Tag Archives: 東洋医学

町づくりと東洋医学

葉山町役場に「町民の意見」を募集する箱を置いてある。町長や町議会に伝えたい事あれば=意見、 そこに投函する事出来る。 先日大分前から考えた「意見」を表明した。お返事は期待していなが・・・ zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz - 町づくりと東洋医学 - 題名の繋がりは通常連想されるものではないでしょう。 しかし、東洋医学は二千年余りの間に蓄積された東洋の知恵の宝庫でもあり、日本では過去千五百年の間国民の健康維持に貢献して来ました。そして一般人は勘違いする傾向があります:東洋「医学」と名づけられているものは「医学(あくまで現代用語)」に関するものだと思われるでしょう。 東洋医学は東洋全体の思想や概念の一部であり、この地域の出来事、統治、生活、指導(現代風:教育)などに合った知恵で人々の暮らしを助けようとするものです。 町づくりとの関係は、「町」も絶えず変化する一種の生態系だと考えれば見えてくるでしょう。 そのような立場から現在この町に28年住んでいる私はこの町=生態系が大いに病んでいると思います。小生は日本人が自分の素晴らしい文化、歴史、伝統をもう少し大切にし、何世紀の間に築きあげられた知恵を町づくりに応用される事を心から願っています。 無論、私は無知な南蛮人に過ぎませんので、日本の遺産の良さを伝えたり、薦めたりするのは日本人が適任でしょう。本来私は論ずるものでもありませんが、「医」の意味を僅かに触れたいと思います。医→つまり医者/医療に関して「説文解字」(世界初の漢字字典)にある:「医は病を治す工である」が大好きな定義です。医は経験と知恵を利用している職人技です。 又、「医」に携わる人なら、現代では通常「先生」と呼ばれます。通常日本語では「先に生まれた」のような見方されることは多いでしょうが、個人的に「先に生きる」と考えています。先生はそれについている「生徒」に対して模範を示す者だと信じたい。 その職業のランクについて広辞苑が次の文章を掲載しています:「上医は国を医(いや)す[国語晋語八] ;優れた医者は国の疾病である戦乱や弊風を治め除くもので、個人の病気を治すのはその次であるということ。」正に医は町づくりに関わるべき者と示唆しています。 「上医」を理解するには「中医」と「下医」と比較する必要あります: 「上医は国を医し、中医は人を医し、下医は病を医す」とあります。あるいは: • 上医は、いまだ病まざる病を医し、 • 中医は、病まんと欲するの病を医し、 • 下医は、すでに病める病を医す。 今まで出会った人の内上記のお話が殆ど何方も知らない事何時もとても不思議に思います。 是非、この町の「健康=町づくり」を優れている先生(⇒先に生きる→模範を示す存在)に指導(⇒町の「手をとって」進むべき道を一寸程でも案内=導く)して頂けましたら多くの人にとって有益であることを信じます。 以上飽くまでも小生の個人的な意見です。 トーマス鍼灸院 Thomas Blasejewicz Advertisements

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

メニューなし治療院

時代の流れでしょう。ほぼ全ての治療院/医院は何かの「メニュー」を使っています:治療時間はコース次第5分や10分単位で、それに伴う治療費もまた細かく区切られています。場合によって5円単位。 基本の治療に○○治療手段が追加すれば、あるいは治療時間が通常より何分延長するならばXXX円追加料金が加算されます。 それはきっと「普通」の営業方法に違いありません。 しかし、私は個人的どうしてもそれに賛同出来ません。 来院する者は「病」に「患って」いる「人」=患者です。 その人は部品の集まりではありません:左膝に症状あれば左膝のみに治療するのは修理工場のようです。筋骨の問題でなければ、更に別の工場に訪れる必要あります。それぞれの工場では取り扱う「部品」は「診ます」が、「人」=患者を見失われる危険性あります。 東洋医学は本来「人」を診るものです。 医術に関わる者は「病」に「患って」いる「人」を診るべきです。それは東洋医学だけではなく、西洋医学の父と言われる古代ギリシャのヒポクラテスも同じ事を言いました。伝統医療の職人として私はそれを信じて「メニューなし治療院」を営んでいるつもりです。 可能であれば、患者を「病」から解放に必要な治療手段を全部施し、治療時間の制限も特に設けていません。治療には必要な手段を全部使い、全身を診るため必要な時間をかけます。追加料金は過去30年間に請求したことありません。 この治療方針はこれからも変える意思ありません。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

鍼灸と本屋 - スポンサーが必要

馬鹿な私は「商売」と全く理解も出来ないし、治療者としてすべきではないと信じている。 そこで今日(2014/10/19)の読売新聞に載った本と本屋の色々なお話を読んで下記思いが湧いて来た。 来院する患者の多くに、治療中色々なお話をしている内に、その患者にとって役に立つではないかの本を「紹介」する事が頻繁にある。 そして定期的患者に治療院にある本を貸してしまう。(時々帰って来ない事もある・・・) 私個人的も大昔から本屋が大好きだ。無論本を読む事も。 家も治療院も本で溢れて、しまいきれない状態になっている。 しかし、「本屋」と言うイメージが少々異なる。 日本で私は今まで見た本屋はどうも冷たい雰囲気の「販売現場」だ。 ドイツでは(特に小さな町で小さな本屋)そう言う単純な販売現場だけではない。 地域の人々が気楽に顔を合わせる社交現場でもあり、その中に音楽が流れ、気楽にお茶を飲める所もあり、 場合によって、小規模なイベントも行われる。 今日の読売新聞に”減る書店「町に必要」”と言ったヘッドラインを見て: 私もそう思う直感した。 これで小さな夢が生まれた: 鍼灸院を経営しながら、それに付属な「本屋」が出来ればいいなともう。 主にビニールに閉じ込められた新書ではなく、大体私は読んだ、或いは少なくとも目が通した本 を並べ、それぞれの本についてお話が出来、来店客が購入する気になった場合注文する。 こちらの専門としている東洋医学や健康な話題を中心して、話題のある物をディスカッシンの題材できるもの、 大きな画面で電子書籍を閲覧したりして、 蝋燭を灯している無垢の木で出来ている小さなテーブルを囲み、お茶を飲みながらそれぞれの本の話をして・・・ 私はやってみたい! 残念ながら私は現在そのような事出来ない。 スポンサーがいればいいですが・・・ どこか空いている(出来れば和式)な家(空いている家はどんどん増えているようなことも新聞に書いてあった)があれば・・・ そのような夢が只今生まれたばかりで、何年掛けて実現に向けて努力してみたい。 鍼灸,本屋,スポンサー,商売,社交現場,音楽,お茶,専門,東洋医学,健康

