Tag Archives: 知恵

町づくりと東洋医学

葉山町役場に「町民の意見」を募集する箱を置いてある。町長や町議会に伝えたい事あれば=意見、 そこに投函する事出来る。 先日大分前から考えた「意見」を表明した。お返事は期待していなが・・・ zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz - 町づくりと東洋医学 - 題名の繋がりは通常連想されるものではないでしょう。 しかし、東洋医学は二千年余りの間に蓄積された東洋の知恵の宝庫でもあり、日本では過去千五百年の間国民の健康維持に貢献して来ました。そして一般人は勘違いする傾向があります:東洋「医学」と名づけられているものは「医学(あくまで現代用語)」に関するものだと思われるでしょう。 東洋医学は東洋全体の思想や概念の一部であり、この地域の出来事、統治、生活、指導(現代風:教育)などに合った知恵で人々の暮らしを助けようとするものです。 町づくりとの関係は、「町」も絶えず変化する一種の生態系だと考えれば見えてくるでしょう。 そのような立場から現在この町に28年住んでいる私はこの町=生態系が大いに病んでいると思います。小生は日本人が自分の素晴らしい文化、歴史、伝統をもう少し大切にし、何世紀の間に築きあげられた知恵を町づくりに応用される事を心から願っています。 無論、私は無知な南蛮人に過ぎませんので、日本の遺産の良さを伝えたり、薦めたりするのは日本人が適任でしょう。本来私は論ずるものでもありませんが、「医」の意味を僅かに触れたいと思います。医→つまり医者/医療に関して「説文解字」(世界初の漢字字典)にある:「医は病を治す工である」が大好きな定義です。医は経験と知恵を利用している職人技です。 又、「医」に携わる人なら、現代では通常「先生」と呼ばれます。通常日本語では「先に生まれた」のような見方されることは多いでしょうが、個人的に「先に生きる」と考えています。先生はそれについている「生徒」に対して模範を示す者だと信じたい。 その職業のランクについて広辞苑が次の文章を掲載しています:「上医は国を医(いや)す[国語晋語八] ;優れた医者は国の疾病である戦乱や弊風を治め除くもので、個人の病気を治すのはその次であるということ。」正に医は町づくりに関わるべき者と示唆しています。 「上医」を理解するには「中医」と「下医」と比較する必要あります: 「上医は国を医し、中医は人を医し、下医は病を医す」とあります。あるいは: • 上医は、いまだ病まざる病を医し、 • 中医は、病まんと欲するの病を医し、 • 下医は、すでに病める病を医す。 今まで出会った人の内上記のお話が殆ど何方も知らない事何時もとても不思議に思います。 是非、この町の「健康=町づくり」を優れている先生(⇒先に生きる→模範を示す存在)に指導(⇒町の「手をとって」進むべき道を一寸程でも案内=導く)して頂けましたら多くの人にとって有益であることを信じます。 以上飽くまでも小生の個人的な意見です。 トーマス鍼灸院 Thomas Blasejewicz Advertisements

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

国民の財産

本が二回目神奈川新聞に紹介された。 先日神奈川新聞の記者が取材に来てくれた。 ドイツ人鍼灸師が葉山町で開業してから既に18年経っている事はこの治療院をちょっとした「老舗」にしてしまうかもしれない。又、このドイツ人鍼灸師が最初から日本語で書いた本を出したのは「ニュース」にする価値があったようだ。 最初は3/19(火)「健康法楽しく指南」と言う題名で主に運動やダイエットの話を表に出された。新聞に出たのは感謝しますが、ダイエットなどは本の趣旨ではない。 そして今日(3/23(土):突然読売新聞(神奈川新聞を配達する)の人が来て、私の事が新聞に出ているから一部を差し上げると言った。取材の時二回も出る話は聞いていなかった。 今日の題名は「正しい姿勢で健康を」のも然程的中ではないが、取材中で本音の話→ 「東洋医学は国民の財産。本来無料であるべきだ」と文章にしてくれた事を心から感謝します。 東洋医学に関して「これは誰々法。誰にも触らせない」などのケチな事は許せないと思う。知的財産でありながら矢張り特許と異なる。そして今風の人間をだめにする格安部分修理=保険診療の泥沼にも引きずれてもらいたくない! 健康の為に使える財源が限られている中で、高齢化してしまう社会において出費が右肩上がりで増えること、国民にいつか気付いてもらえればいいなと希望している。「患者様」がどうしても例の格安(不適格の場合有り)保険診療を求めている内に打開策が恐らく見えてこないでしょう。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , | Leave a comment

消費税 - 医療費

今朝のニュースによると消費税の引き上げが生活の全く困らない人により決まった。 めでたし、めでたし。 増税による増える収入は医療/社会福祉に当てる筈だと聞いた。 元々年々右肩上がりに増える「医療費」=出費に根本的な問題があるように感じる。 医療費は一直線に増える事を裏返すと、国民の健康状態は一定の比率で悪化する事になる。あるいは、それを認めたくないならば、一回一回の「治療」に使うお金をどんどん多くなる。 いずれにしても大問題だろう。 この話題についてすでに複数回発言(つまり昔からのブログで***書いた***)した: http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/54973580.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/54518050.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/55296686.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/6719366.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/55719947.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/60598009.html 等。 どんどん増える医療費を賄うように増税するのも結構だが、国民は余り医者の世話にならないようにしたほうがずーと賢いだと思う。 「転ばぬ先の杖」 東洋医学は正にその精神を貫いているし、東洋医学の「知恵」は無料で配布すべき「国民の知的財産」だと思う。それに関してにも既に書いた: http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/63046030.html http://blogs.yahoo.co.jp/thoacu/61799185.html 政治家勿論だが、国民もこう言う当たり前の事 = 常識が分からないのは私はどうも理解出来ない・・・

Posted in opinion | Tagged , , , , , , , , , , | Leave a comment

将来の見通し - give and take

昨夜新聞の夕刊に添付写真で示している記事があった。日本国、つまり日本の経済は下り坂で将来(2050年あたり)ではもう先進国とはいえなくなるとの話だ。 経済的はそのような「運命」辿るかもしれない。私は政治と一緒経済の事が全く分からない。 しかし、日本の良さ、可能性は「商品」のみならず、技術、伝統的な知恵などにあると思う。鍼灸の世界ではもう20年余り前に日本の鍼灸界に進めている:日本の情報、技術、アイディアなどを横文字にして世界に披露すべきだ! 今まで余り効果が無かった。どちらかと言うと「お前煩いぞ」との対応が大半であった。 でも - 私は学者じゃないから細かい事は論じられない - 日本は長い歴史の間世界中から様々な技術、情報、知恵、思考を吸収して来た。今は日本から世界に現在欠けている、ない考え方を***提供***すべき時期だと信じ***たい***。 大体誰でも知っている言葉でしょう:”give and take” しかし、辞書でこれを【1】譲り合う ・Every good relationship involves give and take. いい関係というものはすべて、ギブアンドテイクを伴う。【2】意見を交換すると訳されている。 「譲り合う」のも結構だが、大事なポイントを見落としている: 語順! 与える、分けてあげるのが先、貰う、取るのが後だ。 私の感覚では日本は今まで大半の場合取り続けて来た。 今は分け与える時代にして下さい。

Posted in opinion | Tagged , , , , | Leave a comment