Tag Archives: 経験

鍼灸職人育成場

(上:義理の母さんの家、写真2点) タイトルは兎も角ですが(その辺はまだ考え中)、そのような事をやりたくなった。 その訳は手短に説明する。 数年前当院で治療を受けている人はその治療(雰囲気)の影響で今までの堅い就職を止め、鍼灸師を目指して専門学校へ行くようになった。来年の春に国家試験ある。先日「その後はどうしたら良いかと悩んでいる」と相談に来た。 相談の際何気なく仲間何人を集めて、共同で余りお金の掛からない形で「練習用な治療院」でもやればいいのではないかと言った。現実問題としてどこかの整形外科や接骨院で勤めて「経験を積み重ねる」のは至難の業でしょう。指示通りで動いて、何かの機械のタイマーをセットしたりして・・・そのままでは「鍼灸治療」いつまでも経験しないでしょう。 大先生の弟子になってもいいですが、その場合その先生のスタイル/教えに限定される可能性が高い。 出来れば新米の鍼灸師本人の思うままで治療を試みて欲しい。思う通りには行かなければ、ある程度臨床経験のある人に意見を求められる環境が望ましいと私は思う。言ってみれば昔のドイツの「マイスター制度」のように。どちらかと言えば私は昔多摩川病院で勉強させて貰った時そのような環境だった。 そこで「提案」ある。 2年ほど前に義理のお母さんがなくなった。その家で妻現在週に2-3回程度一人ずつのピアノの生徒を教えている。それ以外あの家は開いている。具体策はまだ練っていないが、本格的な治療院ではないにしても、上記のような「鍼灸職人育成場」は作れるのではないかと思う。 もしそのような所で鍼灸学校卒業直後で自分なり多少の経験(どんな偉い先生も何時か初心者だった!)を積み重ねるチャンスを求める者がいれば、一度話し合いましょう。   家を貸して金儲ける事は考えていない!でもその家の維持するために掛かる経費(家を使っても使わなくても掛かる!)の足しになると嬉しい。 連絡先:私のHP: http://www.einklang.com にメールアドレスや電話番号書いてあります。 (家の写真は後で探す)   Advertisements

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

お願い - 日本の良さを案内してください

又、見学希望者います。 本人は出来れば静かで綺麗な田舎(!)で経絡治療を少々観察したいそうです。 → 邪気が満ちている大都会の嫌いな私から見れば、この希望を見た時思わずBRAVO!!! (万歳!)と思いました。 是非とも何方がこの方に「日本のいい所」を見せて下さい。 「いいところ」 ・・ 綺麗な景色、心の温まる人付き合い、日本の独特な文化 (→大都会は世界中のどれも同じです)。 そして - 日本の優れている治療技術/概念。 相手はオーストラリア人男性。予定:来年の3月か4月ごろ。 希望見学期間1-2週間。全部同じ所でなくてもいいです。 一人で来日します。現在日本語は出来ないそうです。 マッサージ師として17年間の臨床経験あり、現在鍼灸学生2年生です。 * 英語出来なければ、そんなに心配する必要はないと思います。お互い臨床家ですので、言葉が達者でなくても通じでしょう。英語を使いたがる学生や社会人も大勢いるので、少々そちらの手を借りてもよいでしょう。 私は何かお手伝い出来れば、最善を尽くします。 私の今までの経験によると、このような「厄介な」見学者を受け入れる治療者も必ず何か得します。 是非何方が力を貸して、この方に日本の良さを見せて下されば嬉しい。

Posted in foreign studies, opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment

お灸はご褒美

最近色々と忙しかったが久しぶり又例の「雑誌」に一言を書かせて貰った。以前も何度も言ったが、私は外人の癖に「灸式人間」 (旧式でもある)ですから、何か具合が悪くなると先ずお灸を据える。初めて自分にお灸を据えた際それはただただ熱かった。どこに面白いかが全く分からなかった。 しかし、今頃は患者に据える「熱くない、ソフト」のお灸は物足りない。ちゃんと熱いお灸を求める。数多くの同業者も似た経験あると思う。 患者にいつもお灸は体罰の一種ではなく、ご褒美だと説明してる。 そのような記事を書いたが、雑誌の編集者は最初こちらのタイトルを気に入らなかったようで、次のものと置き換えたかった: 「お灸を据えるぞ!」なんて、悪いことのように言わないでほしい その上にせんねんQの写真も追加したかった。だが、私はその会社の宣伝もしたくないし、せんねんQを私は勧めている直接灸は本質的違うから、又撤回させ、タイトルも元の形にさせた。そうじゃないと「私」の志が通じなくなる気がした。 良ければ: http://www.chiryouka-shigoto.com/report/?p=3698

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , | Leave a comment

気の作用はきのせいか

又例の「治療家magazine」に少々文章を載せて頂いた。いつもの通り編集者は「少々タイトルをキャッチーにさせていただきましたので、 前回よりも多くの反響を得られるのではないかと思っております!」言っている。画像も相手が選んだ。(私の感覚では少々品が悪いと感じるが・・・) 参考まで編集前の文章もここに載せる。 http://www.chiryouka-shigoto.com/report/?p=3159 気の作用はきのせいか 東洋医学に携わって「気」の話抜きは治療者としてやっていけません。 と言いながらこれは大変複雑、深いテーマで、議論する人の異なる立場らに基いて時折大変感情的になることもあります。ここで「東洋の神秘」対「科学」の一触即発な知的戦場に僅かに触れて、そのまま全速力逃げたいと思います。 先ず、私は教育背景によってどちらかと言えば「科学派」です。 といっても日頃目にする「科学者」による東洋医学の全面的否定は、お言葉ですが、鍼灸師として頭に来ます。 無論、この話題はここで尽くせる筈はありません。冒頭に触れた「気」の事を一言だけにします。 鍼灸において、今更説明する事も必要ないでしょうが、鍼やお灸の刺激によって気の流れを変え、五藏六府の気を補ったりし、寫したりするのは治療者の仕事。治療者本人も患者も「何かが変わった」と感じる人が多いにも拘わらず、「何が」変わったかが分からないし、例の「気」の正体も凡そ不明です。ここで特に治療者と患者の「手ごたえ」にちょっと注目をしたい。 気は東洋医学では「基本物質」のひとつ。実際には物質ではないにしても、例の基本物質=気、血、水は皆体の内外に流れる特徴を共通しています。色々議論の余地はあっても、流れるものとして他の共通点は、高い(所)から低い(所)へ流れます。高いのは場所でも有り得るし、テンションの高い-低い格差でも有り得ます。 通常治療院に訪れる人は何かの形で「病気」です。つまり、「病の気」を沢山持っています。理想的な治療者は先ず病気ではない事が大前提で、出来れば「元気」(元の気)がいっぱい持っているのは望ましい。その組み合わせで治療者が常に「生きているゴミ箱」になります。つまり、患者にとって不要な大量な病の気が自分の高いレベルから治療者の低い病の気レベルへとながれ、逆に治療者の持っている沢山の元の気は元気の少ない患者へと流れます。意図的に行われている訳ではなく、高い-低いの格差で自然とおきます。治療者の仕事の一つは、その病の気の流れを受け止める事でしょう。臨床経験のある治療者ならだれでもそう言った患者から治療者に向かって流れる「病の気」経験したことあると思います。患者によって治療後に非常に疲れているのはそれを示唆しています。患者から流れて来る病の気を受けても治療者は身も心も守るため、自分の気の源=丹田が侵害されない技を身に付く必要あります。 逆に治療者は患者を「全霊」(これもまた大変面白い表現)で治療をすると、多分「気を流す」、「癒す」「○○技術を使う」などの細かい事はあまり「気にしなくて」もよいと思います。そのような姿勢で治療を臨むならば、前前回肩凝りの章で書いたように技術の細かい点は気にしなくてよい事を指しています。 古代から現代まで多数の人々は気の使い方に関する数え切れない程アドバイス/指示/教訓など残してくださいました。ありがたく受け止めるべきでしょうが、実際の臨床では前記の「全霊」をこめた治療(単なる流れ作業の仕事ではなく!)を行えば、過去数千年の伝統が自然と自分の治療に生きて来ます、治療効果に繋がります。 一方、科学は万能だと思われる数多くの科学者、取り分け元々「気」の概念がない文化圏では、「気の働きは全て気のせい=placebo効果」だと主張します。英語で論文を発表する世界では気の味方と気の敵の陣地間で攻防が実に激しい。言うまでもないでしょうが、当然どちらが正しい/間違っているとは一言で言えません。しかし、「科学者」、殊に自然科学者、は本来 empirical science (=経験科学)をやっているはずですので、目前のものを先入観なしで観察し、観察結果から結論を導くはずです。複数の文化圏を跨って多数な国々で十数世紀に亘って数えきれない人が類似の経験しているのは一応「事実」です。それを全面的、そして気楽に「すべて気のせい;その人は全て幻いを見た」だと言えるのは、科学者に相応しくない反応だと思わざるを得ません。 しかし・・・と即に反論が来ます。科学的説得力あるものは実測出来、何等かのデータで裏付ける必要あるから、気に関してそのようなデータはないよと頻繁に見られる論述です。ごもっともと賛同しながらやはり一歩下がって、全体図をもう一度見直す必要があります。測る、データ、観測などなどは間違いなく大変立派な概念ですが、現在人類が持っている「概念」や「測定技術」は測ろうとしてるものをとらえるために適切であるかどうかは立証されていません。なのに現在上記の科学者たちは「測定できていないから存在しない」と結論付ける傾向が少々幼稚な気がします。これは「科学の一種の病気:横文字でよくreductionism=過度の単純化と称されます。 もし「側的出来ていないから存在しない」の科学的事実であれば、今までの歴史を通して人類は多数の存在しないものに悩まされました。簡単な例は感染症:古代ギリシアでも古代中国、や世界中全ての人間は経験的知っていました。その恐ろしさも。中世時代のペスト大流行はいい例です(どうやら中国の商船から感染したネズミはイタリアで上陸した事は発端であった)。ヨーロッパの人口半分程犠牲になったにも拘わらず、原因は誰も知りませんでした。何しろ病原体が初めて人間の目に触れたのは、左記のペスト大流行から500年経って、ちゃんとした顕微鏡が出来てからの事です。それでペストは気のせいであったと言えるであろうか。特に当時の被害者に説得力のないお話です。 現在「気」の科学的な根拠が乏しい、若しくはない理由は、その現象を適切に測定出来る技術がないし、そして納得出来る説明するための概念(例えば古典物理学/量子力学のように)もない事を科学者たちに再度吟味して頂きたい次第です。

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , | Leave a comment