Tag Archives: identity

口コミサイト - 差別的言葉遣い

恐らく殆どの治療院が登録されている口コミサイト=エキテンに何年昔に当院も登録した。登録以来何もしなかった。 先日どちらかと言えば「偶然」そのような所に登録もあったかを見つけ、「編集」や「更新」のやり方が良くわからないままで「編集」した。それは数字一つを変えただけ。日本滞在期間は37年から40年に変えた。 しかし、数時間後「登録内容に禁止語句を含まれているから掲載できない」との連絡が入ってきた。 禁止語句とはサイトが次のように説明している: 紹介文 掲載をご遠慮いただく表現がございます ・治療院/店舗名に「治療院」という表記が含まれない場合に自店を「治療院」と呼称することはご遠慮いただいております ・治療/医療機関を想起するため「ケア」「施術」などの表現へ変更をご検討ください ・診ます、診る/医療機関を想起するため「見ます」「みる」などの表現へ変更をご検討ください 鍼灸は日本において1500年の伝統ある職業です。 それにも拘らずこのサイトでは東洋医学の仕事を紹介する相応しい多数の言葉/表現が禁止語句に指定してしまう。 サイトのガイドラインによれば、 「私は○○です。当○○で○○を○○て、○○をします。」と書かざるを得ません。 それとも 「私の店で客を見て、提供するケアでどれだけ金儲け出来るかを判断するビジネス戦略を実施する。」 その方が検閲を免れるでしょう。 私はそのような差別的言葉遣いにとても賛同できない。 外国人として過去40年の間それなり頻繁に差別された事あるが、それは仕方ないかもしれない。 しかし、如何にも東洋的思想に基づいている伝統的職人技を意味不明なカタカナ語(鍼灸ケア???)や、聞いた事ないようなへそ曲がりな表現(鍼灸施術?)で説明しろと言われた/圧力掛けられと、我慢できないし、その圧力に屈するつもりもない! エキテンの登録を削除する。 三流でありながら私の職人気質と自我同一性を宣伝やビジネスの為に放棄しない。 Advertisements

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , , | Leave a comment

“My Number” – Identity disorder

Recently the entire country is “shaken up” with all the fuss about this new system the Japanese themselves call “my number”. And even before the system is implemented, related corruption (by government officials!)is all over the news! Apparently, the Japanese … Continue reading

Posted in opinion, translation | Tagged , , , , , | Leave a comment

Identity theft

This is the first time, it has concretely pointed out to me. Two days ago I received a mail from a translation agency in Germany, for which I occasionally work. They asked me, whether a job application from someone describing … Continue reading

Posted in translation | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment

日本人のアイデンティティ - それとも分裂症?

日本は長い歴史(アメリカより遥かに長い、ローマより北の文化圏よりも長い)を持っている。日本人は島国に住んでいるため特殊的な立地条件でそれこそ長い間然程「外国」との接触は例えばヨーロッパ中心部より遥かに少なかったため、限定的な意味では「単一民族」である。 その背景の前で外から余り邪魔されない、じっくり大変古い伝統が育まれてきた。例えその元は日本のものではないにしても - ここ私は職としている鍼を挙げられる - 数百年から千数百年の間極めて特殊の技術、考え方などが発達して来た。大和心 → まと‐ごころ【大和心】(1)「やまとだましい」1に同じ。大鏡道隆「大弐殿、弓矢の本末(もとすえ)も知り給はねば、いかがとおぼしけれど、―かしこくおはする人にて」 ⇔漢心(からごころ)。(2)日本人の持つ、やさしく、やわらいだ心情。石上稿(本居宣長)「しきしまの―を人問はば朝日に匂ふ山桜花」(広辞苑より) その伝統的技術や独特の考え方は世界に披露して大変誇らしめられると思う。 こんなに輝かしい起源(今風で言えばルーツ=roots= 根っこ =origin) があるのに、私は日頃何時も、そして過去30年を通してますます強く感じてきたのは:日本人自身は自分のアイデンティティを放棄し始めている(してしまった!)のではないか。医学的で毎日目の当たりにして、ニュースで見る、新聞で読む「国民の症状」は人格障害(昔風で言えば分裂症)と称せざるを得ない。 妙な横文字言葉アイデンティティは辞書によると: 【名-1】〔人やものの〕正体、身元◆その人が誰で、そのものが何であるかということを表す性質や条件。 例文:”A man who doesn’t have a recognizable identity is called John Doe.” 身元不明の[どこの誰か分からない]男性はジョン・ドウと呼ばれる。 【名-2】〔ある人やものが持つ他と異なる〕独自性、固有性、アイデンティティー 【名-3】《心理学》自我同一性 【名-4】同一性◆どのような状況にあっても、ほかのものと同一であるという事実や、同一であるための条件。 例えば、今日治めた翻訳の仕事(結婚証明書のドイツ語訳)の中に当然日本の住所が出てきた。私は(独断で何時もそうしている)日本語で表示された順番に翻訳する。そうしたら翻訳会社から問い合わせが来た:「日本語の住所の順番でよいでしょうか?2-Chome xx Sh***ki, N***-ku, Tokio ??」参考までその翻訳会社に以下の返事をした: 「はい、よくそのような形で記載されるが、私はそれが良くないと思います。 日本の住所の日本のルールの則って作られた。海外向けそのルールを全て破棄してしまうのは可笑しい。 ドイツ国内の住所を外国向けに逆さまに書くことは見た事ありません。 そして、もし例の日本の住所宛に何か郵送された場合、それを配達する人も又日本人です。その日本人がなれた形で表すべきだと私は信じています! * しかし、日本人は自分の住所を横文字にするとどうしても逆さまにしたがる、 それが「正しい」と見なされることが多いですので、「安全」のためご指摘通り 逆さま表現にして下さい。* (私は個人的にこれが日本人が自分の同一性を失われていないにしても、お粗末 にしていると思 … Continue reading

Posted in opinion | Tagged , , , , , , , , , , , , | Leave a comment