Tag Archives: 知的財産

口コミサイトと自己決定権

口コミサイトの契約を解約したが、登院の掲載が続く。これに関して次のような発展になった。 1) 私はサポートに連絡し、登院の掲載を削除を頼んだ。 2) サポートから(部分的)以下の返事が返って着ました: エキテンでは、会員の解約を行われた際、ご閉店以外の店舗様において、一般掲載として、店舗名や住所、電話番号など基本的な情報のみ掲載を残させていただいております。 大変恐縮ではございますが、掲載削除を希望されるご事情がございましたらお伺いできますでしょうか。 エキテンでは、一般消費者の方が必要とする情報をより多く発信し消費者と店舗様のマッチングをさせたいとの思いから、一般に公開されている情報をもとに情報発信を行っております。 得られるべき情報が制限されることなく正しく消費者へお届けすることで地域の活性化に貢献したいと考えております。 3) これに対してこう答えた: 私は「治療者」です。自分の「治療院」で「患者」(客ではない!)を「診て」(ギョロギョロ見るではない!)「治療」します。 貴サイトはそれらの言葉を理解できない理由で「禁止語句」にしています。 私は貴サイトが指定している言葉遣いが差別的だと思い、貴サイトの「利用条件」は同意しないから、解約した。 貴サイトにそのまま当院の情報が記載され続けていれば、見る人は当然私はその利用条件を同意していると思うのが当たり前でしょうが、それが事実と異なります。当院として迷惑です。 そして、貴サイト経由のお客さんも: 洒落たサロンでリラクセーション風のケアのデラックスプレミアムコースを求める人になる可能性が高い。 そのような人は来院すると患者の診察や治療の迷惑になる可能性ありますから、上記のような「リラクセーションサロンでケア」して貰えば宜しいでしょう。   貴サイトの「利用条件」は同意しない私は当然貴サイトの利用権利がありません。 では私の同意がないのに貴サイトは当院の情報の正当な利用権利あるでしょうか。   「エキテンでは、一般消費者の方が必要とする情報をより多く発信し・・・」とは書いてありますが、その「一般消費者」 – 繰り返しますが、当院で治療する人は「患者」 – は日本語出来ない者でしょうか。「治療院」と「医院」、や「治療」と「ケア」の区別が出来ないですか。 サポートから再度連絡来て(部分的): 無料店舗会員登録時にご同意いただきました利用規約第 24 条に下記を定めております。 =================== ▼利用規約第 24 条(本契約終了後における店舗会員情報の利用) 契約終了後においても、店舗会員の情報をインターネットユーザーに対して 提供する等、当社の事業の範囲において本規約等の定めに従い引き続き利用等 することができるものとします。 =================== この第24条は読んでいなかった事がこちらのミスでしょう。読む人はいるでしょうか。 そのため当院の情報=「知的財産」が海賊のように奪ってしまったようです。 鍼灸師としてこのような形で「自己決定権」奪われるのは嬉しくない。 「宣伝」のためにそのような価値あるかのことも疑問に思う・・・ 失敗した! Advertisements

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment

知的財産?

先日歯磨きで有名な企業「サンスター」の研究員が治療院に来た。 どうやらネット検索でドイツの先生 (Gleditsch 先生、元々歯医者/耳鼻科の先生ですが、大分昔から鍼もしている。面識はないが、昔幾分の文通あったと思う)が耳は足の裏に全身の臓器/機能が反映され、それらしくの「ツボ」あると発見/発表した。それを見てサンスターの人は私に「ツボってなんでしょうか、そのようなものは所謂「オラルケーア」に使えるでしょうか」のような質問をした。 お茶を入れて一時間半程お喋り→知的財産を披露した。 子供たちや患者に「何かお金などのお礼でも貰ったか」と聞かれた。 私の頭にそのような発想は最初かれ全く(!)なかった。和菓子のお饅頭6個一箱頂いた。 それも又私は如何にも馬鹿だと証明しているようだ。 その発想の延長線に:もしサンスターが(画期的な)新製品を出し、大儲けするならば、先生(私の事)何か貰えるかと患者に聞かれた。 それも又考えもしなかった。 アドバイスを受け、そのような出来事を公開する形で記録するためここで私の戯言を書き込む。 例のオラルケーアに口腔ないにある歯と歯茎に向かうのみならず、口腔の粘膜に刺激をしたり、歯茎を擦ったり、歯間ブラシを使ったりのほか、温めたり、擦るより、ロールする形の刺激をつかう、粘膜に動脈や神経が入るような、解剖学的な特異的な所に刺激をする…などを提案した。無論鍼灸師の立場から、顔面の外側からの刺激を忘れずも触れた。 そのような関連でn新商品が出ましたら、「私の知的財産」は幾分関与していると思いたい。 それで少々お小遣い稼げたら嬉しいが・・・

Posted in oriental medicine, Scoop.it, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

東洋医学の用語集

https://www.towatech.net/research/articles/show/583 用語集作成に関してトーワテックのコラムで助けを求めてきました。 これからどうなるでしょうか。 同僚宛てのメールに以下の生意気な文も書いた: 「急ぐ事は全く必要ありません」。 戦後に伝統的手当てと拷問の区別が出来なかった時点から日本人が幾分努力すれ ばよかったような気がします。 まともな資料があれば、勿論私は翻訳の仕事の際凄く助かりますが、この知的財産(=東洋医学)は「私の」ものでもないし、「私の為」でもありません。 日本人/日本国の為だと生意気な私は考えます。 引用文: ゲティスバーグ演説 “… that this nation, under God, shall have a new birth of freedom — and that government of the people, by the people, for the people, shall not perish … Continue reading

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , | Leave a comment