Tag Archives:

私の電子書籍(英語)の広報宣伝

電子書籍: “Acupuncture: The easy way – or the hard way” Good afternoon 恐らく2年ほど前にここで自分の「電子書籍」を紹介させたと思います。それは「日本の鍼灸」に関する個人的の意見です。本格的な参考書でもないし、ましてや「教科書」類にはとても及びません。しかし、私は個人的日本の鍼灸(スタイル)が全世界の殆どの人/人種に大変役に立てるのみならず、所謂「本物の」中国鍼灸より遥かに優しいものですので、多くの人に喜ばれると確信しています。(私は鍼灸師として頻繁に自分にも鍼をしますが、「中国風」の治療を受ける事は先ず志願しません!) 最終的それぞれの人は自分で判断しなければならないでしょう。(日本で「日本の鍼灸」の実態を研究しているオーストラリア人は、この小さな電子書籍が大変参考になったと言ってくれました。) この電子書籍は飽くまでも個人の意見ですが、幾分の参考資料もあり、そしてそれなりの数の写真も入っています。もしかしてそのような参考資料と写真を使って外国人の患者が来院する際役に立てるかもしれません。 Amazon Kindle 版として2014年1月27日出版したが、下記のサイトから複数のフォーマット、で提供されています: “Acupuncture: The easy way – or the hard way” https://www.smashwords.com/books/view/420707 残念ながら私の本上記のサイトで全く売れません。そこで(それもまた馬鹿の事でしょう)自分のHPに無料で提供することにしています。ただし、読み終わった段階で何らかの形で役に立ったと思いましたら、幾分の「寄付金」を頂けましたら感謝します!市販は5USDですので、3-400円程度でよいでしょう。シェアウェアのように。もしそのような気持ちありましたら、私のPayPal account: thomas@s7.dion.ne.jp を使えば「便利」かもしれません。 HPは http://www.einklang.com/Books.htm   Thank you. Advertisements

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

トーマス鍼灸院に関するメディアの記事

http://www.einklang.com/Library/ 先日治療院のHPの「資料館」にある古いものを整理しようとしたところでメディアに報道された記事 のリストが出てきた。自分でもその長さにびっくりした! • 医道の日本/1996、No.620: 座談会: 日本で活躍する外国人鍼灸師が語る • 医療費の節約(オピニオン)、神奈川新聞 • 東洋医学、2000、4月号、pp96/97: トーマス鍼灸院 • The  Shonan Post, 2000, #005: Thomas’  Acupuncture Clinic Celebrates Fifth Anniversary • 逗子葉山秋谷新聞、8月号:「地域の匠」シリーズで • 葉山芸術祭 • 逗子葉山秋谷新聞、3月号:「読者の意見」シリーズで • はまかぜ 2002/2/15:「羽ばたくひと」コーナーで紹介 • 2001/4/30 /講演: 自分の手でできる治療 • 2002/2/10  逗子葉山秋谷新聞、「読者の声」:葉山はコン山へ • 葉山芸術祭、2002/4/29 /講演: 自分の手でできる治療 • 2002年9月TBSテレビに出演 • 2003年2月2日TVKテレビに出演 • … Continue reading

Posted in opinion, oriental medicine, translation | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

日本の鍼灸 – 秘密か

私は勉強した頃無論代田文誌の本を読んで勉強した。後に多摩川病院で文誌先生の息子代田文彦先生のお世話になった。 少なくともその当時代田文誌先生を知らない鍼灸師がいなかった。最近時々若い学生が見学来ますが、代田文誌先生を知らない人が増えているようです。残念です! それは兎も角ですが、代田文誌先生の評判は「日本の鍼」の事を僅かでも行われているところで間違いなく届いているが、文誌先生や彼の先生:澤田健先生(小さな一冊しか書いていないので、澤田先生の教えは代田文誌の作品を通してしか知り得ない)のどの作品も私の調べによると英訳(他の言語でも)されていない。 何年昔私の治療院を見学してきたアメリカ人(看護師でアメリカで鍼灸を営んでいる)から直接「お願い」がよせられて来た:「仕事の翻訳の合間に代田文誌の本を英訳して下さい!是非読んでみたいからです。」 それは大変嬉しいと思って、私は取り分け「鍼灸真髄」を提案した。 しかし・・・出版社に何度も声を掛けたが:「著作権の問題で翻訳する許可できない」と断られている。(私はこれで金儲けしようとしない。ボランティアでも結構。私の本の用に電子書籍として出せば、お金はかからない・・・) 代田文誌の優れている作品を是非とも世界に披露すべきだと私は思っている。その内容を何かの理由で「秘密」にする必要性はあるのでしょうか。 今年の春代田先生方の墓参りのさい文彦先生の奥さんが「門下生が代田先生の教えを世の中に広めるべき / してくださるとありがたい。」とも言った。 世の中に日本の鍼灸の良さを見せるために何かの署名運動が必要なのでしょうか・・・・・

Posted in opinion, oriental medicine, translation | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Kindle

先日どこかで記事・レポートをよんだ:日本における Kindle 類の電子書籍の市場規模は海外に比べて極端に小さい。売られている端末も、市販されているタイトルの数も少ないし、出版社にも読者にも然程興味を持たないそうです。 二週間前に、長~い時間を掛けて電子書籍のフォーマットと格闘した末やっと私の「自伝」:鍼灸界の異端者を Kindle Store にアップロードした: http://www.amazon.co.jp/%E9%8D%BC%E7%81%B8%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%95%B0%E7%AB%AF%E8%80%85-ebook/dp/B00C8T1ZNW/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1365679216&sr=8-1&keywords=%E9%8D%BC%E7%81%B8%E7%95%8C 残念ながら2週間にも出ているにも拘らず、一部も売れていない! 私のような「異端者」の見方が日本の良さの再確認に繋がるかもしれない。 (今朝の読売新聞の記事あるように:東大が「異端児」を求めている・・・ http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20130316-OYT8T00619.htm ) 是非とも見て欲しい。

Posted in opinion | Tagged , , , , , , , | Leave a comment