Tag Archives: 鍼灸

食事と兼ねて鍼灸のお話

お店はそれなりに「客集め」の趣旨もあるでしょうが、タイ料理をするドイツ人と彼のの奥さんに招かれ、少々お話する事になりました。7/15(土)の午後、横浜の妙蓮寺で。 私は自分の話がお金を出すまで価値はないと思っているが、かかる費用は食事代と解釈すれば良いかも知れません。 もし興味ありましたら facebook のリンクを紹介します: https://www.facebook.com/events/154010315141871/?__mref=mb

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , | Leave a comment

Foreign “studies”

ここでは”Foreign studies”は「外国で留学する」のではなく、日本の鍼灸を「外国人見学希望者を受け入れ話」になります。 自分のHPにある古い英文(外国人向け「発信」)を少し brush up をしました。 これを見て又日本で日本の鍼灸を見学したい人が現れるかもしれません。 日本の良さを世界に見せるチャンスです。(と私は勝手にそう思い込んでいます) 最後に外国人に覚えて貰えたら便利だと思っているフレーズは幾つかあります。 付き足した方がいいものあれば、是非とも教えて下さい。 I edited the old portions and added some new elements on a certain web page on my website. This is intended for foreigner interested in observing Japanese acupuncture and moxibustion … Continue reading

Posted in foreign studies, opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment

世界鍼灸学会 - またも文句を言わざるを得ない・・・

ご存知の方も多いと思いますが、全世界の鍼灸学会 (WFAS 2016) は11月つくばで開催されます。「全世界」のものであるため開設された website は全部英語で書かれています。 さて、そこに問題あります。 恐らくこの英文は日本語の原稿を基にしてそれなり professional translation agency に依頼され、professional translator に作成させたと想定します(そう信じたい)。 残念ながらこの英文に「和製英語」の濃厚な気配が漂っています。 世界学会を開催するならば、出来れば世界のどこで誰を見ても恥ずかしくない文章を作る事は望ましいのではないでしょうか。 以下に2-3点を指摘してみたいです。   1.Technical Session … Details will be informed soon. → 和製英語で意味が通じません。 2.Head of Vice President → “Vice President” は非常に限局的(アメリカ)、そして分野=ビジネスであれば「何人のグループに使われますが、「普通」ならば一人の人物を指しています。妙な印象を和らげるの最低限は “Presidents” (複数形)にすべきでしょう。 3.If you are a member of JSAM, … Continue reading

Posted in opinion, oriental medicine, translation | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

無料に

拝啓 去年の2月に印刷物として私の一冊目の本が出版されました。 その後更に電子ブックとして3冊を書いて/出版しました。それらの本は(Amazon, Smashwords.com etc.)世界の大手配信業者にて販売されています。 残念ながらそれらの本は全く売れません。 そこで暫くこちらのHP経由で無料に提供をしたいと思います。 特に(これは「残念ながら」英語でかいてある)日本と中国の鍼灸に関する意見書を出来れば多くの人に見ていただけたら嬉しい。 私は個人的「日本の鍼」の方が中国人以外全世界の大半の人々に所謂「本物の中国式鍼」より遥かに良く合うと信じています。 これらの電子書籍へのリンク及び簡単な説明ははここ: http://www.einklang.com/Books.htm 読書後にその読書に関して何等かの満足感がありましたら、幾分の「寄付」(2‐300円程度)があれば嬉しい。 これらの「書籍」は決して科学的論文、教科書、や文学的な傑作ではありません! 飽くまでもこちらの言い分しかありません。 よろしくお願いします。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

