Tag Archives: 日本

日本の企業の信用性はどうなっているだろうか

ミヤタサイクル 日本の企業の信用性はどうなっているだろうか 今年の三月(3/7)に地元の小さな自転車屋を通してミヤタサイクルのカタログやHPに販売していると記載されている”Miyata MS” の完成車を一台正式に注文しました。「暫くかかりそうです。9月頃になると言われました」。それ自体が可笑しいですが、一度決めたバイクが欲しかったから、幾分迷惑でありながら長期待つ事を承諾した。 しかし、10月後半になっても何の連絡もなく、電話した所耳を疑うような返答頂きました:納品の目処が立たないし、納品できるかどうか出さえ不明です。その同じ息で注文したようなフレームだけは在庫あると言われました。でしたら、そのフレームにスペックに書かれている部品をつければいいのではないだろうか!それぞれの部品は他社の汎用品で、調達する問題は何処にもないはずです。 宣伝している商品を最初から作る/納品する気がないならば、カタログやHPに「品切れ」や「製造中止」を記載すべきだろう。注文した品物を納品も連絡もせずはどの業界でも非常識であり、お客さんに対して無礼だと思う。 電話の後にミヤタサイクルに次の文章で終わる手紙も郵送した: 如何でしょうか:注文した品物を早急納品するか、適切な代用品を提案する事を要求します。 それを出来なければ、注文をキャンセルし、もう少しまともな会社に他の商品を注文します。 これに対しても何の返事もない!!! 去年アメリカ製の Trek で酷い目にあったから(* 下記のリンクはその時のブルグ記事)、今回信用性のあると思った伝統が長い日本の会社に希望を託した。 又裏切られた!!! 車屋さんで車を注文し、最初の納品予定が伸びてしまえば、ほぼ100%の確率で車屋さんからそれなりの連絡が来るだろう。 ミヤタサイクルの対応は何だろう? それが普通か? それとも私は外国人として何か重大の問題が理解出来ていないのか? Trek bike 関連のブログ記事。 https://nyuwa.wordpress.com/2016/08/30/trek-bikes-quality/ https://nyuwa.wordpress.com/2016/09/19/trek-bikes-quality-2/ https://nyuwa.wordpress.com/2016/10/28/trek-quality-3/ https://nyuwa.wordpress.com/2016/11/22/trek-%e5%93%81%e8%b3%aa%ef%bc%9f/ https://nyuwa.wordpress.com/2016/12/10/trek-bontrager-tlr-wheels-quality/ Advertisements

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

私の電子書籍(英語)の広報宣伝

電子書籍: “Acupuncture: The easy way – or the hard way” Good afternoon 恐らく2年ほど前にここで自分の「電子書籍」を紹介させたと思います。それは「日本の鍼灸」に関する個人的の意見です。本格的な参考書でもないし、ましてや「教科書」類にはとても及びません。しかし、私は個人的日本の鍼灸(スタイル)が全世界の殆どの人/人種に大変役に立てるのみならず、所謂「本物の」中国鍼灸より遥かに優しいものですので、多くの人に喜ばれると確信しています。(私は鍼灸師として頻繁に自分にも鍼をしますが、「中国風」の治療を受ける事は先ず志願しません!) 最終的それぞれの人は自分で判断しなければならないでしょう。(日本で「日本の鍼灸」の実態を研究しているオーストラリア人は、この小さな電子書籍が大変参考になったと言ってくれました。) この電子書籍は飽くまでも個人の意見ですが、幾分の参考資料もあり、そしてそれなりの数の写真も入っています。もしかしてそのような参考資料と写真を使って外国人の患者が来院する際役に立てるかもしれません。 Amazon Kindle 版として2014年1月27日出版したが、下記のサイトから複数のフォーマット、で提供されています: “Acupuncture: The easy way – or the hard way” https://www.smashwords.com/books/view/420707 残念ながら私の本上記のサイトで全く売れません。そこで(それもまた馬鹿の事でしょう)自分のHPに無料で提供することにしています。ただし、読み終わった段階で何らかの形で役に立ったと思いましたら、幾分の「寄付金」を頂けましたら感謝します!市販は5USDですので、3-400円程度でよいでしょう。シェアウェアのように。もしそのような気持ちありましたら、私のPayPal account: thomas@s7.dion.ne.jp を使えば「便利」かもしれません。 HPは http://www.einklang.com/Books.htm   Thank you.

