Tag Archives: 治療

私の電子書籍(英語)の広報宣伝

電子書籍: “Acupuncture: The easy way – or the hard way” Good afternoon 恐らく2年ほど前にここで自分の「電子書籍」を紹介させたと思います。それは「日本の鍼灸」に関する個人的の意見です。本格的な参考書でもないし、ましてや「教科書」類にはとても及びません。しかし、私は個人的日本の鍼灸(スタイル)が全世界の殆どの人/人種に大変役に立てるのみならず、所謂「本物の」中国鍼灸より遥かに優しいものですので、多くの人に喜ばれると確信しています。(私は鍼灸師として頻繁に自分にも鍼をしますが、「中国風」の治療を受ける事は先ず志願しません!) 最終的それぞれの人は自分で判断しなければならないでしょう。(日本で「日本の鍼灸」の実態を研究しているオーストラリア人は、この小さな電子書籍が大変参考になったと言ってくれました。) この電子書籍は飽くまでも個人の意見ですが、幾分の参考資料もあり、そしてそれなりの数の写真も入っています。もしかしてそのような参考資料と写真を使って外国人の患者が来院する際役に立てるかもしれません。 Amazon Kindle 版として2014年1月27日出版したが、下記のサイトから複数のフォーマット、で提供されています: “Acupuncture: The easy way – or the hard way” https://www.smashwords.com/books/view/420707 残念ながら私の本上記のサイトで全く売れません。そこで(それもまた馬鹿の事でしょう)自分のHPに無料で提供することにしています。ただし、読み終わった段階で何らかの形で役に立ったと思いましたら、幾分の「寄付金」を頂けましたら感謝します!市販は5USDですので、3-400円程度でよいでしょう。シェアウェアのように。もしそのような気持ちありましたら、私のPayPal account: thomas@s7.dion.ne.jp を使えば「便利」かもしれません。 HPは http://www.einklang.com/Books.htm   Thank you. Advertisements

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

勅命を受けるべきか

先日義理のお母さんのカバンを少し整理して(いらないもの沢山入っている)最中ある名刺が出てきた。どうやってそれを手に入れたかが全く分からないが、それはここで余り関係ない。 「関係あり」のはその主張:添付の画像を見て下さい。 たった一回の治療で難病でも先天性疾患も改善するそうです。 その驚異的な治療(者)能力に無言で脱帽するしかありません。 いかにも私はどれほど馬鹿(そう言った病気治せないから)だと一目瞭然で汗顔に至ります! この方が勅命を受けて全国 - や全世界 - の医療従事者の指導をさせるべきでしょう。 かな・・・

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

営業と(私の)時代遅れ

「営業」・・・ 誰でもどこでも遣ります。特に最近流行りの「集客」は渡し個人的賛同出来ない概念です。前にもこの事を少々触れた。 今回「文句」を言いたいのは先日新聞とともに入ってきたチラシの事だ。無論、冷静に考えると「お前ただ羨ましいだけじゃないのか」と言われても仕方がないかもしれない。 チラシの発行者を弁護するにはこれが鍼灸関する広告ではないことだ。それにしても・・・ 例のチラシから幾つかの言葉を拾い集めて見ると、少なくとも私の感覚では、テレビショッピング(「30分以内にお電話下さい」類)の印象を受ける: 「お知らせ | 一人でも多くの方私達の治療の良さを伝える | 初回治療費85%OFFの機会を作りました | 限定○○名様 | 3回で1ミリも変化しない・・・全額返金 | ・・・そのため失礼な言動をされる方、一般常識のない方・・・はご遠慮下さい。| チラシの有効期限○○まで」 このようなものは治療者に相応しいかどうかに関してそれぞれの先生方は何かの考えあるでしょうが、私はどうしても良いと思えない。 言うまでもないだろうが、該当の治療院は凄い流行っている。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , , | Leave a comment

Timeless – priceless

最近目にした治療に関する広告は例外なく何かの時間を指定して、そしてそれに相当する料金を記述する。例えば40分は6000円だ。使われる時間の単位は 通常「分」である。しかし、患者は果たして自分の悩みを「何分」で打ち明けることが出来るのか、または治療者は果たしてその何分以内患者を「診る」事出来るのか。 手間味噌だろうが、私はそのような能力はない代わり、治療は終わるまで掛かる時間を指定しない。悩みの多い患者の場合治療時間当然長くなる。それに対し て何かのケチも付けない。そういう意味では私の治療は “timeless” (時間で計り知れない)であるからこそ “priceless” (お金で買えないほど非常に貴重)でもあるかもしれない。 現在実際の状況は異なっても、且つで日本の医療に強い影響を及ぼしたドイツで昔「外来診療」を “Sprechstunde” と言った。直訳では「話す時間」です。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