保健取り扱いの「真相」に迫る

これは人種差別でないにしても「業種差別」はあると思う。 どうしてか??? 簡単に説明しましょう。 「保険適応」- 鍼灸の場合では全部6病能にしか保険は使えない。 接骨・整体などならば整形外科と同様無数の病能=殆ど何でも保険は使える。 (看板にほぼ確実に「各種保険取り扱う」とかいてある) 個人の意見ですが、整体師(免許制度がないため国家資格なし)や柔道整復師は 鍼灸師より百倍も勉強して、頭が優れているとは思えない・・・ 「保険料+診察料」 - まともな鍼灸治療は1-1.5時間かかるので、この地域の相場は約4000円/治療だ。しかし保険会社はそう考えない:一回の治療は1530円ぐらい。 3割負担で患者が約500円払い、保険会社は1000を払う。 仮に左膝が痛い場合、左膝***だけ***治療することになる。 それは「一部位」と名乗っている。 もし右ひざも痛いならば・・それは別の部位ですから、別料金になる。 左膝に例えば鍼やマッサージすれば、それは「一術」となる。 お灸や他の治療法を利用すれば、・・それは「二術」だから当然別料金だ。 「相談」の「保険適応」は知らないが、配偶者の心配事があれば・・「一相談」になるのかな。もし孫の心配事があれば、それはまた別料金になるだろう・・・ 上記の「まともな鍼灸治療」は当然のように体全体を対象し、その上に「相談」やお話することは当たり前のことだ。 「私は只今小指を動かしたから13円をよこせ」のようなけちなことは言わない。 左記の「6病能」の中にリューマチも含まれている。これを例として: * 鍼灸治療を保険で受けたいならば、先ず医者に言って診断書(許可)を貰わなければならない。 それを貰って鍼治療を受けたら、毎月その治療の明細書を町役場に提出しなければならない。昔私はリューマチの患者のためにそれを役場に持っていったが、役場の人に怒られた:それは患者本人が持ってくるべきだと。(リューマチの患者にとってかなりの負担!) 三ヶ月治療を受けたら、もう一度医者から「延長」の許可を貰わなければならない。 鍼治療の保険は最長6ヶ月しか使わない。 リューマチは治らない病気だと誰でも知っている。 ではリューマチの患者は6ヶ月後一週間間を置いて再度診断書を貰えば・・・ そうはいかない。一端6ヶ月鍼治療を保険で受けたら、5年間(!!!)同じ病名では保険使えない! 保険を使う意味が全くない! そういう問題は接骨院に起きない。 私は馬鹿だから厚生省などの人たちに決められたこの素晴らしいシステムがどれほど優れものかが理解出来ない。 上記の保険診療は - 以前何度も同じことを書いた - 商売のため医療従事者が患者を修理工場で部品交換されるような形で流れ作業を処理させてしまう。そして一回の治療では少量のお金しかもらえないから、患者を治そうと思っていない。思ってはならない!兎に角通わせる。 「習うより慣れろ」 に因んで 「治そうより通わせる」 これで国全体が自分自身の首を絞めているのは小学生でも分かる筈だ。 このままでは国が滅びてしまうことをそろそろ理解してもらわないと困ると思う。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

鍼灸と本屋 - スポンサーが必要

馬鹿な私は「商売」と全く理解も出来ないし、治療者としてすべきではないと信じている。 そこで今日(2014/10/19)の読売新聞に載った本と本屋の色々なお話を読んで下記思いが湧いて来た。 来院する患者の多くに、治療中色々なお話をしている内に、その患者にとって役に立つではないかの本を「紹介」する事が頻繁にある。 そして定期的患者に治療院にある本を貸してしまう。(時々帰って来ない事もある・・・) 私個人的も大昔から本屋が大好きだ。無論本を読む事も。 家も治療院も本で溢れて、しまいきれない状態になっている。 しかし、「本屋」と言うイメージが少々異なる。 日本で私は今まで見た本屋はどうも冷たい雰囲気の「販売現場」だ。 ドイツでは(特に小さな町で小さな本屋)そう言う単純な販売現場だけではない。 地域の人々が気楽に顔を合わせる社交現場でもあり、その中に音楽が流れ、気楽にお茶を飲める所もあり、 場合によって、小規模なイベントも行われる。 今日の読売新聞に”減る書店「町に必要」”と言ったヘッドラインを見て: 私もそう思う直感した。 これで小さな夢が生まれた: 鍼灸院を経営しながら、それに付属な「本屋」が出来ればいいなともう。 主にビニールに閉じ込められた新書ではなく、大体私は読んだ、或いは少なくとも目が通した本 を並べ、それぞれの本についてお話が出来、来店客が購入する気になった場合注文する。 こちらの専門としている東洋医学や健康な話題を中心して、話題のある物をディスカッシンの題材できるもの、 大きな画面で電子書籍を閲覧したりして、 蝋燭を灯している無垢の木で出来ている小さなテーブルを囲み、お茶を飲みながらそれぞれの本の話をして・・・ 私はやってみたい! 残念ながら私は現在そのような事出来ない。 スポンサーがいればいいですが・・・ どこか空いている(出来れば和式)な家(空いている家はどんどん増えているようなことも新聞に書いてあった)があれば・・・ そのような夢が只今生まれたばかりで、何年掛けて実現に向けて努力してみたい。 鍼灸,本屋,スポンサー,商売,社交現場,音楽,お茶,専門,東洋医学,健康

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

自伝

この「自伝」(偉そうに)もやっとアマゾン以外のサイト→ Smashwords.com にアップロードした: https://www.smashwords.com/books/view/434933 まだ美調節中ですが、そこに複数のフォーマットが提供されるので、どのような装置でも読めると思う。上手く行けば ePub format も出るので、iPad / iPhone でも読める。 異端者として色々と変わった事を言っているので、是非と一読していただきたい。 (アマゾンに出した版より細かい所も幾つかを直した。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , | Leave a comment