Tag Archives: 翻訳

翻訳 - 通訳サービス

私は鍼灸の仕事の他にもう30年以上翻訳家として働いている。翻訳は今まで生活の基盤であり、所謂「本業」であった。それに対して鍼灸は「本職=天職」だと認識している。過去に翻訳業で生活が出来たため、今まで鍼灸治療を私が思う「理想」な方針で施せた。 しかし、インターネットのお蔭で翻訳の仕事は今格安料金で行える国に流出するから、私の理想的な鍼治療が危機に遭遇している。 * 今から翻訳/通訳サービスを直接提供する 上記の30年余りで営んだ翻訳業の殆どが翻訳会社を通して行った。当然翻訳会社がそれなりのマージンも取るし、時々大変妙な考え方を示す。 その為、今から翻訳/通訳サービスを直接お客さんに提供する事を決めた。 従って: * 医薬関連文章 * 技術関連文章 ** 東洋医学関連文章 (・・・ この分野翻訳できる人材は然程多くない) などの - 日独 / 日英 / 英独 - 翻訳、あるいは通訳が必要な方是非ご連絡下さい。 翻訳は通常自宅で行う。 通訳に関して - 時間/場所/内容/交通(泊り) - などの条件次第でご相談下さい。 宜しくお願いします Thomas Blasejewicz 090-4846-6985   Advertisements

Posted in foreign studies, oriental medicine, translation | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

翻訳者は魔法使いではない!

先ほど一件の翻訳仕事を納品した。 類似の「仕事」は年中貰うから(以前既にこの話題を触れた)納品の際のコメントを一部公開します: zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz お言葉ですが、原文はグチャグチャ意味不明な言葉ですので、当然翻訳も意味不明な戯言になってしまいます。 (読まなければならない人はかわいそう。) 私は翻訳者 - 魔法使いではありません。 特に参考資料何もない状態で ”rewrite” する事も出来ません。直すべき箇所は全てこちらの「思い込み」に頼らなければなりません。 “Technical writing” (最初から全文作成)する事もできません。 そして「意味不明」な箇所(暗号)を解読するもこちらの仕事ではありません。 いずれの作業は「翻訳」とかけ離れたもので、当然別料金で行うものです。) 現状で訳文の「品質」に関して一切責任を持てません。 翻訳文は原文通りに翻訳したのは間違いないが、意味が全く通じないと思います。 翻訳を依頼したお客さん、又は依頼主の製品を購入したお客さんはそれで満足するでしょうか。 例えば:原文=”Center will be inserted into the crankshaft with only removing the handle from the latching plate.” って何のことを言いているでしょう。「センターがクランク軸に入れる」??? 「センター」は場所です。部品や物体ではありません。 例えばどのリングは「センター」がありますが、そのセンターが何もない空間です。何もない空間はどうやってどこどこに「入れる」でしょうか。

Posted in opinion, translation | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment

翻訳と “quality assurance”

良く翻訳会社から「チェック」が依頼されます。 この「チェック」は結局何の作業を指しているかが翻訳会社の人たち(大半)知らないようです。 先日ある翻訳会社にチェック済みの原稿を納品した際に付けたコメントの一部をここで紹介します: 「一応「原文」の「翻訳」はなっているが、原文がが極めて曖昧(不正確)であるため、ドイツ語翻訳文は恐らく著者(企業)が言いたい事を反映していません。 「翻訳」文は基本的問題ないが、原文が不可解な所あるから、当然訳文も更に分からなくなります。 翻訳者はちゃんと約束通り(約束よりよく!)翻訳しましたが、それだけじゃ助かりません! 例えば: “XXX(機械の事) will keep the alarm …” この “keep” は「値を記憶する」それとも「状態を維持」するでしょうか? “If the XXX is faulty …” この ”faulty” は訳文に「正しく作動しません」となっている事が原文より良いですが、果たして著者は何を言いたいのでしょうか。 * 全文(!)はどちらかと言えば「日本語の思考パターン」に基づいた文脈(sentence structure) になっている。 自然な英語やドイツ語はそれぞれの文章は前後を入れ替えて構成すべきでしょう。(自慢ではないが、私は普段そうやって文章を「再編制」しながら翻訳します。) このような(品質)問題に関して品質管理部にも連絡しましたが、どうやら興味ないようです。無論お客さんも原稿を見ての通り一切興味ないようです。

Posted in translation | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

翻訳 - 原文

翻訳が依頼される場合、特にマニュアル関連文章では、お客さんが既に何かの商品を輸出の為に英文のマニュアルを作成しているから、依頼の場合「本当の原文=日本語」ではなく英語からドイツ語への翻訳になる。 しかし、その「英語」は取り分け素晴らしい。幾つからの例をあげましょう。 • “Position of the transport” • “Information behavior” • “When the Information sound occurs, XXX performs the following behavior.” • “displays the screen for checking the message.” • “To prevent infection, disposable product is a single-use.” さて、翻訳者は「翻訳作業」を行っているとき、特に翻訳会社が「忠実」の訳文を要求している際、原文を持ってそのまま他の言語に移し替える。上記の例を「そのまま」ドイツ語に翻訳すると全く分からない戯言になってしまう。 しかし、「原文」をちゃんと意味の通る文章にするのは「翻訳」ではなく、copywriting, … Continue reading

Posted in opinion, translation | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

翻訳・通訳に関する facebook ページ

今晩は 今始めて翻訳・通訳に関する (facebook) ページを作っているが、分からないものだらけだ。 翻訳や通訳(後者のほうを今後もう少し増やしたいと思う)は今まで生活の基盤であったが、翻訳の仕事が年々減ってしまうので、一度使い方が全く分からないままでfacebook pageを宣伝・仕事(探し)のツールでも使ってみたいと思う。 これから過去複数のブログやHPに掲載した翻訳関連文章及び新たに書くものをここで紹介したい。facebookは朝刊の新聞のようなもの:買ってー電車で読んでー降りる駅でコミ箱へ。 そのためここに載せるものは同時例のブログにも掲載する。そこで過去の記事は探せるからだ。 もし宜しかったら一度立ち寄って、新しいページに今風の「いいね」押して頂ければ何かいいことが起こるらしいから、 是非お願いします! https://www.facebook.com/pages/Projekt-Einklang/918009761553819  

Posted in opinion, translation | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

明日止めた

日本人にとってごく普通の表現でしょうが、もしその言葉を***翻訳***使用と思えば、それは無理だと直ぐ分かる。無論日本人はいわゆる以心伝心を精神を応用して、聞いている人は言われて(書かれて)いない要素を黙って頭の中に足してしまう。しかし、日本人以外の人々にはそのまま通じはずは先ずないだろう。 明日=未来+止めた=過去形。まだ起きていない未来で既に何かを終了した。あり得ない。又は、「明日」と言う出来事を起こる前に中止した。それもなかなか考えられない。 英語で試して見よう: * tomorrow stopped * interrupted tomorrow 等。何れも “English speaker” には通じない。 【日本では)言うまでもないだろうが、「明日に予定していた事を明日で実行することを今日で実行するのを止めたと決めた」などの長蛇文がその二つの単語に秘めた。私は然程賢い人ではないが、そのようなことが日頃普通に行われているのは日本語のみではないでしょうか。

Posted in translation | Tagged , , , , | Leave a comment

アベノミクス???

アベノミクス??? これは今流行りの言葉で誰でも分かるでしょう。 私でさえ一応知っている。 しかし出てから暫く常に頭を抱えて何を言いたいのかが全く分からなかった。 経済が全く理解出来ない事を別にして、言葉そのものが可笑しいと思った。 カタカナを使っているから、当然何かの外来語だと想定した。 但し、カタカナを使って外来語を表記すると、元の言葉の発音が崩れてしまうため、私のような元々横文字で思考する人が全く違う方向を見て意味を探す: * アベノミクス → Abe no Mix (abenomics) だとずっと思った。何を混ぜているのだろうか??? 英語ぽくで通じて欲しいならば、アクセントを「の」におく必要がある。 似たようなものに関して前にも触れたことある: * 野球チーム → ほら吹き (Hawks -> hoax) http://transcurio.blogspot.jp/2010/06/blog-post_6663.html * 窓壊しの衣類??  ウインド・ブレーカー http://transcurio.blogspot.jp/2012/12/blog-post_31.html 又は他人もそういう不可解の問題に遭遇した: http://kotaku.com/from-penis-to-horse-salmon-foreign-names-can-be-fu-476793581

Posted in opinion, translation | Tagged , , , , , , | Leave a comment