私は灸式な人間

無論この表現は「旧式」と書くべきでしょうが、お灸が好きな私にとって旧式なお灸を嫌う現代社会に於いて同じ事でしょう。 外人の癖お灸が好きだ何て可笑しいじゃないか、と思う人はきっと少なくない。だがお灸は長—-い歴史を通して民間療法として大変良い成績を残してき た。つい最近まで(つまり前世紀の初め頃)患者、というよりもお灸をしたい人といえば良いしょうが、治療院に行って「灸点を降ろしてもらう」ことはお灸と言う民間療法の基本形だった。その後患者は自宅で自分の手でお灸を施した。医者の数もそれほどいなかったし、医療そのものは現在のレベルにまだ達していな かった。 しかし、お灸と言う数千年間の実績を持つ民間療法のお蔭で大勢の人は救われた。既に出来ていた病気を治療したり、未だ病気になっていないもの予防(「未病治」と言う故事がある)や国民の健康維持に大いなる貢献をした。 代替医学では数千年も前から「予防はなにより」という考えが西洋医学分野で忘れかけていた概念として最近再びの広がってきた。(現代医学に基く医療は高すぎて「国民的なよい医療制度が維持出来ない事を考えていれば「当然」の結論でしょう。)通常の体制は:人が病気になるまで待って、それから一所懸命極めて高価の治療を施し、患者をなるべく長く頻繁に***通わせる***のは「医産業の基本だ。余り賢い考え方ではないような気がする。 私は大変旧式な職業を営んでいるものですので、体調が不良の状態に傾いてしまい、あるいは特に問題がなくても予防のため自分にお灸する。もしかしたらそ れは「健康増進法」に寄り添っているかもしれない。歯医者に行くと朝晩に10~15分を掛けて丁寧に歯磨きしないと歯が皆腐ってしまう事が常識とよく言わ れる。それに比べて健康維持と予防のため一日一回足の三里にお灸するのは5分で終わる。 是非ともお灸という「体の手入れ」を再び普及する事を見たい。「お灸教室」はもう10年から提供していたが、2回した利用されなかった。 寂しいものですね・・・ http://www.einklang.com/Japanese/Teach%20Moxa.htm

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

信念って・・・馬鹿!

今は何かの「季節」か? 今数日以内にテレビ局、或いはテレビ局の為に番組を制作する会社3件から電話がありました。 3件目はつい先に。取材に来て、そして「ソーシャルネットワーク」で口コミはどう広む、「集客」に繋がり、「お客さんを獲得・・・」などなどの話だった。 取材に来て下さるのは大変結構ですが、昔から私のHPに「私は集客しません」と書いてあります。信念の問題。 つまり、「治療院」で「仕事」をする「治療者」 - それぞれの言葉は理想論で捉えたい私は馬鹿だ - がお客さんを集めるべきでもないし、そのお客さんを「リピーター」にすべきでもない。来院するのは「患者」=「患う」+「者」。病に患っている人を(出来る限り)助けるの治療者の使命。治るものを治して。「来させる」のは第一の戦略ではないぞ! そのような(馬鹿な)信念に基づいているような仕事を全面的、下心なしで、前に出すなら取材に来ても構わない・・・ と相手に伝えると:「それでは又今度の機会にします」と相手が興味を失い、電話を切る。 (そう言った類の「取材」は過去に何度も断った) 信念って・・・矢張りこの世に合わない、凄く馬鹿な事のようだ。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , | Leave a comment

「葉山ぎゅう」

これは食事の事 = 「葉山牛」ではなく、 私独自、葉山ならでは = 「葉山灸」の事を言いたい。 ご存知の方がそれなりにいると思うが、知らない人もいるでしょう: → 「隔物灸」 = 温灸 の事。 温灸ような艾は荒いから均等的に燃えませんので、大きめの塊を生姜やニンニクの輪切りに載せて燃やす手法である。艾が底辺の近くまで燃え、台を通して熱が伝わり、患者が熱いと訴えたら、燃える艾を台と一緒にずらす。 この「台」として従来に使われる生姜やニンニクの輪切りの代わりに、葉山の海岸で好きなだけ拾える貝殻を使う。再利用の出来るし、生ものではないので、台をずらす際手がべたべたしない。 → 「葉山灸」 = 葉山ぎゅう

Posted in oriental medicine | Tagged , , , , , | Leave a comment