Politeness in the digital age

I am registered in many sites pertaining to translation and interpretation. From one related to interpretation I got the following message in the afternoon. The job would have to be done the next day.

“New message from XXX XXX via interpreters.travel
Automotive world 2019 , tokyo big sight
January 17 (10:00 – 18:00)”

That is all. No “please” or “are you available”, “could you help us out” … nothing.
Just “Tomorrow. Be there!”
Naturally, I reclined the “job offer”.
Is this the style of American, Chinese, Russian or other mafia like people.
Or is this now considered to be the “new standard” of politeness in the digital age?

Advertisements
Posted in opinion, translation | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

PCメモリ

Just asking …
どなたがデスクトップPCを廃棄処分しようとし、そのメモリがいらない人はいるでしょうか。必要とするメモリはスペック(4gb DDR3 800/1066; 6x) ありますが、もしどなたがそのような古いものがあれば是非ともご連絡下さい。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

(新)鍼灸師に臨床経験

専門学校の掲示板にも掛けて下さるそうです。PDF file を写真にして載せます。これから計画を少しずつ進めたいとおもいます。Oma Vorschlag

Posted in Uncategorized | Leave a comment

神はこれほどケチか

先日(10/27、土曜日)は大変良い天気でしたので、久しぶり夕日でも見に行きましょうと思った。夕日見るスポットは幾つかありますが、その日に森戸神社の海岸を目指した。
ところが、森戸神社の入り口に「交通整理」のようなことをしていた年配の方が私に「お参りですか」と聞いて、「言いえ、海を見に来ました」と答えた。そこで耳に疑うような返事が返ってきた:「今日は七五三ですので、お参りしない人はは入れません。」

確かに七五三だったが、受付時間は5時までで、その段階は既に16:40だった。駐車場が限られているから、関係のない人が***車***で来ると迷惑かもしれないが、私は自転車だ。自転車一台はいずれにして車を停められない所に置いては決して邪魔ではないでしょう。そして、時間も遅いから、境内に余り多くの人は居なかった。それなのに「夕日を見たければ向こうに行っていっらしゃい」と言われた。
森戸神社のご祭神は何かがまだ調べていないが、「神(様)」が金持ちは私有地に書く「立ち入り禁止」のようにケチだとは今まで知らなかった。がっかりだ。

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

警察が国民を苛める

先日海外の友達が遊びに来た際、夫妻を箱根の何箇所に案内した。帰る時、芦ノ湖のプリンスホテル付近から出発し、2-300mの所にT-字路に差し掛かった。進行方向に真っ直ぐな道で、左からある程度幅はあったが、誰見ても所謂「脇道」が直進道路に直角にぶつかる所だった。

そこに直進方向に対して一時停止のサインがあったらしいが、私も妻も友達(2人)誰も見なかったし、常識に反する道路の造りでもあった印象が非常に強い。

警察はその脇道に潜んでいて、如何にも「獲物を待っていた」ようだった。数百メートル圏内で見渡す限りもう他の車も歩行者などがなかった。一時停止違反で7000円罰金と反則2点が課せられた。

厳密に言えば違反は違反かも知れないが、状況の道路状態を考慮するならば、そこでハゲタカのように待ち構えていた警察は国民(私は外人だと恐らく見えなかった)を苛めていると思う。海外の友達(長年世界中旅をし続けている人)に言わせると、通常の文明社会にはあり得ない苛めだ。“Welcome to Japan!” としか言いようがないですね。来日して二日目にきっととてもいい印象を受けたでしょう。

どうでもいいような所で金集めの為に暴政的行為が「交通安全」に貢献するとは到底考えられない。何の目的でそのような事をするのかを国民に「説明責任」もないようだ。

一方無作為に特に交通安全を脅かす事無くても人を罰しているのに、一方危険運転される事はそのままにする。多数な例を羅列出来るでしょうが、ここで2-3点のみ。例は葉山警察署の真ん前に毎晩数多くの自転車が通る。その中に大半!の人は後ろにライトを付けないで、黒ポイ服装でしたら、まるで忍者のようになる。大変な危険運転にあたる行為ですが、私はもう30年間ほぼ毎日そこ通っているが、警察はライト無しの自転車を止めたのは見た事ない。私はそういう自転車を追い越しながら「ライトを付けて下さい」を言うと何度も「バカ野郎」と言われた事ある。

上記の切符を貰っと翌日に目の前にパトカーが左折したが、運転した警察官は後ろに振り向て確認していない(自動車学校で習った筈!)。全ての二輪車を乗る人がこれは大変危険だと分かっているはず。私もその為怪我し、二回ほどの手術を受ける必要あった。