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

自伝

この「自伝」(偉そうに)もやっとアマゾン以外のサイト→ Smashwords.com にアップロードした: https://www.smashwords.com/books/view/434933 まだ美調節中ですが、そこに複数のフォーマットが提供されるので、どのような装置でも読めると思う。上手く行けば ePub format も出るので、iPad / iPhone でも読める。 異端者として色々と変わった事を言っているので、是非と一読していただきたい。 (アマゾンに出した版より細かい所も幾つかを直した。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

用語集の作成に関して

「世にしたがへば身くるし。またしたがはねば狂へるに似たり。」(方丈記) 少なくとも過去10年以上翻訳作業中に出会って、調べた用語を試行錯誤しながら複数の形で「メモ書き」のつもりでテキストファイル、ワープロファイルや表計算ソフトで記録した。 今何年も表計算ソフトで作業を進めている。今初めて知人、学会、出版社等に声を掛けてご協力を求めた。 声を掛けている人はほぼ例外なく首傾げて「これは難しい」と答えている。決して簡単だと思っていないが、難しいから最初から挑戦しない事私は余り腑に落ちない。 説明のために専用のページを造った: http://www.einklang.com/glossary.htm そして提案や意見などのために専用のメールアドレス: words@einklang.com 是非とも見てください。

Posted in oriental medicine, translation | Tagged , , , , , , | Leave a comment

反中プロパガンダ

中国の「反日プロパガンダ」に対する発言 先ず:私は政治全く分からないからここで論じる事を遠慮します。私より遥か賢い全世界の人々に任せます。 しかし・・・私は中国(人)の東洋医学、特に私の専門職になる鍼灸、に関する取り組みが気に入りません。 中国(人)自身は年中嘘を付く事を立証しています。中国の偽物=海賊(!)版はいかにも世界中に有名。未だ中国は世界の中心であって、周りの人々は皇帝=中央政府の奴隷になる価値しかないと信じているようです。 先日私はちょっとした英文を書き: “Acupuncture: The easy way – or the hard way” by Thomas Blasejewicz (Amazon Kindle 版又は私から直接PDFファイルとして) その中現在「伝統中国医学」(traditional Chinese medicine=TCM) が伝統的のものではなく、1960年代毛沢東の支持によって「歴史が書き直され、東洋医学をプロパガンダツール」として練られました。治療者なら大体知っているが、治療を受ける者はしりません。よって、TCMを「伝統的」なものとして売り出すのは良くても「偽り有り」、それともはっきりした詐欺になります。 ただし、中国人は全世界で煩く宣伝するのは日本人より遥かに「上手い」(=煩い)から、世界の人々はその偽りを信じてしまいます。 私はその嘘を信じません! 私は日本の鍼が中国の鍼より世界の人々に適してるのも確信しています! それはあくまでも***個人の意見***です。 理論上(!)言論の自由がある内私の意見をはっきり表現させて頂きます。 秘密保護法のお蔭でそれは時間の問題でしょうか・・・

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

医療の意味を問う

先日読売新聞に面白い記事があった「精神科治療で薬剤依存症」 それによると精神科の専門外来に受診される患者の84%が処方されている薬に対して依存症になるか、薬を乱用する。本当ならば、なる程ね。本来患者は自分の病気を「治して貰う」ため病院に行く神話が「正式に」怪しくなる。 私の治療院に受診する患者の内精神科にかかる者もそれなりにいる。どのような治療を受けているかを聞くと:100%、例外なく → 薬を処方して貰った。では、私は精神科を専門的勉強していないが、個人的今まで読んだ本の中で精神科領域で使われる「治療法」の数とバライエティに驚かされた。それらの治療法は実際使われていないのか?日本だけ?それとも、手間と時間を掛ける治療法では十分儲からないから、兎に角儲かる方法=処方を何より優先にしたいのか。(医-ビジネスとしてちゃんと筋が通る) 似た事は整形外科領域にも言えるでしょう。 且つで自分が医者であったから、病院では病気を「治して貰う」所ではない事良く知っていた代田文彦先生の本:”もう「大病院」には頼らない - 東洋医学であっけないほど「痛み」を癒す”にもそのような事を大分前に書いてあった。その一冊は主に比較的対象しやすい痛みの事と取り上げているが、その他の病気も公で認められているより東洋医学的の治療(狭義では鍼灸、漢方)で時間を掛けて治ると私も思う。 この「時間」は要だ。 古き良き職人技を落ち着いた状態で発揮できる力は流れ作業で数十秒で処方される薬を勝ると私は個人的信じたい。 欠点は ・・・ 金儲けにならない。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , | Leave a comment