挨拶に来てくれた。新しく引越ししてきた日本人は挨拶して来なかった。 以前の風早商店会会長も言った:外国人が近所に引越ししてくると挨拶に来るが、日本人は来ない。それは戦後の「外来文化の悪い影響」だ。修正し、まともの形に戻すのは50年掛かるだろう。」ごもっともと言いようがない。 無論、自動車を乗って狭いところで相手が通るように道を開けると「昔」相手のほうからちゃんと挨拶があった。今日現在それは半分のケースのみでしょう。あったとしても相手は王様が民に手を振ってような仕草。気持ち悪い。 もしかして今日日本の文化に興味を持って来日した外国人しか「日本人らしく」振舞わないかもしれない。他は横文字と西洋文化かぶれてしまい、正体が明らかでない国のビジネスマン振る舞いに落ちるつつあるような気がする。 こんな事を言ってしまうと又怒られるだろう・・・

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , | 1 Comment

保健取り扱いの「真相」に迫る

これは人種差別でないにしても「業種差別」はあると思う。 どうしてか??? 簡単に説明しましょう。 「保険適応」- 鍼灸の場合では全部6病能にしか保険は使えない。 接骨・整体などならば整形外科と同様無数の病能=殆ど何でも保険は使える。 (看板にほぼ確実に「各種保険取り扱う」とかいてある) 個人の意見ですが、整体師(免許制度がないため国家資格なし)や柔道整復師は 鍼灸師より百倍も勉強して、頭が優れているとは思えない・・・ 「保険料+診察料」 - まともな鍼灸治療は1-1.5時間かかるので、この地域の相場は約4000円/治療だ。しかし保険会社はそう考えない:一回の治療は1530円ぐらい。 3割負担で患者が約500円払い、保険会社は1000を払う。 仮に左膝が痛い場合、左膝***だけ***治療することになる。 それは「一部位」と名乗っている。 もし右ひざも痛いならば・・それは別の部位ですから、別料金になる。 左膝に例えば鍼やマッサージすれば、それは「一術」となる。 お灸や他の治療法を利用すれば、・・それは「二術」だから当然別料金だ。 「相談」の「保険適応」は知らないが、配偶者の心配事があれば・・「一相談」になるのかな。もし孫の心配事があれば、それはまた別料金になるだろう・・・ 上記の「まともな鍼灸治療」は当然のように体全体を対象し、その上に「相談」やお話することは当たり前のことだ。 「私は只今小指を動かしたから13円をよこせ」のようなけちなことは言わない。 左記の「6病能」の中にリューマチも含まれている。これを例として: * 鍼灸治療を保険で受けたいならば、先ず医者に言って診断書(許可)を貰わなければならない。 それを貰って鍼治療を受けたら、毎月その治療の明細書を町役場に提出しなければならない。昔私はリューマチの患者のためにそれを役場に持っていったが、役場の人に怒られた:それは患者本人が持ってくるべきだと。(リューマチの患者にとってかなりの負担!) 三ヶ月治療を受けたら、もう一度医者から「延長」の許可を貰わなければならない。 鍼治療の保険は最長6ヶ月しか使わない。 リューマチは治らない病気だと誰でも知っている。 ではリューマチの患者は6ヶ月後一週間間を置いて再度診断書を貰えば・・・ そうはいかない。一端6ヶ月鍼治療を保険で受けたら、5年間(!!!)同じ病名では保険使えない! 保険を使う意味が全くない! そういう問題は接骨院に起きない。 私は馬鹿だから厚生省などの人たちに決められたこの素晴らしいシステムがどれほど優れものかが理解出来ない。 上記の保険診療は - 以前何度も同じことを書いた - 商売のため医療従事者が患者を修理工場で部品交換されるような形で流れ作業を処理させてしまう。そして一回の治療では少量のお金しかもらえないから、患者を治そうと思っていない。思ってはならない!兎に角通わせる。 「習うより慣れろ」 に因んで 「治そうより通わせる」 これで国全体が自分自身の首を絞めているのは小学生でも分かる筈だ。 このままでは国が滅びてしまうことをそろそろ理解してもらわないと困ると思う。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment