Tag Archives: 財産

捨てる財産

以前から何度も触れた話題:医療費の抑制や社会福祉の費用。 あるお婆ちゃん(85歳)の所に往診し、台所にビニール袋に大量の薬が入っている。それはどうしたかと聞いたら、「飲まない薬からいいの」と言われた。 その袋以外にも結構大量の薬が山積みになっている。果たしてそれを飲むのかが疑わしい。 本人は「いいの」と言っている。本人は良いかもしれない。 しかし、その薬を飲むか飲まないかと無関係で製薬会社が製造した物を医療施設に販売され、処方された上では必ず保険会社に代金が請求された筈。 その代金も誰かが払わなければならない。誰???国民全員だ。 あの捨てられる薬の代金は知らないが、その調子で行くと、年間何万~何十万円分になるかもしれない。そして薬をそのように「使う」年寄りのみならず患者の数も結構(!)熬に違いない。 年間どれ程のお金がゴミに捨てられてしまうか皆ご自分で計算してください。 * 処方する前に医者が形式だけではなく、ちゃんと患者が本当に薬を飲んで、必要とするかを確認して欲しい。 * そもそも出されている大量の薬は「必要」か。私はそう思わない。 * 「医療」はもう少し人間らしくしてしまえば=患者とお話しをしたりして、生活「指導」したりして、昔ながらの「手当て」を施せば ・・・ 患者がもう少し安心出来、自己管理も出来るようになると信じる。 正に鍼灸の出番。 だが長年そういっているなのに、誰一人興味示さないようだ。 それなら、国が崩壊する事を待つのみのような気がする。 Advertisements

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

国民の財産

本が二回目神奈川新聞に紹介された。 先日神奈川新聞の記者が取材に来てくれた。 ドイツ人鍼灸師が葉山町で開業してから既に18年経っている事はこの治療院をちょっとした「老舗」にしてしまうかもしれない。又、このドイツ人鍼灸師が最初から日本語で書いた本を出したのは「ニュース」にする価値があったようだ。 最初は3/19(火)「健康法楽しく指南」と言う題名で主に運動やダイエットの話を表に出された。新聞に出たのは感謝しますが、ダイエットなどは本の趣旨ではない。 そして今日(3/23(土):突然読売新聞(神奈川新聞を配達する)の人が来て、私の事が新聞に出ているから一部を差し上げると言った。取材の時二回も出る話は聞いていなかった。 今日の題名は「正しい姿勢で健康を」のも然程的中ではないが、取材中で本音の話→ 「東洋医学は国民の財産。本来無料であるべきだ」と文章にしてくれた事を心から感謝します。 東洋医学に関して「これは誰々法。誰にも触らせない」などのケチな事は許せないと思う。知的財産でありながら矢張り特許と異なる。そして今風の人間をだめにする格安部分修理=保険診療の泥沼にも引きずれてもらいたくない! 健康の為に使える財源が限られている中で、高齢化してしまう社会において出費が右肩上がりで増えること、国民にいつか気付いてもらえればいいなと希望している。「患者様」がどうしても例の格安(不適格の場合有り)保険診療を求めている内に打開策が恐らく見えてこないでしょう。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , | Leave a comment