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

町づくりと東洋医学

葉山町役場に「町民の意見」を募集する箱を置いてある。町長や町議会に伝えたい事あれば=意見、 そこに投函する事出来る。 先日大分前から考えた「意見」を表明した。お返事は期待していなが・・・ zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz - 町づくりと東洋医学 - 題名の繋がりは通常連想されるものではないでしょう。 しかし、東洋医学は二千年余りの間に蓄積された東洋の知恵の宝庫でもあり、日本では過去千五百年の間国民の健康維持に貢献して来ました。そして一般人は勘違いする傾向があります:東洋「医学」と名づけられているものは「医学(あくまで現代用語)」に関するものだと思われるでしょう。 東洋医学は東洋全体の思想や概念の一部であり、この地域の出来事、統治、生活、指導(現代風:教育)などに合った知恵で人々の暮らしを助けようとするものです。 町づくりとの関係は、「町」も絶えず変化する一種の生態系だと考えれば見えてくるでしょう。 そのような立場から現在この町に28年住んでいる私はこの町=生態系が大いに病んでいると思います。小生は日本人が自分の素晴らしい文化、歴史、伝統をもう少し大切にし、何世紀の間に築きあげられた知恵を町づくりに応用される事を心から願っています。 無論、私は無知な南蛮人に過ぎませんので、日本の遺産の良さを伝えたり、薦めたりするのは日本人が適任でしょう。本来私は論ずるものでもありませんが、「医」の意味を僅かに触れたいと思います。医→つまり医者/医療に関して「説文解字」(世界初の漢字字典)にある:「医は病を治す工である」が大好きな定義です。医は経験と知恵を利用している職人技です。 又、「医」に携わる人なら、現代では通常「先生」と呼ばれます。通常日本語では「先に生まれた」のような見方されることは多いでしょうが、個人的に「先に生きる」と考えています。先生はそれについている「生徒」に対して模範を示す者だと信じたい。 その職業のランクについて広辞苑が次の文章を掲載しています:「上医は国を医(いや)す[国語晋語八] ;優れた医者は国の疾病である戦乱や弊風を治め除くもので、個人の病気を治すのはその次であるということ。」正に医は町づくりに関わるべき者と示唆しています。 「上医」を理解するには「中医」と「下医」と比較する必要あります: 「上医は国を医し、中医は人を医し、下医は病を医す」とあります。あるいは: • 上医は、いまだ病まざる病を医し、 • 中医は、病まんと欲するの病を医し、 • 下医は、すでに病める病を医す。 今まで出会った人の内上記のお話が殆ど何方も知らない事何時もとても不思議に思います。 是非、この町の「健康=町づくり」を優れている先生(⇒先に生きる→模範を示す存在)に指導(⇒町の「手をとって」進むべき道を一寸程でも案内=導く)して頂けましたら多くの人にとって有益であることを信じます。 以上飽くまでも小生の個人的な意見です。 トーマス鍼灸院 Thomas Blasejewicz

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

お願い - 日本の良さを案内してください

又、見学希望者います。 本人は出来れば静かで綺麗な田舎(!)で経絡治療を少々観察したいそうです。 → 邪気が満ちている大都会の嫌いな私から見れば、この希望を見た時思わずBRAVO!!! (万歳!)と思いました。 是非とも何方がこの方に「日本のいい所」を見せて下さい。 「いいところ」 ・・ 綺麗な景色、心の温まる人付き合い、日本の独特な文化 (→大都会は世界中のどれも同じです)。 そして - 日本の優れている治療技術/概念。 相手はオーストラリア人男性。予定:来年の3月か4月ごろ。 希望見学期間1-2週間。全部同じ所でなくてもいいです。 一人で来日します。現在日本語は出来ないそうです。 マッサージ師として17年間の臨床経験あり、現在鍼灸学生2年生です。 * 英語出来なければ、そんなに心配する必要はないと思います。お互い臨床家ですので、言葉が達者でなくても通じでしょう。英語を使いたがる学生や社会人も大勢いるので、少々そちらの手を借りてもよいでしょう。 私は何かお手伝い出来れば、最善を尽くします。 私の今までの経験によると、このような「厄介な」見学者を受け入れる治療者も必ず何か得します。 是非何方が力を貸して、この方に日本の良さを見せて下されば嬉しい。

Posted in foreign studies, opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Foreign “studies”

ここでは”Foreign studies”は「外国で留学する」のではなく、日本の鍼灸を「外国人見学希望者を受け入れ話」になります。 自分のHPにある古い英文(外国人向け「発信」)を少し brush up をしました。 これを見て又日本で日本の鍼灸を見学したい人が現れるかもしれません。 日本の良さを世界に見せるチャンスです。(と私は勝手にそう思い込んでいます) 最後に外国人に覚えて貰えたら便利だと思っているフレーズは幾つかあります。 付き足した方がいいものあれば、是非とも教えて下さい。 I edited the old portions and added some new elements on a certain web page on my website. This is intended for foreigner interested in observing Japanese acupuncture and moxibustion … Continue reading

Posted in foreign studies, opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Not home any longer …

来日してから凡そ33年。元々「日本の文化」を憧れて来た。 来日して間もない当時知り合ったばかりの若者2-3人私が住んでいる所に来た。その時は「色々な物が溜まって」いる状態の前でした。つまり、小さい家には 廃材で作った「机」及び「椅子」一着あった。電話やテレビはなかった。エアコンは無論なかった。知り合いは夏に来た。庭(南向き)の窓全て開けて少々暑かったが、爽やかな風を入れて、座布団を用意し、そして喉が渇いていた(自転車で来た)知り合いに抹茶を入れた。 知り合いの反応は:ここは日本じゃないみたい。 そうでしょうか。 どうも最近の日本は私を昔魅了した「日本らしさ」急速に失いつつあるような気がする。来日した頃から既に憧れた日本は消え掛かっていたでしょうが、その傾 向は近年嫌になるほど加速しているようだ。今年久しぶりドイツに帰った時飛行機から見た向こうの町はそれなりの「町並み」を示す。日本に帰った時、特に日 本人である妻は日本には「町並み」が見えなくて「ぐちゃぐちゃ」のみの事で逆カルチャーショックを受けたようだ。 この葉山町もそうです。本来小さい漁村であったのに、御用邸が出来たお蔭で今は「高級リゾート地」になってしまった。時代の流れによって、あいている土地に次々とマ ンションや住宅が建てられる。(子供の遊び場は要らない。それよりも駐車場が大事!)土地が開いていなければ、容赦なく木が伐採され、山が整地される。 しかも建てられてくる建物は日本にあった一定のスタイルや品格が全くない。どこの時代や文化圏である事でさえ分からない:古代ギリシャの神殿のような物の 隣に西部劇のロケから盗んだ物。真っ黒、窓もない真四角の気味が悪い建築物もそれに並ぶ。マンションはコンクリート、スティールやガラスで出来ているスタ イル不問の箱。周りの環境との関係は「関係ない」。しかもこれが「建造物」は上から見ればいかにも「無秩序」に並べられれている。 私は山や緑に囲まれた小さい町は気に入ってた、故郷のように感じた。だが今はこの故郷はもう金最優先の思考に基づく「時代の流れ」に飲み込まれた。私には”It does not feel like home any more.” と感じる。 100年も前の田中正造が環境問題の関連で次の事を言った: 「世界人類の多くは、今や機械文明というものに噛み殺される。真の文明は山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」 いかにも!!!そのように健全思考の日本人は絶滅したのでしょうか。

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , | Leave a comment

人間関係

数年前に一回ドイツに帰った時、お兄さんの奥さんに「何でお話する際自分の家族の者を「名前」ではなく、「人間関係」を表現する呼び方するの でしょうか。」と聞かれた。そこまで自分で全く気がつかなかったが、家族の話をすると「長男」や「三男」などの表現を使っていた。日本では極当たり前です が、ドイツではそれぞれの人の名前を使うので、ドイツ人として大変違和感を覚えたようだ。 私は36年近く日本にいる間自分にも気が付かなかった内に日本的な思考パターンを身に付けたようだ。

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment