国税庁も人種差別する

私は紛れもなく外国人だ。正式の名前 - 自国の正式な書類に記載されている形 - はThomas Blasejewicz だ。これをカタカナにすると:「トーマス ブラーゼイェーヴィッツ」になる。二本は名前と姓が逆から、よく「ブラーゼイェーヴィッツ トーマス」と言う形が要求される。

先日初めて国税庁のHPで確定申告をしようとした。しかし、私の名前は受け付けない。
「名」と「姓」を記入する所には全角カタカナと全角漢字→最大10文字までの入力が要求される。
問題は後者「姓」を最大全角漢字10文字まで記入する。
私の名前は漢字使わない=使えない。
カタカナ表記は長すぎるから=使えない。
全角アルファベットも長すぎるから=使えない。
その所は空欄も許されない。
現在のコンピューター技術で「10文字しか処理できない」と言う言い訳は極めて信じがたい!

要するに私は人間ではなく、宇宙から襲来した化け物=エイリエン(今まで外国人登録証明書に記載されていた名称)だ。
国税庁は漢字の名前を持っている人しか付き合わないのか。
もしそうであれば、私は税金払わなくていいのではないでしょうか。

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

放浪職人

昨夜(深夜)でBSテレビでドイツの「マイスター制度」の中で行われている「放浪職人」の話がでた。全部は見なかったが、大いに賛同できる部分があった。
中世時代から受け継がれいる制度では職人になりたい人は先ず地元の親方で数年の見習い期間で基本を学ぶ。その後(最近そのような風習は大分少なくなったがそれなり伝わっている)「放浪職人」になり、地元の親方から離れ、徒歩で方々歩き回り、一定の仕来りに従いながら国中で複数の他の親方で暫く見習いになり、更に放浪を続く。国境を越えイタリア、ハンガリーなどにも回る。その際言葉通じない筈(!)ですが、職人の手法を見れば分かるから・・大丈夫。
数年にわたる放浪期間の間数千キロを歩くらしい。昔はこれがマイスター試験を受けられる条件だったそうです。
番組に出た若者の一人はある町の親方に訪れ、その親方も放浪職人を受け入れたのは始めただそうです。でもその親方は:「方々で他の親方を歩き回る見習いが来ると今まで見たことのない技術やアイディアに出会うから、私も大変勉強になるから感謝します。」

これこそ日本人鍼灸師に見て欲しかった!!!

外国人(鍼灸)見学希望者=放浪職人は迷惑な野蛮人ではない。見学者と親方=先生が互いの知識/技術を発展させるチャンスを生み出す組み合わせです。お金と違って、知識は分ける事によって増える。

残念ながら真ともな日本語のページはないが、ドイツ語と英語のページある。参考まで:
https://de.wikipedia.org/wiki/Wanderjahre
https://en.wikipedia.org/wiki/Journeyman_years

Posted in foreign studies, opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Translators – resist

Trump (I believe that person does not deserve any honorific or title), a self-declared enemy of freedom, is “all over the place”, intentionally driving the world into chaos and towards destruction. Eventually his arrogant and self-centered behavior = he “trumples”over everthing and everybody, will adversely affect everybody who is not a fat, rich, white man living in the States.
And there is probably not much a few translators can do about it.

But …
since it is now “America first”, maybe the translator’s community can come together and boycott jobs coming from the USA and/or American companies, so that those companies that a currently heavily “outsourcing” much of their work to those “dirty foreign people” who should be slaves in the first place, will have to rely more on “American only” resources. Requiring them to pay their “personnel” rates compatible with survival in the States and not the “peanuts” they offer on their slave markets.
I wrote about those before: e.g., Wagner Consulting International which offers 0.03 USD/word, which is WAY below any international standard and even cheaper than India based companies or TransPerfect. I would not be surprised, if Trump has his fingers in those businesses too.
I VERY MUCH doubt, that an ordinary American translator would/could work for 0.03 USD.

So … what would happen, if Trump has to rely on translations = which ARE indispensible in numerous industries ONLY on those that are made IN America by white (male) translators? After all, if a translator from any arabic country would translate something, s/he might be planning/coordinating a terror attack his bombastity Trump.
Manpower will not meet the demand, quality might suffer when people are forced to work on unfamiliar materials, prices will soar because salaries/rates in the USA are most likely MUCH higher than what is paid to “ordinary” translators.

This *** might *** give Trump a hint. But then again, since he is pathologically delusional, he would/could not acknowledge that snow is white, even if he were left in the middle of an ice field in the antarctic.

“Translator resistance” –  a stupid idea of mine. I am well aware, that many translator simply cannot afford to recline work. I am one of those myself!!! But, this could be the minimal contribution translators might be able to make to the just started battle for freedom.
I myself will commit to this cause to the best of my abilities.
I would be “outrageously happy” (to speak with Linus), if anybody would actually feel it worthwhile to join me.
Thank you.

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 1 Comment

まちづくり協会 ー お話

町そのものではなく「町づくり協会」から「お話を聞かせて下さい」と頼まれました。
町の広報にも載せない、場所が小さいため、余り知られたくないようで、
秘密集会のような印象を受けました。

それでも罪を犯して、その情報ここで漏洩します。
今週金曜日(2/10)14:00-16:00、図書館二階。
「通常」の話を聞きたいらしい:「何で来日したでしょうか。」

そのような話は私の「自伝」にもありますが・・・
https://www.smashwords.com/books/view/434933

Posted in Uncategorized | Leave a comment

America first

THATs the big story these days, right?
Wrong.
I wrote about this several times before:
https://nyuwa.wordpress.com/2016/12/10/trek-bontrager-tlr-wheels-quality/
https://nyuwa.wordpress.com/2016/09/30/chinese-quality-fight-back/
https://nyuwa.wordpress.com/2016/09/19/trek-bikes-quality-2/
https://nyuwa.wordpress.com/2016/08/30/trek-bikes-quality/

• Trek has ALWAYS refused to answer my question, whether their parts are “Made in China” – which I think is very likely.
• As such, I have to assume as a customer, Trek’s parts are “Made in America”.
• And they have proven to be a “piece of s**t”
• If they are sold as an America product, but actually made in China … isn’t this then fraud, or at least deception?
• Maybe Trump’s “Ministry of Truth” has some “alternative facts” on this issue …

If his bombastity Trump wants to “make America great” with the quality of its current products … “no way” (to speak with trump).
After what I have seen with the product from an American company boasting to produce
“the best bicycles / bicycle parts in the world” it will be AMERICA LAST – from here to the end.

As a customer I would never again VOLUNTEER to buy anything “Made in America”.
Maybe if one of Trump’s goon puts a gun to my head?

In fact, I thought very hard and still cannot think of ANY product, where I would look for something “Made in America”.

So much for America first.

Posted in Uncategorized | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

町づくりと東洋医学

葉山町役場に「町民の意見」を募集する箱を置いてある。町長や町議会に伝えたい事あれば=意見、
そこに投函する事出来る。
先日大分前から考えた「意見」を表明した。お返事は期待していなが・・・
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

- 町づくりと東洋医学 -
題名の繋がりは通常連想されるものではないでしょう。
しかし、東洋医学は二千年余りの間に蓄積された東洋の知恵の宝庫でもあり、日本では過去千五百年の間国民の健康維持に貢献して来ました。そして一般人は勘違いする傾向があります:東洋「医学」と名づけられているものは「医学(あくまで現代用語)」に関するものだと思われるでしょう。
東洋医学は東洋全体の思想や概念の一部であり、この地域の出来事、統治、生活、指導(現代風:教育)などに合った知恵で人々の暮らしを助けようとするものです。
町づくりとの関係は、「町」も絶えず変化する一種の生態系だと考えれば見えてくるでしょう。

そのような立場から現在この町に28年住んでいる私はこの町=生態系が大いに病んでいると思います。小生は日本人が自分の素晴らしい文化、歴史、伝統をもう少し大切にし、何世紀の間に築きあげられた知恵を町づくりに応用される事を心から願っています。

無論、私は無知な南蛮人に過ぎませんので、日本の遺産の良さを伝えたり、薦めたりするのは日本人が適任でしょう。本来私は論ずるものでもありませんが、「医」の意味を僅かに触れたいと思います。医→つまり医者/医療に関して「説文解字」(世界初の漢字字典)にある:「医は病を治す工である」が大好きな定義です。医は経験と知恵を利用している職人技です。
又、「医」に携わる人なら、現代では通常「先生」と呼ばれます。通常日本語では「先に生まれた」のような見方されることは多いでしょうが、個人的に「先に生きる」と考えています。先生はそれについている「生徒」に対して模範を示す者だと信じたい。
その職業のランクについて広辞苑が次の文章を掲載しています:「上医は国を医(いや)す[国語晋語八] ;優れた医者は国の疾病である戦乱や弊風を治め除くもので、個人の病気を治すのはその次であるということ。」正に医は町づくりに関わるべき者と示唆しています。
「上医」を理解するには「中医」と「下医」と比較する必要あります:
「上医は国を医し、中医は人を医し、下医は病を医す」とあります。あるいは:

上医は、いまだ病まざる病を医し、

中医は、病まんと欲するの病を医し、

下医は、すでに病める病を医す。

今まで出会った人の内上記のお話が殆ど何方も知らない事何時もとても不思議に思います。

是非、この町の「健康=町づくり」を優れている先生(⇒先に生きる→模範を示す存在)に指導(⇒町の「手をとって」進むべき道を一寸程でも案内=導く)して頂けましたら多くの人にとって有益であることを信じます。

以上飽くまでも小生の個人的な意見です。
トーマス鍼灸院
Thomas Blasejewicz

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Jacket

20170126212255

20170126212255

The other day my wife insisted, that we have to buy a new jacket for me. The old ones (2) I had, are worn and are literally “hanging by a thread”. So we went shopping (I hate that!), trying to find some of those “bargains” at the end of the season.

We ended up buying we a waterproof jacket for outdoor activities, since I usually ride my bicycle to work in ANY weather.

The jacket was tagged with a number of labels extolling its superior properties.
One tag contained the phrase you see in the picture:
it “makes you WANT to go outdoors … and STAY there.

Was that maybe intentional?
So that my wife may enjoy some piece and quiet without the noisy husband???

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment