Tag Archives: 診療

往診 ・・・

開業している鍼灸師なら何方でも時々往診するでしょう。 しかし、 先日お電話頂いて、相手の母親が「肺の病気を患っている」から***お灸****の先生を探しているとの事。どんな病気かと問い直た所で肺気腫と肺癌と言われた。どちらも治らない病気だと説明した所で、それが承知していると言われたが、往診してくれるかと聞かれた。私は一人で仕事しているから往診は先ず治療院に来れない人に限らせ、そして昼休み、夜や休日(緊急以外)しか出来ないと応えたが、取りあえず住まいは何処かと聞いたら、頂いた返事にびっくりした:東京。 東京に私より遥か優れている先生が大勢いるし、先ず近くの先生を頼むべきですので、此方の出番はないはずと説明した。 しかし、近くに***お灸****してくれるの先生を探していたが、いずれも「お灸はやらない」と断られたから、ネットで検索すると「代田文彦」先生の本に出会い、代田先生に頼もうと思ったが、先生は既になくなったから、「弟子」を探したそうです。それで私の名前が出たそうだ。(私も検索してみたが、そのような繋がりは何処にも見つからない!) 代田先生は「弟子」を取らなかったが、代田先生の教えに沿って治療を施す者ならば、現在東京で開業している多摩川病院の先輩が適切だと薦め、何人分のリストを患者の送信した。最終的結局私にお願いしたいとの事になった。 代田文誌の本にも所々で出てくる:数時間汽車(当時は未だ「電車」がなかった)を乗って往診しに行き、患者の傍にいながら治療し、その家で泊り込み、そして患者を救った。私は文誌先生に全く及ばないでしょうが、大先生も患者のためにそのような長旅を惜しまないなら、私のような下っ端の三流職人は「文句」を言う資格なかろう。 しかし、患者の自宅付近に本当にお灸してくれる鍼灸師が(殆ど)いないようでしたら・・・実に情けないお話になる。伝統的な素晴らしい鍼灸診療を金儲けのため肩凝りや腰痛患者に鍼を刺し、十分電気を掛け「チン」と言う流れ作業に置き換えたのでしょうか。もし本当にそうであれば(私は何処にも出かけない田舎者ですので、都会の事情は全く知らない)、がっかりだし、とても悲しい!

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

手当て - 再び

下記の文を読売新聞の投書した: (念のために関係する文章を最後にコピーした) 拝啓 私はドイツ人鍼灸師、Thomas Blasejewicz と申します。 http://www.einklang.com/ 免許は日本で取得し、約30年間臨床家として働いています。今日は貴社のサイトで 「http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=68166&from=ym 言葉を奪われた青年(3) 「誤診」明かし消えた主治医」 を読ませていただきました。 さて、ここでは鍼治療ならなんでも治せるなどの横柄で馬鹿な事は言いませんが、記事に説明された症例において「手当て」は恐らく患者を幾分救えたに違いありません。以下の文は私のfacebookページからコピーします: 「手当て 最近格好良く「医療」や「医学」と呼ばれているものは一昔前まで「手当て」と言ったものであった。 脈を診て、胸はお腹をぽんぽんと叩いたり、聴診器を当てて、手足を治療者の手で触って診察された。治療もそれこそ手を使って「施された」事が多い。職人技の出番。 今は診察、例えば血圧測定、が機械任せられ、先生はPC画面を睨んで患者を見もしない、そして「治療」は理学療法、鍼灸を含めて、何かの機械をあてる事に限ることが多くなった。 手当てより電気当てへ。 私は昔風の手当ての方がいい!」 まともに仕事するなら世界中の看護婦に聞いても答えは統一:手当ては有益。 そのような「手当て」を受けた患者、世界中何処でも恐らく同じ意見を持ちます。 私は25年ほど前に大病院で働きました。特にがん患者を沢山診ました。 末期がんで苦しんでいる患者、例外なく当時まだいた「お付き添いさん」で撫でられると「楽になる」と訴えました。 間もなく死ぬ人は格好付ける必要もないし、嘘を言っているとも思えません。 当時外科の部長に「手当ての効果」に関して聞きました: 「そんな馬鹿な話あるもんか」と答えました。 それから大分時間が経ち、今風のEBM妄想に惑わされている人達でさえが少々目覚める兆しが見えますが、 貴社のサイトで記載されているストーリは多くの患者が相変わらず医者や医療に苦しめられているのは否定しがたい事実のようです。 よろしくお願いします トーマス鍼灸院 Tel/Fax: 046-876-3077 tom@einklang.com http://www.einklang.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////// Cure sometimes, treat often, comfort always. … Continue reading

Posted in opinion | Tagged , , , , , , | Leave a comment