Tag Archives: 治療院

往診 ・・・

開業している鍼灸師なら何方でも時々往診するでしょう。 しかし、 先日お電話頂いて、相手の母親が「肺の病気を患っている」から***お灸****の先生を探しているとの事。どんな病気かと問い直た所で肺気腫と肺癌と言われた。どちらも治らない病気だと説明した所で、それが承知していると言われたが、往診してくれるかと聞かれた。私は一人で仕事しているから往診は先ず治療院に来れない人に限らせ、そして昼休み、夜や休日(緊急以外)しか出来ないと応えたが、取りあえず住まいは何処かと聞いたら、頂いた返事にびっくりした:東京。 東京に私より遥か優れている先生が大勢いるし、先ず近くの先生を頼むべきですので、此方の出番はないはずと説明した。 しかし、近くに***お灸****してくれるの先生を探していたが、いずれも「お灸はやらない」と断られたから、ネットで検索すると「代田文彦」先生の本に出会い、代田先生に頼もうと思ったが、先生は既になくなったから、「弟子」を探したそうです。それで私の名前が出たそうだ。(私も検索してみたが、そのような繋がりは何処にも見つからない!) 代田先生は「弟子」を取らなかったが、代田先生の教えに沿って治療を施す者ならば、現在東京で開業している多摩川病院の先輩が適切だと薦め、何人分のリストを患者の送信した。最終的結局私にお願いしたいとの事になった。 代田文誌の本にも所々で出てくる:数時間汽車(当時は未だ「電車」がなかった)を乗って往診しに行き、患者の傍にいながら治療し、その家で泊り込み、そして患者を救った。私は文誌先生に全く及ばないでしょうが、大先生も患者のためにそのような長旅を惜しまないなら、私のような下っ端の三流職人は「文句」を言う資格なかろう。 しかし、患者の自宅付近に本当にお灸してくれる鍼灸師が(殆ど)いないようでしたら・・・実に情けないお話になる。伝統的な素晴らしい鍼灸診療を金儲けのため肩凝りや腰痛患者に鍼を刺し、十分電気を掛け「チン」と言う流れ作業に置き換えたのでしょうか。もし本当にそうであれば(私は何処にも出かけない田舎者ですので、都会の事情は全く知らない)、がっかりだし、とても悲しい! Advertisements

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

挨拶 ・・・再び

以前もご挨拶に関する愚痴を溢した・・・ https://nyuwa.wordpress.com/2014/12/06/%E6%8C%A8%E6%8B%B6%E3%80%80-%E3%80%80%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB/ そして先日こちら頼みもしないのに定期的ポストに入った整骨院向けの「新聞」があった。どうやって「儲かる治療院」を開業すればよいかと言う特集が載った。 あれこれ細かい「アドバイス」=どうやって患者=客からお金を引っ張り出すの他に添付した写真のような「開業の流れ」もあった。 赤い枠が私付けた。 つまり、挨拶回りは開業の一環であると見られる。 私一人で戯言言うのではないようだ。 しかし、上記のリンク先の記事でも書いたように:私は開業してから20年経っているが、その間周りに多数(!!!)の治療院が開設されているのに、 一度も「挨拶回り」に来た人がいない!

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

何年昔いつか「治療院を経営する」と言った勉強会に出席した事ある。 そのなか色々と興味深いお話しはあったが、この際思い出しているのは「ドーナツ現象」。つまり、新しく治療院が開設されたら当然その看板や新聞広告しかないので、必然的近所の人しか来ない。暫く経つと治療院中心に半径10km程度の「地元」の人が来院する。 しかし、何年経ってしまうと、「評判」が広がるせいか、段々と遠く離れた所から人が来るようになった。それはために一人であれば問題ないが、遠く離れた所から患者がくるけれども、地元は来なくなると、まるでドーナツの穴のような形になる。それは正に「ドーナツ現象」と言い、治療院の存続が危機的状況にある事を示しているらしい。 以前全国版の雑誌(週刊朝日)に出た後青森や九州から患者が来た。暮れに初めて海外(ドイツ)から患者が来た。先日専門学校の生徒が「体験治療」(鍼灸師会と専門学校の間の取り決め)に来た:香川から! そんな遠い所から色々な人が来ると矢張り治療院の存続は危ないかな・・・

Link | Posted on by | Tagged , , , , , , | Leave a comment

挨拶 - 日本の伝統・・・

以前にもこれについて書いた: 日本は「挨拶の大国」だと来日する前に呼んで、来日してからこちらで色々な所で「聞かされ/仕込まれた」。しかし、その伝統は過去30年の間凄く薄れたような気がする。 別に私は個人的に「挨拶されたい」という訳ではないが、現在葉山町にある治療院類の店の中で私の治療院が尤古いものの一つ。私は昔の同僚に「お前開業する際、周りの同業者の挨拶周りしろ!」と指導された。これは日本のやりかたー日本の伝統的な仕来り。 開業の際、当然当時葉山町にあった治療院を全部回り(1ヵ所で来るなと言われた!)、ついでに整形外科などの医院にも挨拶してきた。 それ以来葉山町に鍼灸院、接骨院などの店は多数出来たが、私は開業してからの20年に一度も「同業者のご挨拶」なかった。 現在の自宅に引越しした際にも(当然)近所のご挨拶に回りました。「引越しそば」ではないが、粗品を持っていった。その後家の直ぐ近くに奥さんが日本人、旦那さんが外国の人が引越ししてきた。ちゃんと近所のご挨拶に来てくれた。新しく引越ししてきた日本人は挨拶して来なかった。 以前の風早商店会会長も言った:外国人が近所に引越ししてくると挨拶に来るが、日本人は来ない。それは戦後の「外来文化の悪い影響」だ。修正し、まともの形に戻すのは50年掛かるだろう。」ごもっともと言いようがない。 無論、自動車を乗って狭いところで相手が通るように道を開けると「昔」相手のほうからちゃんと挨拶があった。今日現在それは半分のケースのみでしょう。あったとしても相手は王様が民に手を振ってような仕草。気持ち悪い。 もしかして今日日本の文化に興味を持って来日した外国人しか「日本人らしく」振舞わないかもしれない。他は横文字と西洋文化かぶれてしまい、正体が明らかでない国のビジネスマン振る舞いに落ちるつつあるような気がする。 こんな事を言ってしまうと又怒られるだろう・・・

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , | 1 Comment