Tag Archives: 町民

Hayama Life – 異国人の異見

今年の4月から招かれ、葉山の「まちづくり協会」の理事にもなり、協会のHP運営を担当する事になりました。私のような何も分からない異国人はこの葉山町の状態や政策に関して口を挟むべきではないでしょうが、まちづくり協会の理事として町づくりに貢献すると期待されている上で矢張り一度意見(異見)の一部を述べさせていただきます。 現時点でこの町に27-28年程住んでいるから、自分は何となく「地元」の者と認識しています。仕事柄で物事を生物、取り分け人間の体+精神、に例える癖ありますので、葉山町も一体の生物として捉えたいと思います。 結論は先に言いますと、この町=体の健康状態は余り宜しくありません。 文章はPDFファイルやワープロファイルとして掲載したが、写真などは私のHPに乗せ、より見やすいと思います。その場所に十数年昔の記事も2-3個あります。もし興味ありましたら見て下さい。 http://www.einklang.com/Library/Hayama.htm#Hayama%20Life     Advertisements

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

金持ち - The Rich

(a little English text follows below the Japanese) 「お前はただ羨ましいじゃないのか」と言われても仕方ないでしょう。 しかし、金持ちの身勝手の振る舞いは頭にくるのは間違いない。(どうやらそれは私一人でもないようだ) 手短に例をあげましょう。 写真は最近住まいの近くに出来た金持ちの「家 → 要塞の方が相応しい」、恐らく「別荘」。目れば分かるだが、家の周りに窓(裏にでっかい1-2個ある)がない。灰色のコンクリートのみ。玄関は刑務所波の鉄格子。その辺全自動の殺人レーザー「防犯」システム(近寄るの容赦なく撃ち殺される)が設置してあっても驚かないだろう。 以下に「我々はお前たち(=町民)と違うから、お前らと交際しないぞ!」と言っているみたい。 人影はまだあまり見えないが、2-3回超高級の外車(当然品川ナンバー → https://nyuwa.wordpress.com/2015/07/20/%E5%93%81%E5%B7%9D%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC/ 参照) こう言う人たちは大人しく「品川金持ち動物園」にいて、お互いに威張りあって、一般庶民のに迷惑を掛けるのはいい加減にやめて欲しい! zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz If somebody comes to the conclusion that I am just jealous … I probably could not return anything. But … You can almost hear … Continue reading

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , | Leave a comment

防災対策 - 3 → 実例

  度々申し訳ない。この話題について読んでいる人は飽きたでしょう。 あと一つだけ。近所の素敵な実例をお見せしましょう。 1) 前回の記述や写真に写されている場所から150mほど(しか!)離れた所。数年前斜面が既に崩れてきた。広範囲ではないにしても、そのまま放置されているので、今安定していて何の心配もないのも考えにくい。 町(パイロンに書いてある)の「対策」: 「落石注意」の看板を立てた。それで安心でしょう。 2) 同じ道路沿いではないが、矢張り直ぐ近所。 そちらも矢張り斜面が既に崩れてきた。ここは何方が「対策」を施したか知りませんが、一端崩れた斜面にブルーシートを掛けて、時間に連れて更にぼろぼろと崩れ続けている土砂埋ったり、敗れたりした。これも凄く効果的な対策で、町民を安心させるでしょう。

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

防災対策 - 2

先日一度葉山町の「防災対策」について書いた。ブログでお話しを公開したことをを葉山町の防災課、町長と近藤だいすけと言う議員に知らせた。後者は具体的な住所はどこかと返信してくれた以外に何の反応もない。矢張り災害が起きてしまえば全国のニュースになり、宣伝効果はでると思われているかもしれない。 私はあのところ凡そ14年間住んでいる。今まで「何となく山が段々=非常にゆっくりですが、確実押し寄せてくる」印象あった。 しかし最近問題の町道の端に毎日のように新しく落ちてきた砂が体積し、車のタイヤーで押しつぶされている。毎日の変化=以前と比べて(山の感覚!)物凄い勢いになってきた。それで大雨が降れば、もしかして丁度その時にちょっとした地震があれば・・・ その結果がもう見えている。 それでも町が何もしない? 町の回答は「該当する箇所で町道と隣接の山は正確に「測量」されていないため、何もできない。測量(大金が掛かるそうです)は付近の住民を依頼し、負担しなければならない。」 それは可笑しいでしょう。住民が負傷/死亡する危険に晒されているのに、その危険を起こす者(山の持ち主)の代わりに負担する???どういう世界でしょう。 町は要らない下水道に何百億円にも使う一方で危険場所で測量でさえ出来ない? 今日は朝日新聞と神奈川新聞にもそのような内容のメールを送った。 そのような事は「(ローカル)ニュース」の価値あるでしょう。 それとも矢張り災害が起きてからニュースの価値が高いでしょうか。 添付した写真: #3 / #2 「斜面」が抉られもう穴が開いている。 #1 #3,2 から落ち続けて、下に堆積している砂/泥 + タイヤー痕 #4 ついでに、道の舗装にも穴が開いている。全ての車は底に嵌り、雨水恐らくその下で空洞を作っているだろう。

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , | Leave a comment