東名高速道(有名だ)で夜間、特に雨の時、帰宅途中でほぼ法定速度で走っている乗用車に後ろから20トンのトラックが50cmまで接近してしまう。多数の人は経験したことあると思う。しかし、夜間で雨の中で実際に車が動いている間にパトロールした警察は見た事ない!あの人達は穏やかなお天気で例の待ち伏せ作戦しかやらない。

つまり、本当の危険運転のケースの98%(以上)が見逃されながら、安全面で殆ど何の問題もない庶民と摘発する。矢張り苛めです。

意味があれば、警察がそれを国民に対して(納得できる形で)説明する義務があると私は確信している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted in opinion, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

口コミサイトの「評価」

トーマス鍼灸院を幾つかの所謂口コミサイトに「一応」登録したが、名前を書き入れる以外に何もしなかった。当然(?)反響もない。そこで去年鍼灸院特化した口コミサイト → 「しんきゅうコンパス」にも登録し、少々自己紹介文、説明文を書き、幾つかの写真も載せた。お蔭様で何人の患者が来院した。

所が、先日久しぶりそのダッシュボードで口コミの数とそれによる「評価」を見た。
以前常に4.8-4.9と言う数字で表示されたのに、今は3.75になっている。星印を数えて=256星になり、コメントは52件だったから、本来 256/52=4.92 になる筈だ。
何故に評価が3.75まで下げられたかと聞いたところでは、「患者」がコメントを書き込む際に、患者が自分の携帯電話に関して「SMS認証」設定させるべきだ」と聞かされた。

断った!
患者が公表されるコメントで治療に来た際の感想や意見を書いて、患者が自分の自由な意思で治療院を評価し、他の患者にその思いを伝えようとする。それなのにサイトの運営側は何かの技術的なトリックや携帯電話の手品で患者の意思表示を操作する事は、私の目に「不正操作」のように映る。
また、他の患者が評価を見て行きたい治療院を選ぶから、そのような携帯電話の手品で操作されている事は恐らく知らないし、操作された評価は患者の為になるのも極めて想像しにくい。

患者の為でなければ、「SMS認証」は誰の為だろう。

私の評価が大分下げられた事は然程気にしないが、受診してみたい治療院を探している患者が裏切られている印象を受ける。

Posted in opinion, oriental medicine | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

鍼灸職人育成場

(上:義理の母さんの家、写真2点)

タイトルは兎も角ですが(その辺はまだ考え中)、そのような事をやりたくなった。

その訳は手短に説明する。

数年前当院で治療を受けている人はその治療(雰囲気)の影響で今までの堅い就職を止め、鍼灸師を目指して専門学校へ行くようになった。来年の春に国家試験ある。先日「その後はどうしたら良いかと悩んでいる」と相談に来た。

相談の際何気なく仲間何人を集めて、共同で余りお金の掛からない形で「練習用な治療院」でもやればいいのではないかと言った。現実問題としてどこかの整形外科や接骨院で勤めて「経験を積み重ねる」のは至難の業でしょう。指示通りで動いて、何かの機械のタイマーをセットしたりして・・・そのままでは「鍼灸治療」いつまでも経験しないでしょう。

大先生の弟子になってもいいですが、その場合その先生のスタイル/教えに限定される可能性が高い。

出来れば新米の鍼灸師本人の思うままで治療を試みて欲しい。思う通りには行かなければ、ある程度臨床経験のある人に意見を求められる環境が望ましいと私は思う。言ってみれば昔のドイツの「マイスター制度」のように。どちらかと言えば私は昔多摩川病院で勉強させて貰った時そのような環境だった。

そこで「提案」ある。

2年ほど前に義理のお母さんがなくなった。その家で妻現在週に2-3回程度一人ずつのピアノの生徒を教えている。それ以外あの家は開いている。具体策はまだ練っていないが、本格的な治療院ではないにしても、上記のような「鍼灸職人育成場」は作れるのではないかと思う。

もしそのような所で鍼灸学校卒業直後で自分なり多少の経験(どんな偉い先生も何時か初心者だった!)を積み重ねるチャンスを求める者がいれば、一度話し合いましょう。

 

家を貸して金儲ける事は考えていない!でもその家の維持するために掛かる経費(家を使っても使わなくても掛かる!)の足しになると嬉しい。

連絡先:私のHPwww.einklang.com にメールアドレスや電話番号書いてあります。

(家の写真は後で探す)

 

Posted in opinion, oriental medicine, Uncategorized | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment